溶岩プレートの洗い方と手入れ方法!重曹で煮沸が良い?割れるのを防ぐために

溶岩プレートの洗い方と手入れ方法!重曹で煮沸が良い?割れるのを防ぐために

溶岩プレートとは、溶岩から作られたプレートです。

溶岩から作られているので、熱の持続性が高い特徴を持ちます。

溶岩プレートを一度温めればなかなか冷めないので、火を消してしまってもある程度の時間はお肉や野菜を焼くことが出来ます。

そして、溶岩プレートで焼いたお肉や野菜はとにかく美味しいのです。

例えば、バーベキューでは網や鉄板を使ってお肉や野菜を焼きますよね。

バーベキューでは、家でフライパンでお肉や野菜を焼くよりも美味しく感じると思います。

しかし、溶岩プレートを使えばそれ以上により食材を美味しく焼くことが出来るのです。

そんな便利な溶岩プレートですが使用後はしっかりと洗って、また手入れをきちんとしなければ破損の原因になります。
この記事では溶岩プレートの洗い方と手入れ方法について解説しています。

目次

溶岩プレート手入れの注意点

そんな食材を美味しく焼くことができる溶岩プレートですが、取扱いの際に注意すべきことがいくつかございます。

難しいことではありませんので、しっかりと確認し覚えておくようにして下さいね。

洗剤

溶岩プレートには、洗剤はNG。

その理由は溶岩プレートが洗剤を吸ってしまうからです。

洗剤で洗ってしまった場合、溶岩プレート内に洗剤が残ってしまい、洗い流すことが出来ません。

そして溶岩プレートを痛めてしまうのです。

また、次回の使用時に洗剤が残っているのなんて嫌ですよね。

溶岩プレートが熱い状態で水をかけない

溶岩プレートを使用後、溶岩プレートが熱いまま水やお湯をかけてはいけません。

使った後はすぐに洗った方が汚れが落ちやすいように思いますよね。

しかし、溶岩プレートが熱い状態のまま水やお湯をかけてしまうことで、溶岩プレートが割れてしまったり、ヒビが入ってしまう可能性があります。

溶岩プレートを洗うときは必ずある程度熱が下がったことを確認し、水やお湯で洗い流すようにしましょう。

溶岩プレートを使い始める前の手入れ

溶岩プレートは、想像よりもずっと扱いが簡単です。

しかし、簡単ながらもお手入れをしなければ本来の溶岩プレートの良さを十分に感じることが出来ません。

だからこそお手入れは面倒くさがらずしっかりと行いましょう。

溶岩プレートを使い始める前に必ずお手入れを行って下さい。

水かお湯で溶岩プレートを洗う

溶岩プレートは溶岩から作られていて、溶岩プレートに加工するときに溶岩を削ります。

その溶岩の削った後の落としきれていないカスが溶岩プレートに付着してしまっていることがあるのです。

その付着してしまっているカスを落とす為にしっかりと水かお湯で洗い流しましょう。

空焚きをする

溶岩プレートをしっかりと水かお湯で洗い流したら、溶岩プレートを空焚きします。

この空焚きの目的はしっかりと水分を飛ばし乾燥させることです。

空焚きしたあとの溶岩プレートはとても熱くなっているので、火傷などしないように取扱いには注意して下さい。

油を引く

空焚きをして、しっかりと水分を飛ばしたら、油を引きます。

この時、溶岩プレートが熱いままだと火傷の危険があるので、ある程度溶岩プレートの表面温度が下がったことを確認してから作業を行って下さい。

これは油は溶岩プレートを使用のときに食材が焦げたり、こびりつかないようにするために行います。

油を引くのは基本的に一番初めだけ、二回目以降は必要ありません。

二回目以降は前に使ったときに溶岩プレートに吸い込ませた油が染み出してこれの役割を果たします。

油を引くときには、ハケやキッチンペーパーを使うと素早く綺麗に作業が出来ます。

溶岩プレートの洗い方

溶岩プレートを使用したあとはしっかりと洗い、次に使うときの為に保管しておきましょう。

作業がしやすい場所へ

カセットコンロや七輪の上で使用していた場合は、その場所で作業をせずに安定した場所に移動します。

これは不安定な場所で作業をしていると落としてしまい、溶岩プレートが割れてしまったり、溶岩プレートがもとで怪我をしてしまう可能性があるからです。

溶岩プレートを洗う

溶岩プレートの取扱いの注意点でもお話ししましたが、溶岩プレートが熱い状態で水やお湯をかけてしまうのはNGです。

ある程度溶岩プレートの温度を冷ましてからお湯や水で汚れを落とします。

汚れが落ちないからといって洗剤を使うのは溶岩プレートが傷んでしまうので絶対にやめて下さい。

水やお湯をかけても汚れが落ちない場合、ヘラやスクレーパー、たわしを使って汚れを落とします。

下記でも紹介していますが、高圧洗浄機を使用して洗うのも簡単でオススメです。

乾燥

汚れを落として綺麗な状態になったら、次に使うときの為にしっかりと乾燥させ、保存しましょう。

乾燥させる理由としては、溶岩プレートに水分が残ってしまっている場合、溶岩プレートの劣化が早まってしまうからです。

空焚きをしてしっかりと乾燥させましょう。

溶岩プレートのお手入れアイテム

溶岩プレートをお手入れするときの便利アイテムを紹介します。

重曹

溶岩プレートの匂いや溶岩プレート内に溜まっている油が気になる場合は重曹をおすすめします。

手順としては、溶岩プレートが入るくらいの大きめの鍋などにお湯をはって、溶岩プレートを入れて煮沸します。

本来重曹を入れなくても問題はありませんが、重曹を入れることによってより効率よく汚れを落とすことが出来ます。

なぜなら、油汚れは酸性、重曹は水に入れるとアルカリ性になるため、油汚れを重曹によって中和することが出来るからです。

重曹は、自宅のキッチンの換気扇などの掃除にも使える便利アイテムなので、もしお持ちでない方は買っておいても損はありません。

高圧洗浄機

ヘラやたわしなどで汚れをゴシゴシ落とすのも綺麗になると達成感もあり気分がスッキリします。

しかし、実際面倒臭かったり、腕が痛くなったりしてしまいますよね。

そんな時には高圧洗浄機を使用してみてはいかがでしょうか。

本当にあっという間に汚れがスッキリ落ちますよ。

溶岩プレートの選び方

溶岩プレート様々な種類があります。

どんなものを選べばいいかわからない方も多いと思います。

そんなときにはサイズで選ぶことをおすすめします。

「大は小をかねる」とは言いますが、一人で使う予定なのに大きいものを購入してしまったり、大きすぎて収納に困ってしまうケースもあります。

逆に大人数で使う予定なのに評価が良いので購入してみたら小さすぎた…と言うこともあるのです。

だからこそ、評価や評判も大切ですが、まずはご自身にあったサイズ感から選ぶことをおすすめします。

大きさの目安を紹介いたしますので是非参考にしてみて下さいね。

少人数で使う

一人や二人など少人数で使う場合は20cm〜25cm程度のサイズがおすすめです。

少人数であれば、カセットコンロの出番も多いとおもいますが、20cm〜25cmの溶岩プレートは一般的なカセットコンロにぴったりな大きさ。

大きすぎてもボンベにかかってしまったり、ボンベにかからないようにするとバランスが不安定になってしまいます。

バランスを崩して溶岩プレートを落としてしまったり、それによって怪我や火傷をしてしまう可能性があり、危険です。

だからこそ大きすぎず、使い勝手の良い20cm〜25cmのサイズを検討してみてはいかがでしょうか。

大人数で使う

大人数で溶岩プレートの使用を検討しているなら、30cm以上のサイズがおすすめです。

30cm以上は、溶岩プレートの種類にもよりますがファミリーサイズと呼ばれています。

大人数でのバーベキューといった場合でも30cm以上あれば、問題なく使用出来ると思います。

しかし、大きければ大きいほど溶岩プレートは重くなってしまうので、持ち運びの際は十分注意して下さい。

溶岩プレートの使い方の注意点

割れてしまった溶岩プレート

溶岩プレートは、もともと溶岩で作られているものなので割れてしまうことがあります。

割れてしまったりヒビが入ってしまった溶岩プレートは、その後使用してはいけません。

なぜなら、その溶岩プレートが吸い込んだ油から発火してしまう可能性があるからです。

カセットコンロ

カセットコンロで溶岩プレートを使用する際は、ボンベの上に溶岩プレートがかからないように注意しましょう。

それは、溶岩プレートでカセットコンロのボンベが熱されてしまい大変危険です。

最悪の場合は、ボンベが爆発してしまう可能性もあります。

溶岩プレートの洗い方、お手入れ方法まとめ

今回は、溶岩プレートの洗い方、お手入れ方法などを紹介致しました。

溶岩プレートはヘルシーなのにいつもよりも美味しく食材を焼けるアイテムです。

それだけでなく、煙がすくなかったり、食材が焦げ付きにくい等様々なメリットがあります。

そんな溶岩プレートは、お手入れが面倒くさそうと思われがちですが、実はとっても簡単なんです。

しかし、簡単ではありますが、とても重要でもあります。

お手入れを面倒くさがってしまうと、あなたの溶岩プレートが傷んでしまう原因となってしまいます。

せっかくの溶岩プレート、どうせなら長く大切に使いたいですよね。

だからこそ、しっかりとお手入れの方法を覚えていただき、実践して頂ければ嬉しいです。

溶岩プレートで美味しく、快適にバーベキューやおうち焼肉を楽しんで下さいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる