栗の茹で方まとめ!【ためしてガッテン流・圧力鍋・炊飯器】

「ある日、突然実家の親から栗が大量に送られてきた。」

「栗を食べるとしても、すでに皮がむいてあるものしか食べたことがない。」

「そういえば親が栗を茹でていたけど詳しい方法ってわからないな。」

ということで本記事では栗のただし茹で方をご紹介。

その中でも代表的な

  1. ためしてガッテン流
  2. 圧力鍋
  3. 炊飯器

この3つの方法を解説していきます。 

ためしてガッテン流の栗のゆで方とは

この方法はなんと栗の甘さが6倍になるというもの。

栗のゆで方の新常識というものです。

ためしてガッテン流というのは土鍋を使用してじっくり入れるという方法。

準備するもの

  • 土鍋

ためしてガッテン流の栗の茹で方は基本的に皮をむいた後に行うものです。

ですから、先に栗の皮をむいておかなければなりません。

まずは皮のむき方、そしてためしてガッテン流のゆで方をご紹介します。

 

準備:下処理

まず栗はゆでる前に下処理をしなければなりません。

これは炊飯器で栗をゆでる場合も、圧力鍋で茹でる場合も共通してやっておかなければならないことです。

下処理と言っても方法は簡単。

一番初めにやることは虫出し。
方法は簡単で栗を大きめの容器に入れ一晩程度、水に浸けておくだけです。

これだけで下処理は完了。

 

圧力鍋で栗を茹でる方法

手順1 栗の先端に切れ目を入れる

栗の頭の尖った部分がありますよね。
この部分に十字になるように切れ目を入れましょう。

その理由は後に皮をむきやすくするためです。

 

手順2 圧力鍋に入れる

栗のとがった部分に十字の切れ目を入れたら次は圧力鍋に水を入れていきます。
水の量は栗が全て浸るぐらいで問題ありません。

栗と水を入れ終わったら、圧力鍋に蓋をしてください。
そして重りを乗せて火にかけましょう。

 

手順3 10分加熱

その後は10分加熱し、火を止めましょう。

そして圧力鍋は自然減圧してください。(要するに放置)

圧力は圧力鍋によって若干の差がありますが、筆者が実践した敵は一番弱い加圧で約8分でできました。

 

手順4 皮をむいてみよう。

圧力鍋で茹でた後は、ものすごく栗の皮が剥きやすくなっています。

むく方法は、茹でる前に十字の切れ目を入れた部分に包丁を使用してむきます。

硬い皮(鬼皮)をむいた後は渋皮が残っていますが、こちらも包丁使用して簡単に向くことができますよ。

 

手順5 完成

ここまでで一般的に圧力鍋で栗をゆでる方法は終わりです。
ですからこの状態で栗を食べることができますが、下部で説明する試してガッテン流の方法を加えるだけで格段に甘くなるので、食べるのはもう少し待ってくださいね。

もちろん我慢できない方は食べてもいいですよ。(笑)

圧力鍋を持っていない人は、栗以外にも様々な時短料理に使えるので一つは持っておきましょう。
安いものから購入しても問題ありません。

 

炊飯器で栗を茹でる方法

圧力鍋がないという方も炊飯器ならば持っている事でしょう。炊飯器でも問題なく栗を茹でることができます。

手順1 栗と水を入れる

茹でる分だけの栗を炊飯器に投入してください。
そして、栗が浸るくらいまで水を入れましょう。

このときに入れる水の量を測っておいてください。
入れた水の量に対し、塩を約2%入れましょう。

水100ml なら塩2g

 

手順2 炊飯スイッチを押す

後は炊飯スイッチを押すだけで、栗をゆでることができます。
ただしやはり圧力鍋で栗を入れた方が皮はむきやすいです。

また、炊飯器で栗を入れる際も栗の先端部分(尖っている部分)に十字の切れ目を入れておくことで、皮をむきやすくなります。

 

 

ためしてガッテン流で甘みをプラス!

概要

上記の圧力鍋で栗を茹でる方法、炊飯器で栗を入れる方法を行い、皮をむき、すでに食べられる状態にしたら、次は試してガッテン流で栗をゆでるという工程を加えるだけで甘みを簡単にプラスする事ができちゃうんです。

つまり、ためしてガッテン流とは、圧力鍋で茹で、ガッテン流でゆでるという「茹でる行為を2回繰り返す」という事なんですね。
厳密に言えばガッテン流は茹でるのではなく加熱。

ではさっそくその手順を紹介します。
メチャクチャ簡単ですよ。

 

栗を選ぶ

圧力鍋または炊飯器で茹で終わった栗を濃度3%の食塩水に入れてください。

  • 水1リットルであれば塩は30g
  • 水100ml なら塩は3g

水につけると浮かんでくる栗、沈む栗それぞれ現れてきます。

そして沈んだ栗が甘くて加工しやすい栗

これを行うことにより、どれが甘い栗なのかを選ぶことができると同時に、もう一度茹でても崩れにくい栗を選ぶことができるのです。

もちろん沈まなかった栗もためしてガッテン流で茹でても大丈夫です。
ただし崩れてしまう可能性はないとは言い切れないので、この時点で食べるか入れるかはあなたの判断にお任せします。

 

チルド室で寝かせる

栗を選別したら次はチルド室で、3日~30日寝かせます。

寝かせるポイント

  • 栗を3日寝かせると糖分は2倍
  • 栗を30日寝かせると糖分は4倍

 

早く食べたければ3日で問題ありません。

3日の10倍である約1ヶ月寝かして糖分も10倍になってくれたら、1ヶ月我慢して寝かせるんですけどねぇ…。

ここはお好みで。

チルド室に入れなければならない理由は、冷蔵室よりも温度が低く、冷凍庫よりも温度が高い0~1℃前後に保たれているからです。

チルド室の温度を利用する事により、栗の性質を利用し糖分を増すという方法。

栗は春に発芽しますが、そのためにはまず冬を乗り切らなければなりません。
冬を乗り切るためにはアミラーゼをたくさん作らなければならないのです。

アミラーゼはでんぷんを糖に変えます。
発芽するには糖が必要。

これは人間と同じように動くには糖が必要なのと同じ。
春の発芽のために糖を必要とし、それにはアミラーゼが必要ということになるんですね。

つまりチルド室に栗を入れておくというのはクリに冬だと思い込ませることにより、アミラーゼをたくさん作らせ、栗に含まれるデンプンを糖に変えてくれるのです。

だからチルド室に入れておくと甘くなります。

 

土鍋で加熱

3日以上、寝かせたら次は土鍋で加熱していきます。

  • 土鍋に蒸し皿を敷く
  • 一対一の割合で水を入れる(栗500グラム:水500ml )
  • 土鍋に蓋をし1分加熱
  • その後10分蒸らす

これで完成します。

ここでのポイントは水を沸騰させなくてもよいということ。
1分間加熱する事により温度が70度前後まで上昇します。
40度~70度前後がアミラーゼが一番活性化する温度。

アミラーゼが活発化する事により、より糖が生み出され栗が甘くなるという流れです。

 

栗をゆでるときはガッテン流もプラス!

圧力鍋や炊飯器で栗をゆでることは可能ですが、そのあとにガッテン流の工程も加えることで、栗を何倍も美味しく食べることができます。
寝かせる時間が必要なのですぐに食べたい方には不向きかと思いますが、美味しく食べたい方にオススメしたい方法です。

本当に甘くなる方法なので一度試してみてくださいね。

栗はどれだけ持っていても、飽きずにおいしく食べられます。

もともとおいしい栗を通販で購入してから、ためしてガッテン式を実践するともっとおいしく食べられます。

41ih59934xL 栗の茹で方まとめ!【ためしてガッテン流・圧力鍋・炊飯器】

Su-eat 小布施栗(生栗) 産地証明書付き (2キロ)

4,980円(10/16 04:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

栗が余ってしまったら!

栗が余ってしまったら消費期限を延ばすために適切な保存をしましょう。

以下の記事では生栗、ゆで栗それぞれ適切な保存方法について解説していますのであわせてごらんください。

知っておいて損はないですよ。