オレンジジュースの飲み過ぎは下痢になる?毎日飲むの効能は?

暑い夏にはオレンジジュースを

気温が高くなり、本格的に夏が始まると、冷たい飲み物や食べ物が恋しくなります。

そんな時に、ふと冷蔵庫にオレンジジュースがあると、ついつい飲んでしまいます。

今回は、そんなオレンジジュースの飲みすぎで起こる危険について調べてみました。

目次

オレンジジュースとは

そもそも、オレンジジュースとはどのような飲み物なのでしょうか。

厚生労働省によると、以下のように定義づけられています。

オレンジの果実の搾汁若しくは還元果汁若しくはこれらにみかん類の果実の搾汁、濃縮果汁若しくは還元果汁を加えたもの又はこれらに砂糖類、蜂蜜等を加えたもの(みかん類の原材料に占める重量の割合が10%未満であって、かつ、製品の糖用屈折計示度(加えられた砂糖類、蜂蜜等の糖用屈-2-折計示度を除く。)に寄与する割合が10%未満のものに限る。)をいう。

k0001431.pdf (maff.go.jp)

つまり、加工されたものはもちろん、砂糖や蜂蜜が加えられたものでも、「オレンジジュース」と名付けることができるというわけです。

また、オレンジジュースには、大きく2つのタイプに分かれます。

1つがストレートタイプです。果汁を絞ってそのまま容器へ入れるため、より果実本来の味を楽しむことができます。

一方、2つ目の濃縮還元タイプでは、水分を除いて濃縮加工され、再度水分が加わります。

したがって、ストレートタイプの方が、より、オレンジそのものの栄養を摂ることができるのです。

オレンジジュースの効能

オレンジジュースに含まれる栄養素

カリウム

体内の塩分濃度やpHを一定に保ち、筋肉のエネルギー代謝を上げ、筋肉の収縮活動を助けます。

不足してしまうと、脱力感や食欲不振、精神障害や不整脈などを起こします。

葉酸

貧血予防に役立つ、血液を司る栄養素です。

赤血球の生産を助けてくれるため、不足するとめまいや、立ち眩みを起こします。

ビタミンC

抗酸化作用を持ち、皮膚や粘膜を劣化させる活性酸素の働きを抑えてくれます。

免疫力をアップさせてくれる働きをするため、不足すると体調を崩しやすくなります。

運動時の効能

栄養が豊富なうえ、筋肉の収縮にも役立つことから、オレンジジュースを日常的に飲むアスリートも存在します。

ただし、オレンジジュースは体液よりも浸透圧が高いため、小腸で吸収されるのに時間が掛かってしまうのです。

そのため、運動中に飲むのではなく運動前や、運動後30分以内がベスト。

また、オレンジジュースの中でも、特にブラッドオレンジが効果的です。

ブラッドオレンジには、ポリフェノールの1つ、アントシアニンが多いのです。

血管の拡張をしたり、毛細血管の保護を行います。

さらには、オレンジよりもビタミンCが豊富で、栄養が非常にたくさん含まれているのです。

オレンジジュースの中でも、ブラッドオレンジを運動前、および運動後に飲むことで多くのメリットがあるのです。

オレンジジュースを飲みすぎるとどうなる

偏った食事は、身体の不調を生み出します。

栄養素が多く含まれるオレンジジュースですが、飲みすぎると起こる危険について、調べてみました。

肥満になりやすい

ストレートタイプのオレンジジュースは、500mlのペットボトルで200kcalと、大変高カロリーです。

また、糖質も多いため、太る原因となりやすくなります。

下痢になりやすい

オレンジジュースを飲みすぎると、よく下痢になりやすいと聞きます。

では、一体どのような原因が考えられるのでしょうか。

ビタミンCの摂りすぎ

ビタミンCは、肝臓の働きを活発化させる効果を持ちます。

そこで、肝臓の悪い方がオレンジジュースを飲みすぎてしまうと、消化が間に合わず、下痢を引き起こしてしまうのです。

ビタミンCは体内で作れないことから、食物から摂取するしかないのですが、摂取しすぎは禁物です。

糖類の摂りすぎ

オレンジジュースに含まれる糖類が小腸で吸収されなかった場合、大腸内の細菌により発酵され、再度吸収を繰り返すのですが、糖類が多いと吸収されず、消化管に負担を掛けてしまうのです。

オレンジジュースには、糖質が多く含まれているので、飲みすぎると消化不良で下痢になってしまうのです。

乗り物酔いを起こしやすくする

乗り物酔いを起こしてしまうと、胃腸の調子が悪化し、吐き気やめまい、嘔吐を引き起こしてしまいます。

反対にオレンジジュースを飲みすぎると、消化不良により、胃腸の働きを弱めてしまうので、乗り物酔いを引き起こしやすい状態になるのです。

「酸っぱいものを食べると乗り物酔いしにくくなる」という意見もありますが、オレンジジュースには言い難いため、飲み過ぎには注意です。

虫歯になりやすい

虫歯の原因となるミュータンス菌と呼ばれる細菌は、飲食事に歯に付着した糖類を繁殖の材料としています。

つまり、オレンジジュースの糖質によって、歯の表面に菌が付着し、繁殖していくのです。

ジュースなどの飲み物は、飲んだ後に歯磨きすることが面倒に感じるかもしれませんが、こまめな歯磨きが必須です。

ペットボトル症候群になりやすい

ペットボトル症候群とは、現代病である糖尿病の一つです。

症状としては、ペットボトル飲料により、血糖値が上がり、のどが渇き、また飲んでしまうという悪循環を生み出します。

尿量が上がったり、だるさや疲れやすさを引き起こす病です。

糖質の摂りすぎが原因となるため、飲む量を制限する必要があります。

オレンジジュースを毎日飲むのは体に悪い?

生活習慣病を生み出す

ハーバード公衆衛生大学院が18万7382人を対象に行った調査によると、市販のフルーツジュースを日常的に飲む人は、飲まない人に比べて「糖尿病のリスクが高い」ことが分かりました。

一方で、週に3回フルーツジュースに含まれる果物そのものを食べている人は、2型糖尿病を発症するリスクが減ったことも明らかとされました。

したがって糖質や炭水化物が多いオレンジジュースは、毎日の摂取により、体に悪い影響を与えかねませんし、生活習慣病を生み出すリスクが高くなるのです。

(参考:糖尿病の人が果物や野菜のジュースを飲むとどうなる? 意外な結果に | ニュース | 糖尿病ネットワーク (dm-net.co.jp)

ジュースではなく果物そのものを食べるのがベスト

手軽に飲めるジュースは、毎日の健康習慣として飲み続ける人も少なくないでしょう。

一方で、果物そのものを食べると、食物繊維の働きにより、消化吸収がゆっくりと進み、血糖値の急激な上昇も抑えることができます。

週に1回でも、果物そのものを食べるように心がけると、より健康的な食生活に近づきます。

体を気遣うオレンジジュースの飲み方

健康のためにとはいえ、飲み過ぎには注意したいオレンジジュースです。

そこで、どのような点に注意して飲むことが体にいいのか、調べてみました。

肌を意識するなら夜

オレンジジュースに含まれるビタミンCは、シミの原因であるメラニンの生成を抑えます。

一方で、実はオレンジジュースには紫外線を吸収しやすくするソレニンを多く含んでいるため、朝に飲んでしまうと、1日の紫外線を吸収しやすくしてしまうのです。

したがって、太陽が落ちる夕方から夜にかけて、飲むのがベストです

1日の摂取目安量

飲みすぎ注意とはいえ、どの量が最適なのかははっきりとしません。

そこで、カロリーと水分量、糖分、ビタミンCの1日における摂取目安量を参考にしてみると「1日コップ1~2杯」

こちらが、最も最適な目安量となります。

普段ペットボトルで飲んでしまう方は、1度に大量に飲むことで体に負荷を与えてしまうので、こまめに少しずつ飲むなど工夫して飲みましょう。

選ぶべきオレンジジュースの種類

安全性で選ぶなら「ストレート」

冒頭で説明した通り、オレンジジュースは、「ストレートタイプ」と「濃縮還元タイプ」に大別されます。

濃縮還元タイプは、加工調理がされたオレンジが含まれているため、健康を意識するのであれば、オレンジ本来のおいしさを楽しめる「ストレートタイプ」がオススメです。

オレンジの良さを楽しむならオレンジ「ジュース」

実は果汁100%のオレンジジュースには、「ジュース」と使用できます。

一方で、果汁が100%未満の飲み物は、「果汁入り飲料」と呼び方が変化していきます。

オレンジそのものの良さを楽しむのであれば、オレンジジュースを選んでいきましょう。

疲れを吹き飛ばす「酸味が多いタイプ」

飲んで「酸っぱい!」と感じるオレンジジュースには、クエン酸が多く含まれています。

クエン酸の持つ抗酸化作用によって、老廃物の排出を促し、細胞が活性化していくため、疲労回復に効果的です。

ブラッドオレンジやネーブルオレンジ、温州ミカンなどは酸味が強いため、ポンジュースなどを「疲れたな」と感じたら飲むのがオススメです。

よりおいしさを選ぶなら「オーガニック」

オーガニックと謳う食品には多くのメリットが存在します。

その大きなメリットと言えるのが、化学調味料や保存料、そして砂糖を使わない果実本来の良さを十分に引き出していることです。

日本においては、化学調味料や保存料などの使用は厳しく規制されており、身体に与える影響は非常に低くなっています。

そのため、もちろん「保存料がダメ、添加物がダメ」というわけではありません。

添加物を使えないということは、より本来のオレンジのおいしさを楽しむことができるというわけです。

おすすめのオレンジジュース

ぽんジュース

POM ポンジュース 800ml ×6本

POM ポンジュース 800ml ×6本

1,510円(09/24 17:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

誰しも、1度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

昔から親しまれている味とあって、非常にオススメの商品です。

濃縮還元タイプではあるものの、果汁100%であるため、オレンジの良さを味わうことができ、また、酸味が多くさっぱりとしているため、疲れた時に飲むのにピッタリです。

「ポンジュース アレンジ」で検索するだけで多くのアレンジメニューが登場するので、家族みんなで楽しめます。

陽だまりブラッドオレンジジュース

ブラッドオレンジを100%使用しているため、運動後の疲労回復にオススメです。

国産のオレンジを100%使用しているため、産地が分かることへの安心感に加えて、オーガニックであることで、オレンジ本来の良さを味わえるストレートタイプのオレンジジュースです。

酸味が強めのブラッドオレンジではあるものの、比較的酸味が抑えめで、柔らかい味わいなので、お子様と一緒に飲んでもいいでしょう。

ヴィタモンオーガニックオレンジジュース

ヴィタモン オーガニック オレンジ ジュース 1L

ヴィタモン オーガニック オレンジ ジュース 1L

880円(09/24 17:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

オレンジ本来の味を楽しめるオーガニックなジュースです。

農業大国フランスの商品であるためか、「酸味と甘みのバランスがベスト」と高い支持を受けています。

レビューでは、紙パックで常温保存ができることを評価していることもあり、場所を選ばずに保存できるのも大きなメリットです。

オレンジジュースはメリットがたくさん!

オレンジジュースを飲むメリットがたくさんあることがお分かりいただけましたか。

飲みすぎに注意して、オレンジジュースの良さを存分に味わって、暑い夏を乗り切ってください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる