IH非対応を対応させる方法!鍋やフライパンを使う時の最終手段

  • 新しくフライパンを買ったのにIH非対応だった!
  • せっかく高いお金を出してを買ったのにIH使えないじゃん…。

このようなことにお困りの方は非常に多いです。

ですがご安心ください。

IH非対応の鍋やフライパンでもIHに対応させる方法があります。

本記事ではIH非対応の調理器具を対応させる方法について解説しています。

なぜIHに対応していないと使えない?

今までガスコンロで使っていたフライパンや鍋は、IHヒーターになるとなぜ使えなくなるのでしょうか。

IHの正式名称はインダクション・ヒーティング。
これを日本語に直すと電磁誘導加熱。電磁誘導加熱の仕組みは、コイルに流された電流により鍋やフライパンを温めるというもの。つまりIHヒーターに使える調理器具は、電流が流れやすい素材で作られている物でなければ熱くならないのです。

電流を流しやすい素材というのは鉄。

今までガスコンロに使用していたフライパンや鍋の素材はアルミやセラミック、そして土鍋がほとんどです。
これらは極端に熱効率が悪くなるため、IHに対応していないのです。

ただし、これらの素材でも鉄を少量まぜてIHに対応させている場合があります

 

IH非対応を対応させる方法

ヒートコンダクターの使用

結論から言えば、IHに対応していないフライパンや鍋は、ヒートコンダクターというものを使用する事で解決します。

IH非対応の鍋やフライパンをIHヒーターで加熱するとおこる事には2種類あります。

  1. 過熱しすぎてしまう。
  2. 全く加熱されない。

IHヒーターにIH対応していない調理器具を乗せると上記の2パターンに分れます。

上記の項目で起きる問題は過熱による火災の危険性。
加熱されないことにより料理ができないこと。

この2つが起こりえます。

そこで、過熱や温まらないという問題を解決してくれるのがヒートコンダクターです。

ヒートコンダクターをIHヒーターとIH非対応の調理器具の間に挟むことで、熱効率をIH対応の調理器具にできるだけ近づけることにより、調理を可能とします。

ただしこれには、様々な意見があり、「使えた」という方と「全く使えなかった」という方がいます。
ヒートコンダクターを使用するには自己責任でお願いします。

 

ヒートコンダクターの注意点

使えなかったという方は、土鍋のような厚いものを使用していた方が多く見られます。

実際に商品の注意書きに底厚目安:1.5cm以下と記載されてあります。
ヒートコンダクターはIHが使えない鍋やフライパンをIHヒーターで使うための最終手段として使用しましょう。

土鍋専用のヒートコンダクターは土鍋の底に入れるタイプが主流です。
フライパンにも使用できるヒートコンダクターはIHとフライパンとの間に挟むタイプが主流。

もちろん使用は自己責任でお願いします。

一度ご自身の目で商品を必ずチェックしてから購入してくださいね。

プレートには土鍋専用のものと、フライパンや鍋両方に使えるモノがあります。

 

 

IH対応と非対応を間違えないために

目視する

一番確実な方法はタグやシールを目視する方法です。

IHに対応している鍋やフライパンは、タグやシールに対応しているのか非対応かが明記してあります。
現在販売しているのでは全てIH対応だと思い込んで買うと、非対応という事があるので気をつけてください。

店頭で購入する前には必ずチェックしておきましょう。

 

アマゾンでチェック

万が一購入したい商品のタグやシールがはがれていてチェックできない場合は、同じ商品を amazon でチェックするとIHかどうか確認する事ができます。店頭からAmazonにアクセスして、商品情報を確認しましょう。

またその際、Amazonの方が格安のことがあるので、Amazonで購入しそっと店を去る…なんてことも…。
もちろん急ぎでなければですが。

ちなみに筆者は店頭でモノを購入する時はAmazonでチェックする癖がついているので、Amazonの方が安ければそちらで買うようにしています。
安いに越したことはありませんからね。

 

底面で確認

IHに対応している鍋やフライパンは、必ず底が平らになっています
その理由はIHヒーターとIHフライパンは底を平行にして密着させなければ熱効率が悪くなってしまうからです。

そこが丸くなっていたり、凹凸があるフライパンは、IH非対応の可能性があるので気をつけてください。

 

店員さんに聞く

店員さんなら、必ず教えてくれます。
もしその店員さんが詳しくなくとも、担当者やメーカーに問い合わせて確実な答えをもらえるので、近くに店員さんがいる場合は聞いてみるのが良いでしょう。

 

SGマークの確認

今後IH対応の器具を購入するためには SGマークの確認をしましょう。
SGマークというのは製品安全協会に認められた商品にのみ与えられるマーク。

安全にIHを使用するのであればSGマークのチェックも併せて行ってください

 

奥に眠っている鍋を使おう

引っ越した先がIHしか使えなかったという方は、IH非対応のフライパンや鍋が奥底に眠っているかもしれません。

IH非対応のまま使うのは絶対によくありませんが、ヒーティングプレートを使用する事で、使えるようになるかもしれませんのでぜひチェックしてみてください。

全ての調理器具をIH対応に変えるのも、お金がかかりすぎてしまいますしね。

ただし、必ず注意書きを読んで自己責任でお願いします。