実家暮らしは甘えか?嫉妬や羨ましいから批判される?

実家暮らしは甘えか?嫉妬や羨ましいから批判される?

家事の負担や、金銭的な負担が減る実家暮らし。ですが、実家暮らしは甘えであるというイメージはありませんか。果たしてそれは本当なのでしょうか。今回は実家暮らしは甘えかどうかについて紹介していきます。

目次

実家暮らしは甘え?

まずは、本当に「実家暮らしは甘え」と考えている人がいるのでしょうか。

SNS上に実際にあったコメントを取り上げようと思います。

一人暮らしをして気づく実家暮らしでの甘え

こちらの方は、おそらく最近一人暮らしを始めたのでしょう。

今までの実家暮らしでは家事などを何もしてこなかったため、実家暮らしは甘えということを身をもって感じているようです。

確かにこのように、自分自身で「実家暮らしの時は甘えっぱなしだった」と感じる方は多いのではないでしょうか。

そのような感情は、一人暮らしをして初めて気がつきますよね。

一人暮らしの人の前では何を言っても甘え

この方は実家暮らしをしているのでしょう。一人暮らしをしている人に対して尊敬の念を感じているからなのか、何を言っても甘えと思ってしまうようです。

これはおそらく、自分が実家暮らしをしていることに対して、少し引け目を感じているというのもあるのではないでしょうか。

実家暮らしをしている理由は人それぞれ異なりますが、実家暮らしをしているというだけでなんとなく甘えているというイメージがあるため、このような感情になるのだと思われます。

一人暮らしの人にとっては実家暮らしは甘え

少々厳しめの意見もありました。

一人暮らしの人にとって、実家暮らしの人は甘え。一人暮らしをしたことがない人は、一人暮らしの大変さは分からないだろうという声です。

この方の偏見も含まれている意見だとは思いますが、一人暮らしが大変なことは確かですよね。

「実家暮らしは甘え」という声は、自分自身で甘えだと感じている方だけでなく、一人暮らしをしている人側からも出る意見だということが分かりました。

一人暮らしの方が偉い

一人暮らしをしていて、「一人暮らししているなんて偉いね」と言われた経験がある方は多いと思います。

一人暮らしをしているだけで、「親元を離れて生活していて偉い」と思ってしまうのでしょう。年齢が若ければ若いほどそう思う傾向が強いですよね。

この方も一人暮らしをしているようで、偉いと言われることがあるようです。

しかし、実家暮らしにも実家暮らしなりの苦しさがあるのではないか、という意見も持っています。

実家暮らしをしていて、この意見に共感できる方は多いのではないでしょうか。一人暮らしの方が偉いという一般的なイメージがあるために、実家暮らしが甘えているというイメージがついてしまうのでしょう。

なぜ実家暮らしが甘えと言われるのか?

では、なぜそのような「一人暮らしは偉い」「実家暮らしは甘え」というイメージがついてしまっているのでしょうか。

もちろん実家暮らしをしている理由はそれぞれ異なりますから、自立した上での実家暮らしなのに甘えていると思われてしまうのはむかつきますよね。

実家暮らしが甘えと言われる理由を、こちらのSNS上の意見を参考にしながら紹介していきたいと思います。

一人暮らしは毎日自分でご飯を用意する必要があるため

一人暮らしが大変だと思われる一番の理由は、毎日自分で料理をしたり、ご飯を用意したりする必要があるという点ではないでしょうか。

こちらの方は夜帰宅し、そこから自分でご飯を作るのが大変なため、「一人暮らしは偉い」と感じているようです。

疲れて帰宅した際、すでにご飯ができている状態が望ましいと感じるのは当然のことですよね。実家暮らしの場合、親がご飯を作ってくれているケースや食材が常備されているケースがあります。

これらのケースに対して一人暮らしの方は、羨ましい気持ちになったり嫉妬してしまったりするのでしょう。そして、「実家暮らしは自立していない」「実家暮らしは甘え」という感情につながってしまうのだと思われます。

一人暮らしは家事全般をすべて行う必要があるため

一人暮らしは自分で食事を調達しなければいけませんが、考えなければならないのはそれだけではありません。

この方が言うように、洗濯や掃除、他にも食器洗いや片付けなど家事のすべてを自分でしなければなりませんよね。

一人暮らしの方にとって、これはとても負担を感じる要素になります。

実家暮らしだと親が家事をしてくれることが多く、自分が手伝ったとしても基本は分担作業ですよね。実家の家事をすべて自分が行うというケースは少ないのではないでしょうか。

そのため、実家暮らしが羨ましいという感情から、実家暮らしが甘えという発想につながるのだと考えられます。

一人暮らしは家賃・光熱費を自分で払う必要があるため

一人暮らしだと、家賃や光熱費、その他もろもろの生活費全て自分で支払わないといけませんよね。これも実家暮らしが嫉妬されるひとつの原因であると考えられます。

この方は、実家暮らしをしているお友達の「お金がなくなったからバイトする」という発言に、羨ましさを感じています。

一人暮らしをしているこの方とは「違って」とあるので、おそらく「お金がなくなった」というのは、遊ぶためのお金のことだと思われます。お友達は、家賃や光熱費はご家族の方に払ってもらっているのでしょう。

この方とお友達との間には、金銭感覚の違いが生まれてしまっています。

一人暮らしが偉いと思われるのは、このような経済的な自立も背景にありますよね。

学生ならバイトをして家賃や光熱費を自分で支払わなければいけませんし、遊ぶためのお金が足らなくなってしまうことだってあります。

遊ぶためのお金さえ稼げればいい人に対しては、「実家暮らしは良いなあ」と思ってしまうのも自然かもしれませんね。

一人暮らしは常に一人なため

一人暮らしは当然ですが、常に一人ですよね。そのため一人暮らしと実家暮らしは、家にいる時に話し相手がいるかどうかも異なる点です。

家族と仲が良かった方、おしゃべりが好きな方にとっては、周りに家族がいる実家暮らしは羨ましいと感じてしまうのではないでしょうか。

こちらの方が帰省する度に「仕事の愚痴やテレビ番組の感想を話せるのは良い」と感じているように、一人暮らしだと喋る相手がいなくて寂しくなる経験がありますよね。

実家暮らしの方は家族と一緒に過ごす時間を大切にするべきという意見を持っています。

実家が遠っかたり仕事が忙しかったりで、帰りたくてもなかなか帰れない人が、実家暮らしで家族と仲良くしている姿に嫉妬してしまうこともあるでしょう。

そのような感情から「実家暮らしは甘え」と思ってしまう人も、中にはいると考えられます。

また病気の際やトラブル時、一人暮らしだとすべて自分で解決しなければならず、親を頼ることができません。そのため、そのようなケースで親を頼る姿は、精神的に自立していないと思われてしまうのです。

実家暮らしで甘えている人の特徴

以上のように、「実家暮らしは甘え」という感情は、実家暮らしに対する嫉妬心からくるものだということが分かりました。

そのため、

  • 食事を毎日親に作ってもらっている
  • 家事全般を親にやってもらっている
  • 家賃や光熱費などの生活費を払っていない
  • 精神的に自立できてないため、何かと親を頼る

このような方は一人暮らしの方からすると、甘えた実家暮らしを送っていると思われてしまう可能性があります。

実家暮らしで甘えていない人の特徴

しかし、実家暮らしをするのには人それぞれ理由があります。

経済的にも精神的にも自立した上で、実家暮らしという選択をしている場合だって当然あります。

実家暮らしをしている人の中で、甘えた生活をしている方がいるのは事実ですが、だからと言って「実家暮らしは甘え」という考えは、とても偏った意見なのです。

事実暮らしでも、甘えていないという人の特徴をいくつか紹介します。

もし実家暮らしをしている方で、「私は甘えているのかな」と不安に思ったとしても、以下に当てはまるのであれば何の問題もありません。自信を持って実家暮らしをしていただければと思います。

家賃や生活費などを入れている

実家暮らしが甘えだと思われる理由のひとつに、家賃や光熱費などを親に払ってもらっているというものがありましたよね。

ただ実家暮らしだからといって、お金がかからないですんでいるというのは偏見です。

実家に収入の何割かを入れ、毎月の家賃や光熱費、その他の生活費を負担している人もたくさん存在します。そのような方は、一人暮らしの人と同じような金銭感覚を持っているはずです。

家事や食事の用意を行っている

また、料理を作ったり掃除をしたり、家事全般を積極的に行っている方は「甘えていない」と言い切っていいでしょう。

生活において家事はとても負担の大きいことですから、それを自分が担当しているということは、自立しているということになりますよね。

もちろん個人差はありますが、一人暮らしの方よりも家事の負担が大きい方だっています。

目的があり期限を決めている

例えば資格の習得や、前職と次の職との勉強期間など、一時的に実家で暮らすケースもあります。

ちゃんとした目的や目標があるのであれば、その期間に実家の経済力や親に頼ったとしても何も恥ずかしいことはありません。あなたと親しい人であれば甘えてるなんて思わないですし、応援してくれるはずです。

逆に今まで離れていた親と共に過ごすことで、改めて家族の存在のありがたさを感じられるかもしれません。

自分の健康状態が理由

体の調子が悪かったり心の状態が不安定になったり、健康状態が理由で実感暮らしをする場合だってあります。

例えば東京で一人暮らしをしながら働いていたが、体を壊して地方の実家に帰るなど。

そのような時は、甘えているなんてことは考えず、ゆっくり休むに限ります。中には体の調子が悪くなりながらも働いている人もいますが、決してそのような人が偉いということはありません。

家庭の事情が理由

ご家族に介護が必要な方がいるなど、家庭の事情で実家に暮らす必要がある方もいるでしょう。

このような場合、他人には知るよしもない事実です。だからといって「実家暮らしは甘えている」などと言ってくるような人を相手にするのも時間の無駄ですから、エネルギーを使ってまで家庭の事情を離す必要はありません。

とやかく言う人のことは気にしないのが一番です。

ただ一人暮らしをしている方は、一人暮らししたくても実家で暮らす必要のある人がいるという事実も、理解しておかなければいけないということです。

実家暮らしが甘えと言われたときのかわし方

上記のように、実家暮らしをしている理由は人それぞれ異なります。

自立した上であえて実家暮らしをしている人もいますし、一人暮らしをしたくてもできない場合もあります。

しかし、「実家暮らしは甘え」と言ってくるような人を相手にしても、ストレスがたまるだけです。

そんな時は以下の口実を使って上手くかわしてしまいましょう。

「生活費入れているから」

これは、経済的にも自立をした上で、総合的な判断で実家暮らしをしているということをアピールするための口実です。

実家暮らしだって一人暮らしと同じくらいお金がかかることだってあります。

実家暮らしがお金がかからなくてずるいという声を黙らせましょう。

「職場が近いから」

これも総合的な判断で実家暮らしをしているというアピールですね。

一人暮らしをする必要性がないからしていないだけ、ということを主張するのです。

「親の面倒を見ないといけないから」

介護が必要な家族がいる場合や、親の面倒を見なければいけない場合もありますよね。

正直に言ったとしても、相手が大人であれば共感してくれることでしょう。

「結婚するまでは家にいようと思って」

実家暮らしの生活に甘えていると思われるかもしれませんが、特に女性の場合は結婚するまでは実家にいるというケースも多いのではないでしょうか。

親に「結婚するまで家にいなさい」と言われているケースもあるでしょう。

このようなパターンで、批判をかわすという選択肢もあります。

実家暮らしのメリット

金銭的余裕が生まれる

一人暮らしの場合、家賃や光熱費、生活費などをすべて支払わなければならず、収入が増えてくるまではかなりの負担になりますよね。

実家暮らしであれば収入の何割かを家に入れたとしても、生活費などは家族と負担を分けることができます。

そのため特に若い頃は、金銭的な余裕が生まれるというメリットは大きいと思います。

家事を分担できる

一人暮らしは、家事をすべて自分で行わなければなりませんでしたよね。

実家暮らしであれば家族がいるので、家事を分担し、一人の負担を軽減することができます。

帰宅時にすでに料理ができているというのも、実家暮らしの特権でしょう。

病気やトラブル時に助けを求められる

家族がいれば、何か困った時に助けを求めることができますよね。

特にそれを時間するのが、風邪をひいたときではないでしょうか。

熱が出て身動きできない状態になってしまった場合、一人暮らしだと食事をするのも買い物に行くのもとても辛いですが、実家暮らしであれば、親に必要なものを買ってきてもらえます。

家族と共に過ごす時間が増える

一人暮らしだと、実家には年に数回帰省するだけという方が多いですよね。

残りの生涯に会える時間を換算すると、寂しいほどに少ない日数になってしまいます。

家族と共に過ごす時間があるということは、とても幸せなことなのです。

地元の友達と会う機会も増える

家族だけでなく、地元の友達と会う機会が増えるのもメリットのひとつではないでしょうか。

小中学生、高校の友達と大学進学や就職などで離れ離れになってしまうと、なかなか会えなくなってしまいますよね。

実家に暮らしていれば、そのような友達とも頻繁に会ったり遊んだりすることができます。

実家暮らしのデメリット

社会人としての経験にならない

一人暮らしは、賃貸契約や引っ越し、役所への手続きや公共の料金の支払いなど、様々なやり取りを自力ですることになります。

これは社会人として自立をするという面では、とても良い経験になります。

意外と一人暮らしをしてみないと知らなかったことがたくさんあるのです。

金銭感覚が身に付かない

実家暮らしをしている際、電気代や電気代はどのくらいで、住民税はいくら払っているなどを気にする機会は少ないのではないでしょうか。

一人暮らしを始めると、それらの金銭的な一般常識が自然と身に付きます。

これは将来結婚した時や家庭を持った時などにも役に立つ経験です。

社会の厳しさ・親のありがたみが分からない場合も

これに関しては完全に個人差ですが、実家暮らしを続けている人の中には、社会の厳しさや親のありがたみが実感できないまま時を過ごしてしまうという可能性もあります。

一人暮らしを始めると、料理を1品作るだけでも大変だということ、仕事帰りの疲れた状態で家事をするのは大変だということを身に染みて感じることでしょう。

それを当たり前のようにやってくれていた親のありがたみを、一人暮らしをすることで初めて実感した方もいると思います。

ですがこれは、実家暮らしをしている方でも、家事が大変だということや親の存在がありがたいということを知っている方もいますから、一概に言えることではありません。

婚期が遠のく

これは女性の「実家暮らしをしている男性は甘えていて自立していない」という、偏見からくるものです。

そのため恋人がなかなかできなかったり、恋人ができたとしても結婚まで至らなかったりというケースがあうようです。

もちろん実家暮らしであっても気にしない人はいます。中にはそういう人もいるということです。

一人暮らしでも自立していない人の特徴

では最後に、一人暮らしをしている人は本当に自立しているのかどうかについて考えていきたいと思います。

結論から言うと、一人暮らしでも自立していない人は一定数いると考えられます。

その特徴をいくつか紹介します。

仕送りに頼っている

一人暮らが偉いと思われるポイントは、家賃や光熱費を自分で払っているという点ですよね。

しかし、たとえ一人暮らしをしていても、親からの仕送りに頼って生活していたら決して自立しているとは言えないでしょう。

学生時代の一人暮らしは、本業は勉強ですから仕送りをしてもらうのも理解できますが、社会人になっても仕送りをもらっている場合は甘えているのと同じなのではないでしょうか。

家事を手伝いに来てもらっている

一人暮らしを始めたものの、料理や家事が苦手すぎて自分で行うのが苦痛な方もいるでしょう。

そういった際、親に家事を手伝いに来てもらうという方はいませんか。親が定期的に訪れ、部屋の掃除や料理の作り置きをしてもらうなどのことです。

このような方も、自立しているとは言い難いでしょう。

実家暮らしは羨ましさや嫉妬心から甘えと思われやすい

今回は実家暮らしは甘えかどうかについて紹介してきました。

実家暮らしは親と一緒に生活できることから、金銭的な余裕が生まれ家事も家族で分担できるので、一人暮らしに比べると一人の負担が少なくなります。

そのため、羨ましさや嫉妬心から、「実家暮らしは甘え」と思われやすいということが分かりました。

ですが、実家暮らしをしている理由は人それぞれです。

  • 実家に生活費を入れている
  • 家事や食事の用意を行っている
  • 目的があり期限を決めている
  • 自分の健康状態が理由
  • 家庭の事情が理由

上記のような場合、実家暮らしは甘えなんてことを考える必要はありません。

また、たとえ一人暮らしをしていても、自立しているとは言い難い場合があります。

親からの仕送りに頼る、家事を手伝いに来てもらうなどです。

そのため、「実家暮らしだから甘え」「一人暮らしだから自立をしている」という方程式は成り立たないということが分かっていただけたかと思います。

実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい

実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい

曽根 愛
990円(01/25 19:17時点)
発売日: 2015/02/20
Amazonの情報を掲載しています
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる