ラカント・パルスイート・マービー・エリスリトールの違いを比較!おすすめなのは?

ラカント・パルスイート・マービー・エリスリトールの違いを比較!おすすめなのは?

この記事では、ラカント・パルスイート・マービー・エリスリトールの違いを比較してそれぞれの特徴をご紹介しています。

4種類の中で一番安全なもの、ダイエットに向いているもの、味が美味しいもの、血糖値が上がらないもの、コスパが良いもの、危険性が高いもの、お医者さんがおすすめしているものなどを詳しく解説しています。

みなさんのライフスタイルに合った甘味料選びの参考にこの記事をぜひお役立てください。

目次

ラカントの特徴

ラカントはトウモロコシのデンプンから作った「エリスリトール」と漢方薬としても古くから使われてきた「羅漢果(らかんか)」からできています。

成分の割合は「エリスリトール」が9割、「羅漢果」の高純度エキスが1割となります。

エリスリトールは小腸で消化吸収されても体内で代謝されないため、カロリーと糖質が実質ゼロの天然甘味料です。

そのためラカントもカロリーと糖質がセロとなります。

エリスリトールだけの場合一般的な砂糖に比べ甘みは70%しかありませんが、羅漢果の高い純度のエキスを含有することによって、ラカントは砂糖と同じ甘さに調整されています。

もしダイエットのために砂糖からラカントに変えても同じ甘さで食べられるので満足感を得やすいですし、お調理のレシピも重量換算する必要がありません。

何より、体内で代謝されないため、血糖値を上げません。

お医者さんによっては糖尿病を患っている人にマービーではなく、ラカントをすすめることがあります。

ラカントはスーパー、ドラッグストアで購入できる他、販売元であるサラヤ公式通販、大手通販サイトのAmazonや楽天からも購入が可能です。

パルスイートの特徴

パルスイートの主原料はアミノ酸からできた人工甘味料「アスパルテーム」で、この他、人工甘味料のアセスルファムK、スクラロース、アドバンテーム、天然甘味料のエリスリトール、還元麦芽糖水飴で作られています。

パルスイートの甘みは一般的な砂糖の3倍あります。そのため、パルスイートを使って調理する場合は砂糖を使ったレシピを重量換算して使う必要があります。

パルスイート100g中のカロリーは141Kcal、糖質は100g中95gと、砂糖よりもカロリーが低いのですが糖質は同じくらいあります。

パルスイートを構成する人工甘味料は消化されにくくほとんどが体外に排出されると言われていますが、天然甘味料である還元麦芽糖水飴はカロリーと糖質があり、体内で代謝され緩やかではありますが血糖値を上昇させます。

そのため糖質制限をされている人はカロリーと糖質があることをしっかり認識してパルスイートを使ってください。

パルスイートは比較的店頭ですぐ手に入りやすい商品です。この他、大手ネット通販のAmazonや楽天、LOHACOから購入できます。

マービーの特徴

マービーはトウモロコシや、ジャガイモのデンプンから作られた還元麦芽糖100%が主原料です。

マービー100g中のカロリーは200Kcal、糖質は100gあります。一般的な砂糖に比べるとカロリーは低くなりますが、糖質は同じくらいあります。

マービーは小腸ではなく大腸で消化吸収されるので多くが炭酸ガスになるか、未消化で排出されます。

しかし、消化吸収されたマービーは体内で代謝されるため、緩やかですが血糖値を上げます。

糖質制限をしている人はカロリーと糖質があることをしっかり認識して使うようにしましょう。

「血糖値が上がるなら糖質制限には向かないのでは?」と思いがちですが、マービーは糖尿病患者さんの治療を目的に開発された天然の甘味料で、約50年前から医療機関で取り扱われてきました。

砂糖のように急激に血糖値を上げないので、医師の指導の元マービーを使うのであれば健康を害することはありません。

マービーはドラッグストア、薬局、糖尿病治療が行われる病院内で購入することができます。

この他、大手ネット通販Amazonや楽天からも購入可能です。

エリスリトールの特徴

エリスリトールは野菜や果物に含まれる希少糖で、キシリトールやソルビトール、マルチトールと同じ糖アルコールの一種です。

エリスリトールは小腸で消化吸収されても体内で代謝されないため血糖値を上げません。小腸で消化できなかったエリスリトールは消化されず体外に排出されます。そのため、実質カロリーも糖質もゼロと考えて良い天然甘味料なのです。

しかし甘味は砂糖の70%です。

バブルスター株式会社で販売されている「LOHAStyle エリスリトール」はトウモロコシのブドウ糖を酵母で発酵させて作ったエリスリトールで、100g中のカロリーはゼロ、糖質は99.8gとなっていますが、体内で代謝されない糖質なので実質ゼロです。

カロリーと糖質ゼロは厚生労働省でも認められた数値で、健康への安全性も確認されているため1日の摂取許容量は決まっていません。

「LOHAStyle エリスリトール」は内容量1Kgで販売されています。バブルスター株式会社のネット通販での値段は税込みで1050円です。

店頭で販売されているよりもAmazonや楽天といったネット通販での販売が主流の商品です。

ラカント・パルスイート・マービー・エリスリトールの違いを比較

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトールの違いをそれぞれを比較してご紹介します。

スクロールできます
ラカントパルスイートマービーエリスリトール
カロリー0Kcal141Kcal(100g中)200Kcal(100g中)0Kcal



成分


エリスリトール
羅漢果の高純度エキス
アスパルテーム
アセスルファムK
スクラロース
アドバンテーム
エリスリトール
還元麦芽糖水飴


還元麦芽糖


エリスリトール
危険性下痢
アレルギー
下痢
アレルギー
下痢下痢
アレルギー
ダイエット向き

カロリーの違いを比較

エリスリトールとラカントはどんなに食べてもカロリーと糖質がゼロです。

これに対し、パルスイートとマービーは一般的に使われることが多い上白糖に比べるとカロリーは低いものののゼロではなく、糖質もあります。

そのため、徹底的にカロリーや糖質を制限したダイエットをしたい人はエリスリトールとラカントがおすすめです。

成分の違いを比較

天然甘味料を100%使っているのが、ラカント、マービー、エリスリトールです。

パルスイートにも天然甘味料エリスリトール、還元麦芽糖水飴が使われていますが割合としてはわずかで、主成分は人工甘味料のアスパルテームです。この他、アセスルファムK、スクラロース、アドバンテームと言った人工甘味料も使われています。

危険性の違いを比較

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトールのすべてに、人によっては過剰に食べ過ぎると下痢の症状を起こすことが報告されています。

食べ過ぎになる量は人によってさまざまなので、製造販売をしている各会社側からはパルスイートを除いて許容摂取量は決めていません。

しかし、1日の摂取目安はラカントを販売しているサラヤ株式会社、1日の許容摂取量はパルスイートを販売している味の素株式会社がホームページで回答しています。

個人差がありますが、成人一日のエリスリトール許容上限摂取量は30~40g前後(男性に対して0.66g/kg体重、女性では0.80g/kg体重)となります。
ご自身のご判断で適量でお召し上がりください。

https://family.saraya.com/qa/lakanto/

ラカントの場合は、個人差がありますが1日の摂取目安量が成人1日30~40g前後を上限にしています。

一日の摂取許容量:アスパルテーム 40mg/kg/日、アセスルファムK 15mg/kg/日
この量を商品に換算すると、「パルスイート®」(カロリー90%カット)で約150g/日に相当します。(体重50kgの方の場合)

https://okyakusama.ajinomoto.co.jp/qa/kanmiryo/palsweet/

パルスイートに使われている人工甘味料アスパルテームとアセスルファムKは国や政府機関によって摂取許容量が決まっているのでパルスイートも1日の許容摂取量が決まっています。体重50kgの成人の場合1日150gまでとなっています。

どちらの会社でも、定めた量は1日に大人一人が甘味を食べる量にしては多すぎるので、これを超える量を食べる人は少ないと考えられています。

この他、エリスリトールを使っているラカント、パルスイート、エリスリトールは100万人分の1の確率でエリスリトールにアレルギーを起こす人がいることがわかっています。

そのため、ひどい食物アレルギーを持っている人はマービーを選択すると良いでしょう。

また、離乳食から普通の食事を食べ始めたお子様もマービーをおすすめします。

なぜなら食の経験が浅いことから、お子様にとってアレルギーの有無がまだわからないからです。体力がついて色々な食べ物を食べられるようになってからアレルギー物質も含む食品を試してみると良いでしょう。

それぞれの違いまとめ

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトール、どれも上白糖に比べるとカロリーが低いのでダイエットに向いています。

特にラカントとエリスリトールはカロリーと糖質が実質ゼロなので、上白糖を止めてラカントやエリスリトールに変えるだけで太りにくくなります。

しかもラカントは砂糖と同じ甘さなので、満足感も得やすいでしょう。

しかし、エリスリトールの甘みは砂糖の70%なので、砂糖の味に慣れた人にとってはエリスリトールを使うと甘みが足りなく感じて、他の物を食べて満足感を得ようとしてしまう人もいます。甘いものが我慢できないという人はエリスリトールではなくラカントをおすすめします。

パルスイートとマービーはカロリーと糖質共にありますので、ダイエットでもカロリーコントロールをしっかりできる人におすすめします。

カロリーコントロールは出来ても甘いものが好きでやめられないという人は、パルスイートでカロリーコントロールをすると良いでしょう。なぜなら、マービーの甘みは砂糖の70%までしかありませんが、パルスイートは砂糖の3倍の甘さがあるので少しの量で満足感を得やすいからです。

マービーは糖尿病を患っていて、糖質制限を医師からすすめられている人のダイエットに最適です。実際、医療現場で50年近く使われ続けてきました。医師の指導の元、カロリーコントロールをしっかりしてマービーを使いましょう。

人工甘味料で一番安全なものはマービーか

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトールの4種の中で一番安全に食べられる甘味料はマービーではないでしょうか。

マービーは50年近く糖尿病患者さんのために医療現場で使われてきた天然の甘味料です。

砂糖よりカロリーが低く、血糖値も砂糖に比べて緩やかに上昇させ、甘みが砂糖の70%なのでカロリーが低くて甘みが強い人工甘味料に見られる舌の鈍化や脳の糖依存への不安がありません。

舌の鈍化や脳の糖依存が避けられると、肥満や糖尿病、心臓病や脳卒中のリスクを回避することにもつながります。

カロリーがある、甘みが70%しかない、ダイエットに取り入れるのには中途半端だとマービーを避けるのではなく健康維持を目的に取り入れることが安全な食生活につながっていきます。

一番ダイエットに向いているのはラカント

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトールの甘味料4種類の中で一番ダイエットに向いているのはラカントではないでしょうか。

なぜなら砂糖と同じ甘さなのにカロリーと糖質がゼロなので、カロリー計算がしやすいこと、甘さが十分あるので満足感も得られやすいからです。

一つ気になるところがあるとするならば、ラカントの味が砂糖というよりは黒糖に近く、人によっては後味が独特に感じることがあります。

ラカントの味に慣れるまで違和感を感じる人もいるかもしれませんが、砂糖を使ったレシピの重量換算がいらず、カロリーと糖質がゼロなのでカロリーコントロールがしやすい、砂糖と同じ甘さなので満足感が得られやすいことから過食が起こりにくいメリットがあります。

危険性については、ラカントの主成分のエリスリトールに稀にアレルギーを起こすことです。100万人中一人いるかいないかの確率なので本当に稀ですが、アレルギーで食べられない時は医療機関でおすすめしているマービーをお使いください。

一番おいしいのはパルスイート

一番美味しいと感じるのは人工甘味料のパルスイートではないでしょうか。

人は甘みが強いと美味しいと感じてしまいます。

パルスイートは砂糖の3倍の甘みがあるので、実際に使う時は商品によって砂糖の1/2~1/3の量で砂糖と同じ甘みを感じられます。

そのため砂糖を使ったレシピでお調理をされるときは重量換算が必須となります。

しかし、しっかりした甘さで砂糖よりもカロリーを抑えることができます。

注意したいのが糖質です。糖質はゼロでもなければ砂糖より低いわけではありません。パルスイートの摂り過ぎは体に脂肪を蓄えることにつながってしまいます。

美味しいからと分量を増やさず、規定量でパルスイートを食べましょう。

一番血糖値が上がらないものはエリスリトール

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトールの4種類で1番血糖値が上がらない甘味料は、エリスリトールです。

エリスリトールは小腸で消化吸収されても体内で代謝されないためカロリーも糖質もゼロです。そのため血糖値を上げません。

この他、エリスリトールはラカントにも9割使われているので、ラカントを食べてもカロリーと糖質はゼロなので血糖値を上げません。

血糖値が気になる人で甘いものがやめられなくて困っている人は砂糖からエリスリトール、またはラカントに変えることをおすすめします。

エリスリトールで注意したいのが甘みが砂糖の7割しかないこと。もしエリスリトールを食べても甘みに満足ができないという人は、砂糖と同じ甘さで食べられるラカントをお使いください。

一番コスパが良い人工甘味料

ラカント、パルスイート、マービー、エリスリトールを100gに単位をそろえてコスパを考えると、「LOHAStyle エリスリトール」が105円で一番安く買えることがわかりました。

他のラカント、パルスイート、マービーは100g400円前後しています。

エリスリトールはスーパーで安売りされている上白糖とほぼ変わらない値段なので、甘みが砂糖の70%しかないことを除けば、家計に響かせずにダイエット目的でエリスリトールに変えることができますね。

一番危険性が高いものは?

危険性が高いとされているのは、唯一の人工甘味料であるパルスイートではないでしょうか。

主成分であるアスパルテームをはじめ、パルスイートに使われている人工甘味料アセスルファムK、スクラロース、アドバンテームも許容摂取量が国や政府機関で決められています。

販売元の味の素株式会社では、許容量を超えて食べる方が難しいので健康を害することはなく安全であることをホームページで回答しています。

しかし、アスパルテームは「肥満や糖尿病のリスクが砂糖よりも高い」であるとか、「発がん性である」とか、「てんかんや脳腫瘍を引き起こす」、「失明した」などの話しが絶えません。

関連記事:パルスイートは体に悪い?成分の危険性や糖質制限中は太るかについて

アセスルファムKは、動物実験では「肝臓障害」や「免疫力の低下」が報告されています。

スクラロースでは健康被害は認められていませんが、「成長遅滞」、「甲状腺の機能低下」、「白内障」への危険が指摘されています。

アドバンテームも健康被害が認められていませんが、「発がん性」について指摘をされています。

パルスイートに使われている人工甘味料を一つ一つ見ていくと、危険性が高いことが伺えます。

そのため、パルスイートを食べるならダイエットの一時期だけで長期利用は避けたほうが良いでしょう。

医者がおすすめしているものはマービー

お医者さんがおすすめしている甘味料は、糖尿病の人の治療に50年近く活躍してきたマービーです。

マービーは砂糖に比べカロリーが低く、血糖値も緩やかに上昇させます。

甘みは砂糖の7割なので、薄味の食事の味付けにも最適です。

そのため、舌の鈍化や脳の糖依存を防ぐことができます。

同じく糖尿病の人がお医者さんからすすめられて使っているのがラカントです。

ラカントはカロリーと糖質が実質ゼロで血糖値を上昇させません。

どちらもお医者様の指導の元、正しく使うことが糖尿病と上手に付き合うことにつながりますので、糖尿病の傾向があるから砂糖から変えるだけでもいいと自己判断して使うのは止めましょう。

カロリーゼロの飴があるのはラカント

カロリーゼロの飴を取り扱っているのはラカントの販売元であるサラヤ株式です。

エリスリトールを主原料にしている飴なのでカロリーがゼロです。糖質も実質ゼロなので、口寂しい時や散歩中でも血糖値を気にせず気軽に食べられますね。

そして主原料がエリスリトールだから虫歯になる心配がありません。

味のラインナップ

  • ヨーグルト
  • パイナップル
  • ブルーベリー
  • いちごミルク
  • ミルク珈琲
  • 深み抹茶
  • のど飴ハーブミント

の7種類で販売されています。

カロリーゼロの、のど飴の取り扱いがあるのも嬉しいですね。

ラカント・パルスイート・マービー・エリスリトールで一番オススメなものはラカントかエリスリトール

ここまでラカント、パルスイート、マービー、エリスリトール、それぞれの特徴を交えて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

ラカントは砂糖と同じ甘さで、カロリーと糖質が実質ゼロでしたね。

パルスイートは砂糖の1/2~1/3の量で同じ甘さを感じられ、カロリーは砂糖よりも低く糖質は砂糖と同程度あります。

マービーは砂糖の7割の甘さで、カロリーは砂糖よりも低く、糖質は砂糖と同程度あります。

エリスリトールは砂糖の7割の甘さで、カロリーと糖質が実質ゼロでした。

個人的にラカント・パルスイート・マービー・エリスリトールで一番オススメなものはラカントかエリスリトールです。

  • ラカントは砂糖と同じ甘さで、カロリーと糖質が実質ゼロ
  • エリスリトールは砂糖の7割の甘さで、カロリーと糖質が実質ゼロでとにかく安い!!

4種類とも食べ過ぎると人によって下痢の症状が起こることが報告されています。

そしてマービーを除いた、ラカント、パルスイート、エリスリトールは100万人中1人の割合でアレルギーを起こす可能性があります。ひどい食物アレルギーがある人はマービーを選択すると良いでしょう。

以上の特徴からご自分のライフスタイルに合った甘味料の見極めの参考になれば幸いです。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる