\ 最大10%ポイントアップセール! /

一人暮らしはやめたほうがいい?向いていない人、しない方がいい人の特徴は?

大学進学などを機に、一人暮らしを考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、一人暮らしをするにはデメリットも多く存在します。今回は、一人暮らしをしないほうがいい人の特徴や、一人暮らしのメリット/デメリットなどについて説明します。

目次

一人暮らしをしないほうがいい人の特徴

自分の事が自分でできない人は一人暮らしをしないほうがいい

これまでの人生で、自分のことを全て親にやってもらってきた人は、一人暮らしで苦労するでしょう。

一人暮らしになったとたん、自分でやらなければいけないことは格段に増えます

例として、一人暮らしのとある1日をあげ、やらなければいけないことリストを下記に並べてみました。

例)一人暮らしの1日で、やらなければならないことリスト

  1. 朝は自分で起きる
  2. 朝食をつくる
  3. 朝食の食器をあらう
  4. 洗濯物をまわす
  5. 洗濯物を干す
  6. 買いものにいく
  7. 昼食を作る
  8. 昼食の食器を洗う
  9. 部屋のそうじをする
  10. 干した洗濯物を取りこむ・たたむ
  11. お風呂をあらってお湯をためる
  12. 夕食をつくる
  13. 夕食の食器をあらう
  14. ゴミ捨てにいく

上記に挙げたことを、すべてひとりでやらなければいけないのが一人暮らしです。

筆者は一人暮らし歴が10年ほどありますが、初めて一人暮らしをしたときには、やるべきことが多すぎて途方にくれた経験があります。

自分のことを自分でやる自信がない人は、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

経済的余裕のない人は一人暮らしをしないほうがいい

一人暮らしになることでかかる費用をまとめてみました。

初期費用(家賃4万円の場合)金額
敷金40,000円
礼金40,000円
前家賃40,000円
仲介手数料40,000円
火災保険料15,000円
保証料20,000円
合計195,000円
毎月の費用           金額
アパート代40,000円
光熱費10,000円
食費40,000円
生活用品5000円
通信費10,000円
交通費7,000円
合計112,000円

もちろん住んでいる地域や生活スタイルによって金額は変わってきますが、おおむね初期費用で19万円、毎月の費用で11万円くらいの費用がかかってきます

実家に住んでいる場合はこのような費用は発生しませんので、いかに一人暮らしにお金がかかるかが分かるでしょう。

筆者も一人暮らしを始めたときは、毎月の固定費がとにかく多く、自由に使えるお金がほとんどなかったのを覚えています。

経済的な面が心配な方は、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

計画的にお金を使えない人は一人暮らしをしないほうがいい

節約できない人は一人暮らしをしないほうがいい

お金のやりくりがうまくできない人は、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

なぜなら、一人暮らしは毎月支払うべき費用が多いため、節約がヘタなひとはお金がたりず生活していけないからです。

一人暮らしで自由に使えるお金はほとんどない

筆者も一人暮らしをはじめたときは、お金の使いかたが分からず、いつのまにかお金が無くなっているという状態でした。
筆者が学生時代、お金のやりくりに困っていたときの状況を例にあげてみます。

例)一人暮らしで自由に使えるお金

  • 月に入ってくるお金
    • 仕送り5万円+バイト代7万円=12万円
  • 月に自由に使えるお金
    • 月に入ってくるお金12万円−出費11万2,000円=8,000円

さきほど説明した、一人暮らしにかかる大体の費用(11万2,000円)をあてはめてみた場合、自由につかえるお金が8,000円しかないことがわかります。

上記はあくまで一例ですが、一人暮らしは多くの費用がかかるため、計画的にお金を使えないひとは一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

孤独を嫌う人は一人暮らしをしないほうがいい

一人暮らしは孤独との戦いでもあるため、寂しがりやの人は一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

一人暮らしは話し相手がいない

そもそも一人暮らしは話し相手がおらず、休日などは一言も声を発しないこともザラにあります

今日あった出来事や、楽しかったこと、つらかったことなどを聞いてくれるひともいません。

一人暮らしは孤独感におそわれる

筆者が一人暮らしを経験して、孤独だと感じた瞬間についてまとめてみました。

例)筆者が一人暮らしで孤独だと感じた瞬間

  • ストレスだったことを話せる相手がいなかったとき
  • 夜おそくに帰ってくると部屋が真っ暗だったとき
  • シーンとした部屋でスマホをいじっているとき
  • 今日1日だれとも話していないと気づいたとき

特に一人暮らしを始めて最初の数か月は、孤独感におそわれたのをよく覚えています。

寂しがりやの人や孤独がイヤなひとは、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

自分を管理できない人は一人暮らしをしないほうがいい

一人暮らしは不健康になる

自分を管理することができず、誘惑に甘えてしまうような人は不健康になるため、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

なぜ不健康になるかというと、一人暮らしは自由だからです

一人暮らしが不健康になる理由

  1. 夜更かしをするようになる
  2. ジャンクフードを食べるようになる

一人暮らしが自由ということは、夜遅く寝るのも自由で朝寝坊するのも自由なので、睡眠のリズムが乱れてしまいます。
また、おいしいジャンクフードやお菓子をどれだけ食べてもOKなので、栄養が偏りがちになり不健康になってしまいます。

一人暮らしはだれも注意してくれない

筆者も一人暮らしをしているときの食事といえば、コンビニ弁当やマックばかり。

さらには早朝に眠りにつき、昼過ぎに目覚めるという昼夜逆転の生活を送っていたため、体調不良になることも多かったです。

一人暮らしなので注意してくれる人がおらず、ついついだらしない生活を続けてしまいました

自分を厳しく管理することができないと健康を害してしまうため、誘惑に勝つ自信がないひとは一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

女性は一人暮らしをしないほうがいい?

女性は一人暮らしをしないほうがいいのでしょうか?

女性が一人でいると不審者に襲われる危険があったり、ストーカー被害に悩まされたりするなど、防犯の面では一人暮らしを避けたほうがいいようにも思えます。

そこで、女性が一人暮らしをして良かった口コミと、女性が一人暮らしをして後悔した口コミをみていきましょう。

女性が一人暮らしをして良かったという口コミ

一人暮らしは休日を満喫できる

一人暮らしは自由に休日を満喫できるという口コミです。

家の中では一人きりなので、ゴロゴロしたってだれも文句は言いません

休日に自分の好きなように休めるのが、一人暮らしの魅力でもあります。

一人暮らしをすると生活上手になれる

一人暮らしをすると生活上手になれるという口コミです。

一人暮らしはすべてを自分でこなす必要があるため、自然とお金の管理や家事などのスキルが身についていくのでしょう。

自立した生活を送れるようになるためにも、一人暮らしの経験は必要なのかもしれません。

一人暮らしをすると強くなれる

一人暮らしをすると強くなれるという口コミです。

たしかに一人暮らしの生活は、基本的にだれも助けてくれないので、気持ちを強くもたないと挫折してしまいます。

だれにも頼らず生きていく経験をつむことで、人間として成長できるのかもしれません。

女性が一人暮らしをして後悔した口コミ

女性の一人暮らしはさみしい

一人暮らしの生活はさみしいという口コミ。

さみしすぎて植物に名前をつけたと口コミしていますが、やはり話す相手がいないというのは孤独なのでしょう。

ほかにも「一人暮らしはさみしい」といった口コミは多いため、孤独感に勝てない人は一人暮らしをしないほうがいいと思います。

女性の一人暮らしは訪問販売に狙われる

一人暮らしの女性にとって、訪問販売員が訪ねてくるのは少しこわいですよね。

しかも、夜遅くに何回も訪ねてくるような悪質販売員だと恐怖でしかありません。

このような悪質訪問販売員から守ってくれる人がいないのも、女性が一人暮らしをしないほうがいい理由のひとつかもしれません。

女性の一人暮らしは不審者に怯えながらの生活

女性の一人暮らしは、不審者がこわいという口コミです。

女性が一人でいると、悪質なストーカーや不審者に狙われてしまう危険が大きくなってしまいます。

一人暮らしだと助けてくれるひとが近くにおらず、身体的・精神的被害をうけてしまうかもしれないので、女性の一人暮らしはしないほうがいいかもしれません

女性は一人暮らしをしないほうがいい

口コミの意見をみていきましたが、やはり女性は一人暮らしをしないほうがいいといえます

理由は、女性が一人でいるということで起こりうる危険が大きいからです。

ストーカーなどの不審者に傷つけられたり、悪質訪問販売員に怯えながら生活するなどの危険を考えると、実家で暮らした方が安全ではないでしょうか。

安全な生活を確保するためにも、女性は一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

一人暮らしのメリット

一人暮らしは好きなものが食べられる

一人暮らしは、好きなタイミングで好きなものが食べられます。

毎日コンビニ弁当やファーストフードを食べても、親に怒られることはありません。

一人暮らしは家族の生活リズムに合わせなくてもいい

実家暮らしでは、朝は家族と同じ時間に起き、食事も家族と同じ時間に食べなければいけません。

一人暮らしだと、家族の生活に合わせる必要がなく、自分の生活リズムをつくることができます。

一人暮らしは自分の時間をつくりやすい

実家での生活だと、家の手伝いなどで自分の時間を削られてしまうこともあります。

一人暮らしは自分の時間をつくりやすく、趣味などに没頭できます。

一人暮らしは彼氏/彼女を呼びやすい

実家に彼氏/彼女を呼んだときは、常に親の目が気になります。

一人暮らしのアパートなら親のことは気にせず、気楽に彼氏/彼女を呼ぶことができます。

一人暮らしは口うるさい親がいない

「早く起きなさい!」「早く帰ってきなさい!」など、実家には口うるさい親がいます。

一人暮らしであれば、親にあれこれと言われることはなくなります。

一人暮らしは住みたいところに住める

特に実家が田舎にある人の場合、都会の方に住んでみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

一人暮らしは実家とはちがい、住みたい場所にあるアパートを選ぶことができます。

一人暮らしは夜中の活動が制限されない

実家で家族と生活を共にしていると、夜中に騒がしくしていたら怒られます。

一人暮らしの場合は、隣人の迷惑にならない程度にやりたいことができます。

一人暮らしは家事ができるようになる

早かれ遅かれ、ひとは大人になると親から自立していかないといけません。

一人暮らしをするうえで家事は必須のスキルであり、これを経験するには一人暮らしをするしかありません。

一人暮らしのデメリット

一人暮らしはお金がかかる

一人暮らしはとにかくお金がかかります。

お金を溜めたいのであれば、一人暮らしはしないほうがいいでしょう。

一人暮らしは話し相手がいない

一人暮らしは孤独との戦いです。

話し相手がいないため、ホームシックになり実家に帰りたくなります。

孤独がイヤな人は、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

一人暮らしは災害時に心細い

地震や停電が起きたとき、一人暮らしでは恐怖感が増します。

なぜなら、何かあったときにだれも助けてくれないからです。

災害時にだれかが近くにいるだけで、安心感をもつことができます。

一人暮らしは家事が大変

一人暮らしでは、家事をすべて自分でこなさないといけません。

休みの日などは、ヘタをすると家事で半日以上かかってしまうことも。

家事がニガテなひとは、一人暮らしをしないほうがいいと言えます。

一人暮らしは朝起こしてくれる人がいない

早起きがニガテなひとは、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

なぜなら、これまで朝かならず起こしてくれていた親がいないからです。

とくに、目覚ましのアラームを止めて二度寝するクセがある人は、一人暮らしに向いていません。

一人暮らしは体調を崩しやすい

一人暮らしでは、好きなものを食べられるため栄養が偏ります。

好きな時に寝られるため、睡眠サイクルも乱れてしまい、体調を崩す可能性が高いです。

実家暮らしであれば、親が栄養バランスのとれた食事を出してくれますし、寝る時間も決まっています。

一人暮らしは看病してくれる人がいない

一人暮らしの生活は、体調を崩して寝込んでいるときに誰も看病してくれません。

寝込んでいるときでも自分で食事をつくったり、洗濯したりするのです。

また、体調不良でフラフラな状態でも、自分のチカラで病院に行くしかありません。

一人暮らしは騒音トラブルが多い

一人暮らしはアパートでの生活になるので、必然的に騒音トラブルは増えます。

なぜなら、一つの棟に壁1枚をはさんでたくさんの人が入居しており、生活音などでモメることが多くなってしまうからです。

とくに木造のアパートは壁がうすく、騒音トラブルが多くなりがちです。

一人暮らしはだれも注意してくれない

一人暮らしで注意してくれる人がいないということは、自由になれるというメリットがある一方、デメリットも存在します。

どのようなデメリットかというと、注意してくれる人がいないため、お金の使い方や食事・睡眠など普段の規律が乱れてしまうということです。

だれかに注意されないと生活の規律が守れないひとは、一人暮らしをしないほうがいいでしょう。

一人暮らしをするべきタイミング

一人暮らしはお金がたまってから始めてみる

一人暮らしをはじめるには多くの費用がかかります。

さきほど説明した通り、初期費用で19万円、毎月の費用は11万円かかってしまうのです。

費用のことを考えずに一人暮らしをはじめてしまうと、支払いに追われて豊かな生活が送れなくなってしまいます。

まずは実家でしっかりと貯蓄して、十分な資金を確保してから一人暮らしをはじめるべきでしょう。

一人暮らしは結婚を考えたときに始めてみる

結婚前に一人暮らしをしたほうがいい?

彼氏/彼女との結婚を意識するようになったときは、一人暮らしをはじめてみるタイミングかもしれません。

なぜなら結婚する前までのあいだで、あるていど自立した生活を経験しておいたほうががいいからです。

結婚前に一人暮らしを経験しないと苦労する?

実家暮らしのまま結婚して、突然二人暮らしの新婚生活をはじめると、炊事洗濯など、普段やってこなかったことを全てやっていかないといけません。

お金の管理もうまくいかず、新婚生活のスタートでつまづいてしまう可能性があります。

結婚したい相手がみつかったら、あらかじめ一人での暮らしを経験して慣れておく必要があるかもしれません。

一人暮らしは自立心が芽生えたときに始めてみる

一人暮らしで自分を管理することはむずかしい

自分を管理して生活していくということは、一人暮らしをしていくうえで大きなポイントになります。

しかし、実家を離れたばかりのひとは誘惑に勝てず、だらしない生活を送ってしまうひとが多いのが実状です。

実家で一人暮らしに向けての準備をする

まずは実家暮らしのなかで、自分のことを自分で管理するクセをつけてみましょう。

たとえば、朝は自分で起きてみたり、洗濯物を自分で洗ってみたりなど、これまで親にやってきてもらったことを少しずつ自分でやってみるのです。

そうすることで少しずつ自立心が芽生え、一人暮らしをしても自分一人で立派に生活していけるでしょう。

まとめ

一人暮らしをしないほうがいい人

  • 自分のことを自分でできない人
  • 経済的余裕がない人
  • お金を計画的につかえない人
  • 孤独がイヤな人
  • 自分を管理することができない人

女性は一人暮らしをしないほうがいい理由

  • ストーカーなどの不審者につけまわされる
  • 悪質訪問販売員におしかけられる
  • 女性の一人暮らしは安全を保てない

一人暮らしとはどういうものか

  • とにかく自由で好きなことができる
  • 自由である反面、自分を管理して生活しないといけない
  • 孤独感に耐え、強く生きていく必要がある

一人暮らしをするべきタイミング

  • お金がたまったとき
  • 結婚を考えたとき
  • 自立心が芽生えたとき
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次