\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

一人暮らしに洗濯機はいらない?コインランドリーで大丈夫?洗濯機のない生活とは

日常生活をおくる上で無くてはならないアイテムの一つが洗濯機。しかし、一人暮らしの生活で本当に洗濯機は必要でしょうか。今回は、一人暮らしで洗濯機なしの生活はアリかナシかを考えていきたいと思います。

目次

一人暮らしで洗濯機を買うメリット

洗いたい時にいつでも洗濯機にかけられる

自宅に洗濯機があると、洗いたいと思った時にすぐ洗うことができます。

たとえば、ちょっとした汚れやシミがついたときはすぐに洗濯したいと思うはずです。
また、「洗濯物は溜まってないけど、お出かけ用の服だけ洗いたい」など、少ない量でも気兼ねなく洗うことができます。

このように、好きなタイミングで手軽に洗えるというのが洗濯機の良いところです。

洗濯機をかけている間に別のことができる

洗濯機は自宅で手軽につかえるため、空き時間を作り出すことができます。

洗濯機が稼働している30~40分は他のことに時間を費やすことができますし、乾燥機付きの洗濯機であれば洗濯物を干す時間も短縮できます。

一人暮らしで洗濯機を買うデメリット

洗濯機は一人暮らしの部屋には大きすぎる

一人暮らしの部屋といえば大体が1Kのワンルームです。

そこに大きな洗濯機を設置するとなると部屋の空間をとってしまうことになり、住み心地が悪くなってしまいます。

洗濯機を買うかどうかで迷っている方は、部屋の大きさを考慮する必要がありそうです。

洗濯機の価格が高い

性能や規格によって値段はさまざまですが、基本的に洗濯機は高額なものが多いです。

一人暮らし用洗濯機の価格

  • 一人暮らし用の洗濯機:2~4万円
  • 一人暮らし用のドラム式洗濯機:15万円以上

更には洗濯機の配送料金など別途かかってしまう場合もあるため、大きな出費になるのは間違いなさそうです。

洗濯機を使うと光熱費がかかる

洗濯機本体の代金が高額な上、電気代と水道代がかかるため、洗濯機を買うと金銭的な負担が大きいです。

最近の洗濯機は省エネ機能や節水機能に優れていますが、月に何度も使うとなると金額も大きくなっていきます。

洗濯機1回あたりの光熱費(電気代+水道代)

  • 洗濯機:32.7円
  • ドラム式洗濯機:50.8円

一人暮らし用の洗濯機は一度に洗える量に限界があるため、洗濯回数は多くなりがちです。
そのぶん洗濯機でかかる光熱費も高くなり、頻繁に使うと年間で10000円くらいはかかってしまうかもしれません。

このさき何年も使うことを考えると大きな金額になってしまうため、洗濯機を買うか迷っている方は長期コストの観点から考えるべきでしょう。

洗濯機とコインランドリーの比較

洗濯機を自宅に置かない場合に次の選択肢となるのがコインランドリー
ここでは洗濯機とコインランドリーの比較をしていきますので、どちらを使って洗濯していくか迷ったときの参考にしてみてください。

洗濯機とコインランドリーの費用の比較

初期費用

洗濯機にかかる初期費用としては本体が安くても2万円~4万円かかり、配送料は2000円~5000円くらいの費用が必要です。

コインランドリーの場合は洗濯機と乾燥機が備え付けてあるため初期費用はかかりません。

継続してかかる費用

洗濯機の継続してかかる費用としては光熱費があり、年間およそ10000円かかる場合もあります。

継続して使っていると故障してしまうこともあり、そのときは修理代もかかってしまいます。

コインランドリーの場合は、洗濯+乾燥1回で500円が相場です。

3日に1回使うとして年間およそ60000円ほどかかりますが、光熱費や修理費を心配する必要はありません。

またコインランドリーの洗濯機や乾燥機は大型なので、1度に多くの洗濯物を洗うことができます。

替えの衣類を多く持っている場合はコインランドリーに行く回数を減らすことができ、出費をグッと抑えることができるでしょう。

たとえば、コインランドリーに行く回数を1週間に1回まで減らすことができれば、年間24000円まで出費を抑えることができます。

洗濯機とコインランドリーの時間の比較

洗濯機とコインランドリーの決定的なちがい

洗濯機とコインランドリーの決定的なちがいは、すべての工程が終わるまでの時間にあります。

洗濯機は洗濯~脱水まで30~40分程度かかり、そこから干すとなると夏場の暑い時期でも半日はかかってしまいます。
寒い時期や部屋干しとなると丸1日以上かかってしまうことも。

乾燥機付き洗濯機でもコインランドリーの時短には敵わない

乾燥機能付きのドラム式洗濯機であっても、洗濯~乾燥まで早くても3時間はかかるため、全ての工程が完了するのに多くの時間を要してしまいます。

それに比べてコインランドリーは、洗濯およそ30分乾燥およそ30分の計1時間ですべてが終わってしまいます。

なぜかというとコインランドリーは乾燥機の温度が高く、乾燥機付き洗濯機と比べて乾燥時間が圧倒的に速いからです。

また、コインランドリーの洗濯機や乾燥機は大型であるため、一度に多くの洗濯ができたり、乾きにくい大きな毛布や分厚い布団なども即座に乾かしてくれます。

時間の節約がしたい方や、すぐに服を使いたいという方はコインランドリーで洗濯するのがオススメです。

ただし、コインランドリーが近くにない方は移動に時間を取られてしまうため注意が必要です。

洗濯機は必要だという人の意見

洗濯機は必要だという人の意見を見ていきましょう。

ドラム式洗濯機は手間がかからないため一人暮らしに必要

https://twitter.com/hasekou/status/1460245849791873024

ドラム式洗濯機はスイッチを押すだけで服が着られる状態にまで仕上げることができ、手間がかからないため必要という意見です。

ドラム式洗濯機の最大のメリットは、自宅にいながらすべて自動で洗濯~乾燥までが完了することです。

洗濯洗剤を入れてスイッチをポンと押すだけのカンタンな作業で服が着られる状態になるわけですから、家事のニガテな一人暮らしの方には必要になってくるかもしれません。

一人暮らしの家に洗濯機が無いと面倒くさい

洗濯の回数が週に1回くらいだとコインランドリーでも良いけど、毎日洗うなら家に洗濯機があった方がラクだという意見です。

確かに、毎日コインランドリーに足を運ぶというのは少し億劫になります。

コインランドリーがすぐ近くにあれば良いですが、車で行かないといけない場合は毎日ガソリン代がかかりますので、経済的にも負担ですよね。

洗濯物を溜めると不便だから洗濯機は必要

一人暮らしといえど洗濯物の量は意外と多い

洗濯物を溜めることによって、コインランドリーに持っていくのが大変になるという意見です。

確かに、いくら一人暮らしとはいえ1週間分の洗濯物は相当な量になります

コインランドリーのコストを気にすると、なるべく行く回数を減らそうとして洗濯物を溜めてしまいがちですので、必然的に大荷物を運ばなければいけなくなってしまい大変です。

夏場の洗濯ものは臭うため洗濯機は必要

そのほかにも夏場に洗濯物を溜めることによってイヤな臭いが発生してしまうため不便だということでした。

夏場の洗濯物はただでさえ汗臭いのに、それを放置してしまうと強烈な異臭が漂うこともあります。

夏場の洗濯物は早めに洗うに越したことはないため、洗濯機はあった方がよいかもしれません。

洗濯機は必要ないという人の意見

つぎに洗濯機は必要ないという方の意見もチェックしていきます。

干す作業が手間だから一人暮らしに洗濯機はいらない

干す手間を考えるとコインランドリーに行ったほうが良いという意見です。

確かに洗濯物を干すという作業は手間であり時間を取られてしまいます。

洗濯機を買って毎回干す作業をするくらいなら、毎回数百円かかってでもコインランドリーを使ったほうが面倒くさいことも回避できるし、時間にも余裕ができるということでしょう。

部屋が狭いから洗濯機はいらない

一人暮らしの部屋が狭いため洗濯機はいらないという意見です。

一人暮らしの大抵は1Kのワンルームなので、大きな洗濯機が部屋のスペースを圧迫してしまいます。

洗濯機専用のスペースが風呂場の横などにあればまだマシなのですが、物件によっては生活する部屋の中に専用スペースが設置されている場合もあります。
そうなると部屋が一気に窮屈になり、圧迫感のある生活になってしまいます。

一人暮らしだと洗濯をあまりしないから洗濯機はいらない

一人暮らしだからそもそも洗濯をする機会が少なく、コインランドリーで十分という意見です。

人によって洗濯する頻度はさまざまですが、週に1回しか洗濯しないのであればコインランドリーのほうがお得で便利なのかもしれません。

少ない回数であればコインランドリーの代金も少なくて済みますし、短時間で乾燥までできるため、わざわざ洗濯機を買う必要性はないかもしれません。

洗濯機のない生活はどうなる?

洗濯機のない生活とはどのようなものになるのでしょうか。
ツイッターの口コミで確認していきましょう。

洗濯機がなくなって節水・節電になった

洗濯機がなくなったことで節水や節電になり、月の出費を抑えることができたという口コミです。

この方はコインランドリーではなく手洗いで洗濯をしているようなので、洗濯にかかる代金はほとんどゼロだと思います。

このように、洗濯機がないことによって経済的に余裕のある暮らしを送ることができるのではないでしょうか。

洗濯機がなくなって身軽になった

洗濯機が無いことで身軽になり、アパートへの引っ越しなどがラクになるという口コミです。

洗濯機は一人暮らしの持ち物の中でもっとも重いものの一つです。
運ぶのが大変な洗濯機がなくなることで引っ越しでの不安が減りますし、引っ越し先の住環境もあまり気にせずに済みます。

洗濯機がないと部屋が広くなる

洗濯機がなくなることで部屋がひろくなるという口コミです。

大きな洗濯機は置いてあるだけで圧迫感があり、部屋が狭く感じてしまうかもしれません。

そのスペースが空くだけで広々と感じるでしょうし、別のものを置く場所にしたりと有効活用できます。

一人暮らしに洗濯機はいらない

以下の理由から、一人暮らしの生活に洗濯機は必要ないと言えるでしょう。

洗濯機は初期費用の負担が大きい

洗濯機本体の初期費用が高額であり負担が大きくかかってしまいます。

引っ越し当初は暮らしに必要なものを買いそろえないといけない時期なので、大きな出費はなるべく抑えたいところ。

コインランドリーなどを使って余計な出費を抑えるようにしてください。

コインランドリーのコストはそこまで大きくない

コインランドリーを上手く活用すれば、そこまで大きなコストはかかりません。

洗濯物を溜め込んで週に1回コインランドリーに行くようにすれば月に2000円で済みます

手軽さを考えればコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

洗濯機は干すまでの時間が長い

洗濯機を使うと、洗濯物が乾くまでに早くても半日かかります。

コインランドリーを使えば1時間ですべてが終わってしまいますので、時間を有効活用することができます

部屋が狭くなる

一人暮らしの狭いアパートに洗濯機のような大きな家電が入ると圧迫感が強く、落ち着いた生活を送ることができません。

住環境を整えるという観点からも、洗濯機は必要ないと言えるでしょう。

一人暮らしの洗濯には宅配クリーニングもオススメ

洗濯機のない生活には宅配クリーニングが便利

宅配クリーニングとは、洗濯物を家の前まで取りにきてくれるというサービスです。

「洗濯機がない!」「近くにコインランドリーがない!」「とにかく洗濯が面倒!」といった方にはとても便利なサービス

プロの業者にクリーニングを依頼するため仕上がりもバッチリですし、スーツやセーターなどの洗濯しにくい衣類も出すことできます。

宅配クリーニングの料金は割高

宅配クリーニングの料金はやはり割高となってしまいます。

宅配クリーニングの料金相場

  • ワイシャツ:約300円
  • セーター:約600円
  • スーツ上下:約2000円
  • コート:約2000円
  • ダウン:約3000円

宅配クリーニングは費用を考慮したうえで利用してみてください。

まとめ

一人暮らしに洗濯機がオススメな人

  • 好きな時間に洗濯がしたい
  • 少ない量でも洗濯したい
  • 近くにコインランドリーがない

一人暮らしにコインランドリーがオススメな人

  • 初期費用をかけたくない
  • 1日の時間を有効に使いたい
  • 衣類の替えが多くあり、洗濯回数が少ない
  • 部屋が狭い

一人暮らしに宅配クリーニングがオススメな人

  • 洗濯をするのが面倒くさい
  • 近くにコインランドリーがない
  • 金銭的余裕がある
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次