アリメツを自作!効かない原因や容器の代用まで作り方を解説

アリメツを自作!効かない原因や容器の代用まで作り方を解説

ご自宅のアリ対策には何をお使いでしょうか?

アリメツをお使いなら、あなたはすでに一番効果が高いものを使っています。

しかし、その効果を実感できず、悩んでいませんか?

  • アリメツにまったくアリが寄りつかない
  • アリメツの効果的な設置方法を知りたい
  • もっと強力なアリメツを自作できないか

こちらの記事では、3種類のアリメツの作り方を解説します。

設置方法のコツや、効かない時の改善ポイントもご紹介。

アリの好みに合わせたアリメツを作れば、より早く、確実にアリを駆除できます。

2週間後には、アリの姿を見ることはなくなるでしょう。

目次

アリメツは自作できる

アリメツはカンタンに作ることができます。

アリメツの主な成分は、ホウ酸と糖分だからです。

市販のものは、どのような割合で作られているのでしょうか。

糖分98%・ホウ酸2%

水分・・・・・42.6%

糖蜜他・・・・57.4%

引用:https://item.rakuten.co.jp/yonezawa/08arimetsu/

実は、アリメツのホウ酸は全体の2%しかありません。

市販のものよりもホウ酸を多く入れれば、より強力なアリメツになります。

そして、それは家庭でカンタンに作ることができるのです。

家庭で自作する駆除剤では、ゴキブリ用のホウ酸ダンゴが有名ですね。

ホウ酸は、虫が食べると中毒を起こしてしましますが、人間の皮膚に触れても害はありません。

温泉や目薬にも、ホウ酸は使われています。

家庭のキッチンでも安心して使うことができますね。

薬局やドラッグストアでカンタンに手に入りますので、オリジナルアリメツを自作してみましょう。

アリメツが効かない原因

市販のアリメツが効かない原因は何でしょうか?

以下の2つが考えられます。

  • アリの好みの味ではない
  • ホウ酸が少なすぎる

アリの好みの味ではない

アリは雑食ですが、アリの種類によって、好みの食べ物があります。

  • 砂糖やお菓子などに集まる
    • 甘いものが好きなアリ
  • 虫の死骸や、ハムなどの肉に集まる
    • 肉食のアリ

駆除したいアリが何に集まっているのかを観察して、アリの好みを知りましょう。

ホウ酸が少なすぎる

大きいアリは、ホウ酸の量が少ないと駆除できません。

市販のアリメツは、ホウ酸が2%しか入っていないため、大きいアリには効果がないことも。

駆除したいアリの体が大きい場合、より強力なアリメツを作る必要があるでしょう。

このように、市販のアリメツの効果が実感できない時は、原因を確かめましょう。

自作アリメツの容器に代用できるもの

https://twitter.com/haru14dora10/status/1301005805211193345

アリメツの容器選びは重要です。

代用できるものをいくつか挙げてみました。

  • 瓶のフタ
  • ペットボトルのフタ
  • 平皿の裏
  • 綿棒のフタ
  • 牛乳パックを切ったもの
  • ペットボトルを半分に切ったもの
  • 瓶を横にしたもの

選ぶポイントは2つです。

平たいもの

効果:匂いがよく広がる

食べ物の匂いで、アリを呼び寄せることが重要です。

匂いが広がりやすい、口が広く、平たい容器を選ぶとよいでしょう。

浅いもの

効果:アリが昇り降りしやすい

段差が少ないと、小さいアリでもカンタンに昇り降りできます。

また、アリメツを食べやすいように、安定した足場があることも大切です。

アリメツの水面と容器の段差が1mm以下になるような、浅い容器を選んでください。

さらに、屋根のない場所に設置する時は、雨に濡れないように、蓋つきのものがよいでしょう。

瓶を倒した状態でアリメツを入れたり、ペットボトルを半分に切ったものを設置するものオススメです。

アリメツの作り方

駆除したいアリの好みによって、アリメツの作り方は違います。

しかし、共通する大事なポイントがあります。

それは、ホウ酸の割合を10%以下にすることです。

ホウ酸の割合が多いと、アリは毒だと感じて、近づいてきません。

以下の材料は、ホウ酸の割合を5%に設定しています。

甘いもの好きなアリ用

材料(完成量:100g)

  • ホウ酸:5g
  • 糖分:65g
  • お湯:30g

糖分についてですが、天然の成分に近いものを使いましょう。

匂いが強く、アリが集まりやすいためです。

具体的には

  • キビ砂糖
  • 黒砂糖
  • はちみつ
  • メープルシロップ

などです。

また、ピーナツバターやガムシロップも、香りが広がりやすいのでオススメです。

作り方

  1. 耐熱の容器の中で、糖分とホウ酸を混ぜ合わせる
  2. お湯をかけて糖分とホウ酸を溶かす
  3. 溶けにくい場合は、電子レンジで加熱する
  4. トロッとした状態になったら完成

溶けにくい場合は、電子レンジのほかに、鍋で温めるのもオススメです。

使った鍋はしっかりと洗って、ホウ酸が残らないようにしましょう。

注意点

糖分を濃くしすぎない。

ドロドロしすぎているアリメツは、アリが溺れやすく、足をとられて死んでしまうこともあります

少しトロみがあるくらいが、丁度よいです。

お湯で濃さを調整してください。

肉食のアリ用

肉食のアリには、ホウ酸と魚肉を混ぜるとよいでしょう。

魚の香りで、アリを集めることができます。

材料(完成量:100g)

  • ホウ酸:5g
  • 魚肉※:95g

魚肉は、

  • シラス
  • カツオ節
  • 魚肉ソーセージ
  • ツナ缶

がオススメです。

作り方

  1. 容器の中で魚肉を潰すように、ホウ酸とよく混ぜ合わせる

以上で完成です。

ホウ酸と魚肉がなじまない場合は、少しお湯を加えるとよいでしょう。

注意点

アリが運びやすいように、なるべく小さく潰す。

固形のアリメツは、アリが巣に持ち帰ることが多いです。

小さなアリでも運べるように、スプーンやフォークでよく潰しましょう。

シラスなどの固いものを使う場合は、ビニール袋に入れて砕いてみてください。

甘いもの好きにも肉食にも効く、昆虫ゼリーアリメツ

昆虫ゼリーを使うと、2つの好みを満たしたアリメツを作ることができます。

昆虫ゼリーは糖分のほかに、たんぱく質が多く含まれているからです。

甘いもの好きなアリにも、肉食のアリにも好まれるでしょう。

また、虫が好きな香料が使われているため、匂いも広がりやすいです。

材料(完成量:17g)

  • ホウ酸:1g程度(小さじ5分の1)
  • 昆虫ゼリー:16g(市販ものは1カップ約16gが多い)

作り方

  1. 昆虫ゼリー1パックを容器に出し、ホウ酸とよく混ぜる

以上で完成です。

ひと手間で、パワーアップ

上の3つの方法でも、効果が実感できない場合は、もうひと手間加えてみてください。

かつおだしの粉末をかける

かつおだしの粉末をかけると、さらに匂いが広がります。

甘いもの好きと肉食の、2種類のアリに悩まされている方にもオススメです。

駆除したいアリの好みがわからない場合、まず甘いもの好き用のアリメツを作り、さらにかつおだしを使うとよいでしょう。

ホウ酸がない場合はホウ砂でもよい?

ホウ砂でもアリメツを作ることができます。

ホウ酸の原料は、ホウ砂だからです。

ホウ砂は、スライムの材料によく使われています。

スライムに使ったホウ砂が余っている場合は、アリメツに使うのもよいでしょう。

しかし、新しく買う場合はホウ酸をオススメします。

ホウ酸はホウ砂よりも多くの“ホウ素”を含んでいるため、より高い効果が期待できます。

ホウ酸かホウ砂で迷ったら、ホウ酸を購入しましょう。

自作したアリメツの効果的な配置方法

アリメツの効果を高める設置方法があります。

気をつけるポイントは3つです。

  • アリの通り道に設置する
  • 水分が蒸発したら入れ替える
  • 7日~10日後にもう1度設置する

アリの通り道に設置する

アリはおいしいものを見つけると、お尻からフェロモンを出して仲間に知らせます。

仲間たちは、そのフェロモンを追ってきます。

そのため、すでに通り道にしている場所にアリメツを設置をすると、早くアリが集まってくるでしょう。

具体的には、アリの巣の近くや、アリが入ってきたと思われる壁のすき間などです。

アリがどこを通っているのか、確認して設置しましょう。

水分が蒸発したら入れ替える

甘いもの好きなアリ用のアリメツは、半日くらい外に置いておくと、水分が蒸発してドロドロしてきます。

ドロドロしたアリメツの中では、アリが足を取られて溺れてしまうことも。

日差しが強い日は、アリメツをこまめに交換するようにしましょう。

7日~10日後にもう1度設置する

アリは7日~10日で、卵からかえると言われています。

1度設置したアリメツで大人のアリを駆除できても、巣の中にはまだ卵が残っている場合が多いでしょう。

卵がかえる頃を狙って、もう1度設置すると、巣を全滅させることができます。

自作したアリメツが効かない時に疑う事

自作したアリメツが効かない時は、次の2点の可能性があります。

  • ホウ酸の量が多い
  • 別の種類のアリが混ざっている

ホウ酸の量が多い

せっかく強力に作ったアリメツですが、ホウ酸の量が多いと、アリが近寄ってこないこともあります。

アリメツに1匹もアリが食いついていない場合は、ホウ酸の量がかなり多いことが考えられます。

ホウ酸の匂いが、食べ物の匂いよりも強いのでしょう。

また、アリは危険を感じると、警戒フェロモンを出す種類がいます。

1匹のアリが、アリメツの設置場所で中毒を起こすと、警戒フェロモンを出し、他のアリが近づかなくなってしまうことも。

巣に持ち帰ってもらうためにも、ホウ酸の量は多すぎないようにしましょう。

別の種類のアリが混ざっている

アリは基本的に、同じ巣の仲間と行動します。

他の種類のアリと一緒にいることはありません。

1つの巣を駆除するためには、その巣のアリたちが好きなアリメツを1種類作れば充分です。

しかし、まれに別の巣のアリが入り込んでしまうことも。

違う種類のアリがいた場合、新しいアリメツを作る必要があります。

アリメツを何週間も設置しているのに、被害が続く場合は、新しいアリ用のアリメツを作ってみましょう。

アリの種類と味の好み

日本のアリは、大きく2種類に分けることができます。

  • 甘いもの好きなアリ:アミメアリ、トビイロケアリ
  • 肉食のアリ:トビイロシワアリ、イエヒメアリ、オオズアリ、ルリアリ、アルゼンチンアリ

アース製薬のHPに写真が載っていますので、駆除したいアリの種類をご確認ください。

アリメツの自作まとめ

  • 市販のものよりも強力なアリメツは、カンタンに作れる
  • 容器は浅くて平たいものを選ぶ
  • ホウ酸の濃度は10%以下にする
  • 甘いもの好きなアリと肉食のアリがいる
  • アリの好みによって、アリメツの材料をかえる
  • アリの通り道にアリメツを設置する
  • 蒸発してドロドロにならないように、数時間で交換する
  • 7日~10日後にもう1度設置して、巣を全滅させる
  • 効果がない場合は、ホウ酸の量を減らしたり、好みのアリメツを作り直す

一口にアリといっても、沢山の種類がいます。

駆除したいアリの好みを観察して、一番効果があるアリメツを作りましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる