アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説

  • 2019年7月10日
  • 雑学
  • 217View

何となく水を意味しているというのはわかる「アクア」という単語。

厳密にアクアを説明するとどのような意味なのでしょうか。
また、ウォーターとは何が違うのでしょうか。

本記事はアクアの意味について解説しています。

 

アクアの意味とは

アクアはラテン語が語源となっていて、その意味は「水」の事を指します。

水という事に関してははお察しの通りでしたね。

ただ少し水と言っても、ニュアンスが違ってくるのです。

 

アクアとウォーターの違い

アクアも水。
ウォーターも水。

意味としては同じですが、その幅に違いがあります。

たとえばウォーターの場合は飲み物や水道水などに近いニュアンスがあります。

それと比較してアクアの場合は水といっても幅広い水の事を指します。
飲料水だけではなく、色(水色、)や水溶液、施設など、水全般の事を指すのがアクア。

また、アクアリウムという言葉をご存知でしょうか。
アクアリウムは簡単に言えば水族館の事。
アクアリウムにもアクアという言葉が使われていることが分かります。
これは水族館の水を総称して言っているんですね。

また、アクアは他の言葉と合わせて使われることが多いと覚えるのも効果的です。

 

たとえば「アクア○○」といった感じ。

  • アクアリウム
  • アクアマリン
  • アクアエクササイズ
  • アクアチント

など。

 

 

 

アクアとウォーターを分かりやすく視覚化するとこんな感じ

アクアの場合

aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説

aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説 aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説 aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説

これを見るとわかるのですが、アクアの場合は水に広がりを感じますよね。
また、印象も透き通っていると感じます。
このように水を抽象的に考え表現された言葉がアクア。

このような透明感を与えるイメージがあるアクアという言葉からトヨタの車も「透明感のあるイメージ」そしてアクアと名付けられた車種が存在します。

 

ウォーターの場合

aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説 aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説 aqua7 アクアの意味やアクアとウォーターとの違いを誰でも分かるように解説

ウォーターの場合はこのようにピンポイントで水の事を指す場合に使います。
画像を見るとわかるのですが、画像を見ただけで何の事が分かりますよね。

こういった場合に使用するのがウォーターです。

 

何となくイメージできませんか?

言葉なので定義はあっても厳密に使用されることはありません。
ですのでアクアという言葉自体を理解するのはなかなか難しいかと思いますが、上記の画像を見て視覚化してみると、割と分かりやすいのではないでしょうか。

アクアの意味についてまとめると水。
ただしアクアが指す水については幅が広く抽象的なもの。
そしてアクア+○○○と合わせて使われることが多い。

それに対してウォーターは飲料水など、特定の物(具体的なもの)に対して使用されることが多い。

このように覚えておくと分かりやすいかと思います。