車の運転に向いてない人の特徴!運転にセンスや運動神経は必要か?

ドライブ中に交通量の多い道路で車線の合流に戸惑う車、運転速度が安定しない車など全体の流れに対して不自然に見えてしまう車を時々見かける事がありますが、そもそも運転にセンスや運動神経は必要なのでしょうか。

詳しくみていくことにしましょう。

目次

車の運転に向いてない人の特徴

状況判断が出来ない

交通の流れに適切な判断が必要

状況判断が出来ないと交通事故につながる場面も増えてしまいます。

運転していて常に状況判断が出来ず「ヒヤッ」としてしまう場面が頻繁であるならば、車の運転に向いていないかもしれません。

例えば交差点での左折で横断歩道を渡っている最中の歩行者を予測できなかったり、後方からの原付バイクや自転車に気づかなかったりしてその判断を間違えて巻き込み事故につながる恐れがあります。

交差点の右折時に直進してくる車両やその影に隠れている自転車やバイクの動きを判断出来ず、タイミングを誤り右折を開始して追突事故につながるケースも少なくありません。

柔軟な予測行動

また見通しの悪い交差点において人が飛び出したり車両が出てくるかもしれないという危険性を予測しなかったり、判断が遅れてしまうと重大な事故につながることもあります。

交通の流れに合わせて運転するということは、危険に対する状況判断や安全を保って予測行動を自然に行うということになります。

空間認識が鈍い

狭い道路でのすれ違い

車の運転をしていると、「この人乗っている車のサイズがわかっていないのでは?」という場面を見かける事があります。

狭い道路で車がすれ違う場面で車両に対する空間認識が鈍いと、必要以上に車両を左に寄せすぎて路肩の段差でホイールを擦ってしまったり、車体を擦ってしまう事があります。

反対に車を傷つけたくないが故に、寄せればすれ違える道路の幅で道路の中心から車を寄せられず立ち往生する車を見かけることもあります。

見えない部分

輸入車の一部を除いて日本国内の車両のほとんどは右ハンドルとなり、車の中心に対して運転者は右半分で車全体の空間を判断することになります。

運転者の視界に入りづらい空間というのが当然のように存在しますが、見えない空間を予測して運転する必要があります。

車の大きさを認識できないと左折の判断を誤って段差に乗り上げてしまったり車体を擦ってしまう他、歩道にいる歩行者を巻き込む危険性も出てきます。

また車庫入れなどで左右どちらかに車体が偏ってしまったり、バックして車体を壁などにぶつけてしまうケースも空間認識が鈍いというのが原因の一つになり得ます。

動揺しやすい

大きな幹線道路や高速道路での自然な流れで車線変更や合流が出来ず、動揺が原因で車を前に出せず後続車から思わずクラクションを鳴らされてしまったなどの経験がないでしょうか。

二車線道路での車線変更時に後続車の流れに合わせられずに、動揺してブレーキを何度も踏んで結果的に停車してしまい渋滞を作ってしまうケースもあるかもしれません。

運転に苦手意識があるとちょっとした道路状況に対応出来ず、動揺が続いてしまう場合は車の運転に向いていない可能性があります。

気分に左右される

車を運転中に考え事をしてしまって、追突事故を起こしてしまうケースも少なくありません。

車内は誰にも邪魔される事なく自由な空間になり得ますが、失恋が原因で落ち込んでいたり、生活に深刻な不安を抱えていたり仕事で嫌な事があってずっと悩んだ状態で車を運転するのは非常に危険です。

気持ちが荒れていると車の運転もその状態が顕著に現れて、必要以上にアクセルを踏んで危険な速度域になって速度違反だけでなく命に関わる大きな事故につながる可能性も考えられます。

車の運転は精神状態に大きく左右されますので、深刻に悩みを抱えているのであれば車の運転は控えるべきでしょう。

自己中心的

自分の価値を優先する

道路の渋滞のたびにイライラが募りちょっとしたことでクラクションを鳴らしたり、車線変更しようとしている車両を前に譲ろうとしなかったりしたことはありませんか。

高速道路の出口渋滞で並んだ車両へ割り込みをかけたり、駐車場待ちの列への割り込みなども身勝手な行動と言えますね。

また高速道路の追越車線を走行車線より遅い速度で走行し続けることも、自己中心的な運転と判断されやすいです。

周囲の状況を読めない

初心者や車線変更が苦手だという理由で追越車線を遅い速度で走行し続けるのは、後続車に追いつかれて最悪な場合「あおり運転」の原因を作る恐れもあります。

もちろん「あおり運転」をする側も自己中心的な考えになりますし、交通違反の対象になりますので絶対にやめましょう。

車を運転する際は周囲の車両に対して思いやりや譲る気持ちを持つことで、交通の流れに貢献出来て不要な渋滞や事故を未然に防ぐことが出来ます。

ウィンカーを出さない

道に迷いながら運転している可能性も考えられますが、後続車がいるにもかかわらずウィンカーを出さずに急ブレーキをかけて左折したり右折したりする車を見かける事があります。

交通の流れに沿っての走行中に急ブレーキをかけて左折や右折をすることは、車間を十分に取った後続車でも場合によっては追突してしまう危険や巻き込み事故を引き起こす可能性もあります。

後続車に自分が左折や右折の意思を伝えるためにもウィンカーをしっかり出すようにしましょう。

攻撃的な性格

交通量の多い幹線道路などで危険な追い越しや割り込みをしたり、住宅街などの細い道路で危険な速度域で運転し続けるなど第三者側から見て攻撃的な性格に見られている人も正直、車の運転に向いていないと言えます。

普段は非常に穏やかなのに、車の運転になると性格が豹変して攻撃的な性格になる人も非常に危険です。

短気を起こしやすい

ちょっとした渋滞でクラクションを鳴らしたり後続車に追い抜きをかけられたり、割り込みをされて「カッ」となりやすい運転者はその後に「あおり運転」につながる行動を取ることがあります。

近年ではニュースでも高速道路での「あおり運転」が原因で死亡事故が話題になり、改正された道路交通法では妨害運転として処罰の対象になりました。

短気を起こしやすいことを自覚して運転するのは非常に危険で良いことはありませんので、今一度冷静になって車の運転を考えましょう。

せっかち

せっかちは短気に似ていますが、渋滞やノロノロ運転の道路で無理に車間を詰めたり、無理な車線変更をしたりしてとにかく先へ行こうとする傾向に感じます。

前が詰まっている状態に我慢ができず、信号が赤になる直前などで前方に車両があるにもかかわらず強引に追い抜き進行する車両を見かける事があります。

前が詰まっている原因を考えずに無理な進行した結果、事故を起こすケースも少なくないでしょう。

せっかちな運転は周囲に迷惑がかかるだけでなく不要な事故を起こし兼ねません。

注意力散漫

注意力が散漫になる原因

車を運転していると時折、前方を走る車がフラフラと揺れて走行していたり急に速度が落ちたりする場面に遭遇する事があります。

明らかに運転に集中出来ていない走りは見ているこっちがヒヤヒヤすることもあり、非常に危険です。

注意力が散漫になる主な原因としては

脇見運転

目的地を探して迷っていたり、気になったものに視線を向けて長く注視してしまう

車内の操作に集中してしまう

運転しながら車内のエアコン調整やカーナビを操作して、前方を見ない時間が長くなってしまう

スマートフォンや携帯を操作する

車を運転しながらスマホや携帯を操作するのは交通違反となり、警察に発見された場合状況次第では違反点数が6点となって一発免停になることも

居眠り運転

体の疲れや睡眠不足などが原因で運転に集中できず、ウトウトしたり寝落ちしてしまう

追突や玉突き事故の恐れ

車を運転しながらのスマホや携帯をいじったり通話したりすることは厳罰化されているにもかかわらず、未だに操作や通話する運転者を見かけます。

居眠り運転は渋滞やノロノロ運転などで、頭がぼんやりし始めてやがて睡魔に襲われるといったケースも多く非常に危険です。

注意力散漫になりやすく運転中に「ヒヤッ」とする場面を繰り返していれば正直、車の運転に向いていないかもしれません。

過信する

自身の過大評価

自分は運転が上手いと思い込むのは危険で、過信する運転者は道路状況を勝手に判断するケースがあります。

過信するあまり自身が思いも寄らない状況になると動揺したり、身勝手な正当性を振りかざしてトラブルになることもゼロではありません。

通い慣れた道路でも毎日同じ交通状況であるわけではなく、予想外の出来事に遭遇する可能性も含んでいるため運転に「絶対大丈夫」という過信はやめましょう。

車の性能に頼りすぎる

最近の車は安全対策としての補助装置が随分と増えた気がします。

歩行者を察知したり衝突の危険を察知したり、後続車が死角に入ると教えてくれたりと数年前の車に比べると安心と呼べるかもしれません。

しかし、完全自動運転でない限り運転するのは本人です。

危険察知を車が教えてくれても最終行動は運転者に委ねられますので、最新技術に安心しきらず安全運転を心がけましょう。

神経質

細かい事を気にし過ぎて運転に支障をきたす場合もあります。

初心者のうちは車を走行させる上で教習所で教わったこと以外の状況に遭遇することもあり、何かと神経を使ってしまいます。

車の運転には集中する必要がありますが、隔たった集中は走行中の道路の状況の変化に気づかず危険です。

運転に集中する際は、周囲の変化に気づきやすいように気持ちのリラックスも必要です。

ペーパードライバー

数年ぶりの運転にいきなり路上に出るのは危険

運転免許を取得して何年も車を運転していない、いわゆるペーパードライバーだった人が久しぶりに車を運転する状況になった時は相当な注意が必要です。

過去に車を運転した感覚と数年ぶりに車を運転する状況は同じではなく、車の進化や道路交通法の改正などに戸惑う可能性もあります。

感覚を取り戻さずにいきなり路上に出るのは非常に危険です。

講習を受けましょう

ペーパードライバーのために自動車教習所などでは専門の講習を開いており、スキルに合わせて講習を選ぶこともできるようです。

慣れない運転の状態で路上に出て怖い思いをして「自分は運転に向いていない」と諦める前に、教習所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

運転が好きじゃない

嫌々運転するのは危険

そもそも車の運転が好きじゃないという人も、嫌々運転しているのであれば路上に出るのは危険と言えます。

運転免許を取得する理由は人それぞれで、車が好きで取得する人ならともかく仕事や生活する上でやむを得ず免許を取得する場合もあるでしょう。

人によっては教習所に通う期間が長くなってしまい、やっと免許を取得したことで「自分は運転に向いていないのでは?」とネガティブに感じてしまうケースも考えられます。

初心者の期間に事故を起こしてしまい車の運転が怖くなって苦手意識が生まれて好きじゃなくなった、というケースも考えられますね。

少しずつでも実践を積む

車の運転する必要がないのであれば無理に運転することはありませんが、様々な事情で運転しなければならない場合は少しずつでも運転経験を積んでいきましょう。

経験を積むことで苦手意識は少しずつ薄れていき、自然に運転できるようになるはずです。

車の運転に向いてないという自覚がある人の口コミ

交差点への苦手意識

車線の多い交差点に苦手意識を持つ人は、右折や右折した後の車線選びに戸惑うこともあるようですね。
周囲への流れに合わせつつも十分な車間を取って、慌てずスムーズに交差点をパスしたいところです。

運転に余裕がない

安全のため運転に集中することは重要ですが、常に緊張した状態はちょっとしたタイミングで判断ミスしてしまう可能性があります。
車の運転中にメガネが曇ってしまったり、くしゃみや咳き込みで一瞬前方への視線を外してしまうことがありますが速度域によってはその一瞬が事故につながることもあります。
不意に起こることに焦らず冷静に対処するためにも、車の運転に集中しながら気持ちはリラックスさせておきたいですね。
運転に集中することが困難だと思ったら無理に走行せず、周囲に配慮しながらハザードを点灯させて路肩に寄せて停車しましょう。

気持ちのコントロール

気持ちのコントロールが出来ない人は車の運転に向いていません。
集中の仕方が極端になってしまうと、車を走行させる上で適切な状況判断が出来ない場面に遭遇する可能性があります。
車両感覚を掴んだり空間認識に不安を持つことは、運転免許初心者であれば経験不足というのもあります。
運転する時間をできるだけ作って車の動きや運転中の視点から感覚を養うことで、不安は徐々に解消していけると思います。
できれば色々な大きさの車に乗ってみるのも良いでしょう。

先走る判断

運転中の集中力は大切ではありますが、同時に程よくリラックス出来なければ長距離運転は難しいといえます。
やむを得ない状況で運転しなければならない場合、集中できる時間を分割して目的地を目指していくのも一つの手段かもしれません。
あらかじめ目的地のコースを調べて道路沿いに休憩地点となるコンビニやファミレスなどが点在しているかチェックしておくと良いでしょう。

発達障害を自覚する人

ADHD(注意欠如・多動性障害)を持つ人すべてが車の運転に向いていないとは言い切れません。
ツイートのように自覚している人だけではなく、発達障害に気づかないまま運転免許証を取得する人もいます。
ADHD(注意欠如・多動性障害)は衝動型、不注意型といった種類に分けられ運転時に抱える障害も人によって違いが出るようです。

女性の運転が下手と言われる理由

一方的に男性に比べて女性の運転が下手というのは、ちょっと違うような気がします。

確かに女性の運転が下手と言われる場合もありますが、その理由はどこにあるのでしょう。

空間認識が苦手

脳科学的な見地から女性の場合、男性よりも空間認識に対する能力が低いと言われています。

空間認識とは物体に対する位置関係や方向、形状と大きさなどを把握して素早く認識することで、車の運転においては例えば狭い道路で対向車とすれ違う時や車庫入れなどで重要な要素となります。

走行中の車間距離や車線の合流、変更などでも苦手意識を持ってしまうのは空間認識能力が低いというのが原因の一つになります。

女性が運転免許初心者の段階で「運転できる気がしない」と思ってしまうのは空間認識の理解がしづらいからとも言えるかもしれません。

車庫入れが苦手

筆者の周りの車を運転する知人女性たちからも車庫入れが苦手という話は聞いたことがあります。

バックで車を入れる時など車の大きさに不安があって中々駐車できずに、何度も車を前後したりしてしまうようです。

車庫入れに関しても空間認識が出来るかどうかでかかる時間も違ってくるでしょう。

運転自体に苦手意識がある

運転自体に苦手意識があるのは決して女性に限った話ではありませんが、これは車を運転する時間と経験不足の要素が大きそうですね。

車を生活のための移動手段とだけ考えて、運転にそもそも興味が薄い場合も苦手意識を持つ原因と考えられます。

遠出する機会も少なく普段から近隣の走りやすい道路ばかり選んでしまうのも、苦手意識から逃げられなくなってしまいます。

気持ちに余裕がある日などには普段の道路以外を走ってみるようにすると、少しずつ苦手意識も薄れていくかもしれませんよ。

交通事故の傾向

女性の運転が下手だというイメージから、男性より交通事故の割合も多いのかというとそうではなく、むしろ少ないようです。

交通事故に関しての男性女性の違いは、事故の内容に傾向があるようですね。

女性に多い事故
  • 車線の合流や車線変更時の追突
  • 一時停止無視の出会い頭事故、右折時の追突
  • 車庫入れや駐車場での物損事故
男性に多い事故
  • スピードの出し過ぎによる追突など
  • 脇見運転

女性の場合は車の運転に苦手意識がある分スピードを出すことが少なく、距離を走る機会も少ないのであまり大きな事故になりにくい傾向です。

一方男性の場合は、スピードの出し過ぎや脇見運転などが原因で大事故になるケースが多いようで、女性よりも過信が事故の原因に繋がっていそうです。

車の運転に向いてない人が意識するべき事

自分を過信した運転

実際にツイートのような車は少なくありません。
たとえ通い慣れた狭い道路であってもすれ違おうとする車の動きに注意が必要ですし、歩行者がいれば非常に危険です。
過信した運転は周囲の迷惑になるだけでなく、大きな事故につながる可能性があります。

勝手な思い込み

短気を起こしやすい人や切れやすく攻撃的な運転を続ける人は周囲の車に迷惑をかけるばかりか、事故を引き起こす可能性も十分考えられます。
あおり運転をする人は身勝手な理由を正当化しがちです。

発達障害を抱えている場合

具体的に発達障害と診断されていなくても発達障害の傾向を持った人は、研究機関によって交通事故を起こしやすいという結果が出ているようです。

ADHD(注意欠如・多動性障害)

衝動型

危険かどうかの判断をせず行動に移してしまったり、他人の取った行動に不満や苛立ちを感じてトラブルになる

不注意型

集中が継続できずにちょっとした周囲の音などにも反応してしまったり、同時に複数の作業を行う際にその工程をやり忘れたりする

自閉症スペクトラム(ASD)

一度覚えたやり方やルールを後から修正することができず、周囲に合わせて行動することが困難で自分で決めたルールやルーティーンに固執する

理解していく

発達障害は個人によっても特性は異なり、運転や事故の傾向も様々です。

先の項目でご紹介した発達障害を自覚して運転に向いていないと思う人もいれば、運転中に何度も「ヒヤッ」とした経験を持ちながら車に乗り続ける人もいます。

発達障害の人が車の運転を継続していくためには、その人の運転傾向や行動特性を診断して対策できる体制を作り、周囲の理解とともに支援体制を整えていく必要もあるでしょう。

サイトリンク:発達障害傾向のあるドライバーの運転行動特性の解明

車の運転にセンスは必要か

センスについて

車の運転に上手い、下手という表現があるようにセンスが良いという表現もあるかと思います。

センスが良い運転とは
  • 運転に必要な基本的操作がスムーズ
  • 道路状況に素早く対応できている
  • コーナーの侵入がスムーズ
  • 駐車や車庫入れが上手い
  • 同乗者が安心できる
センスのない運転とは
  • 急発進、急停車を繰り返す
  • あおり運転とは別に、車間距離が曖昧
  • 走行速度に波がある
  • 状況判断が遅く、周囲が「ヒヤッ」とするなど

センスの良し悪しをリストアップするとセンスが良いことに越したことはないかもしれませんが、絶対に必要というわけでもないかもしれませんね。

事故を起こさないための安全運転とセンスが良いとは必ずしもイコールではありません。

技術的センスは運転経験を積んで作っていくもの、と考えておくと良いのではないでしょうか。

センスは磨くもの

運転免許を取りたての初心者や運転経験が少ない人であれば、道路内で状況変化の対応に戸惑ってしまったり駐車や車庫入れにも時間がかかっても不思議ではありません。

乗っている車の大きさが把握できず、左折や狭い道路でのすれ違いにボディーを擦ってしまうこともあるでしょう。

そういった経験をすると「自分は運転センスがないのかな」と思ってしまうかもしれませんが、それで車の運転を諦めてしまってはもったいないです。

どんなんことにもスキルを上げるためには時間が必要です。

センスは時間をかけて磨くもので、最初から持ち合わせる人はそう多くはありません。

安全運転を心がけて運転時間を伸ばして経験を積めば、自然とセンスもついていくのではないでしょうか。

車の運転に運動神経は必要か

運動神経に自信がない

運転免許を取得しようとした時に、これまでにスポーツ経験もなく運動神経に自信が持てないという理由で、自分は車の運転に向いていないのではと思う人もいるかもしれませんね。

結論としては日常生活を普通にできていれば、車の運転にそれほどの運動神経は必要ありません。

実際に車を運転する人たちは年齢性別も様々で、運動神経にほぼ関係なく車を走らせています。

自動車教習所が行う適性検査

運転免許を取得するためには自動車教習所で実技と学科を受講することになりますが、受講前には「適性検査」において視力、聴力、色彩判別などの検査を受けることになります。

視力では検査基準に満たない場合、コンタクトまたはメガネの使用が義務づけされます。

また運転に必要な運動能力検査がありますが、体に大きな障害がない限り問題はなく、障害があったとしても補助する手段があってハンドル操作などができれば教習所での受講は可能です。

適性検査は試験ではない

適性検査にはアンケート形式で現在の自分が車を運転する上で、どのような性格であるかなどのチェックをします。

診断結果である程度運転に向いているかがわかるようになっていますが、仮に運転に向いていないような診断結果になったとしても試験ではないので講習が受けられないというわけではありません。

検査結果から現在の自分自身を理解して、克服すべき点などを考えて講習を受けていけば良いでしょう。

車の運転に向いてない人も上達することは可能か?

上達は可能

運転に自信を持つためには車を運転する機会を増やして経験を積むことで、それは運転に向いていないと感じている人でも上達は可能です。

まず向いていないと思う理由などを自分なりにリスト化して、そこから一つづつ運転する際に段階的に改善を意識していくと良いでしょう。

自分に合った車種選び

余裕があるならば自分の運転しやすい大きさや車種を選ぶのもひつの手段で、ハンドルの位置やシートポジション、視界の良さなどを意識してみましょう。

最新技術に頼りすぎるのもあまりお勧めできませんが、安全補助装置の充実した最新車種を選択するのも一つの手段ではあります。

安全を確保するために

車の運転に自信がなければ、一人で運転することをなるべく避けて運転経験と信頼できる人を同乗させるような機会を増やすのも良いでしょう。

自分の気づかない部分をアシストできる同乗車がいるのは精神的にも楽なはずです。

車に乗る必要が出てきてもペーパードライバーが長く、不安な気持ちがあれば教習所に行って講習を受けましょう。

安全運転を第一に考えて、無理に運転することをせずに自分のペースで上達を目指していってくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる