リトマス試験紙の作り方!自宅でリトマス試験紙の代用品を作ろう

  • 2019年6月7日
  • 雑学
  • 26View

小学校の理科の授業ではリトマス試験紙を使うのですが、学校以外では確実に見かけることがありません。

授業の復習や宿題などでリトマス試験紙を使用した問題があった場合、家でリトマス試験紙を使いたくなることがあるかもしれません。
確率は低いですが(笑)

そこで本記事では、リトマス試験紙の作り方について解説。

厳密に言えばリトマス試験紙を作ることは不可能なので、リトマス試験紙と同じ効果がある代用品の作り方について解説しています。

通常のリトマス試験紙の作り方

青いリトマス紙の作り方

リトマス試験紙の原材料はリトマスゴケというものからできています。
ざっくりとリトマス試験紙ができる工程を解説しますね。
リトマス紙から抽出した青い粉を水に溶かすことにより青紫色をしたアルカリ性の水溶液ができます。
この時の水溶液は pH 測定器で測ると、9.46になります。
このアルカリ性の水溶液を、紙に染み込ませた後に乾燥。
その後、切ったら青いリトマス試験紙の完成です。

赤いリトマス試験紙の作り方

赤いリトマス試験紙を作り方は、さきほど作った青紫水溶液に酸性を加えます。

青紫のリトマス試験紙に酸性の液体をまぜたら、 pH 測定器は、4.79を示します。
これは酸性です。
さきほどの青いリトマス試験紙と同様のその後紙に染み込ませ完成させると赤いリトマス試験紙の完成です。

学校で使用しているリトマス試験紙はこのようにして完成しています。

 

ただし自宅で作るとなると、pH測定器や酸性の液体を準備しなければならないので非常に手間。

ですからリトマス試験紙を自宅で作るには、代用品を作るしかありません。

 

リトマス試験紙の代用品を作ろう!

準備するもの

  • 紫キャベツ
  • 無水エタノール
  • キッチンペーパー
  • 沸騰したお湯
  • カップやボウル
  • 茶こし
  • ハサミ

具体的な手順

まず一番初めに紫キャベツを千切りします。
用意したカップまたはボールに千切りしたキャベツと無水エタノールを投入しましょう。

その後紫キャベツとエタノールが入ったカップを沸騰したお湯で湯煎してください。
使用するカップは熱に強いものを使ってください。

この場合、湯煎という言葉は正しいのか分かりませんが、沸騰したお湯で湯煎する事により、紫色のエタノールを抽出する事ができます。
この紫色のエタノールはさきほどリトマス試験紙を作り方で説明した青紫色の水溶液と同じものです。

紫色の水溶液が抽出できたら用意した茶こしで水溶液と紫キャベツをこしていきましょう。

これで試験液の完成です。

この試験液をキッチンペーパーに染み込ませることでリトマス試験紙の代用品として使うことができます。

代用品の注意点

通常のリトマス試験紙であれば、酸性は赤、アルカリ性は青に近い色を示しますが、今回作った代用品のリトマス試験紙は少し色が違うので注意してください。

酸性・・・ピンクから赤色に変化
アルカリ性・・・緑から黄色に変化

このような違いがあるので気をつけてください。

なぜ紫キャベツを使う?

リトマス試験紙の代用品を作るときの原材料として挙げられるのが主に紫キャベツ。

実はその他の原材料でもリトマス試験紙の代用品を作ることができるのです。

  • 赤紫蘇
  • 紫芋
  • 紅茶
  • 緑茶
    ハーブティ
  • ぶどうの皮
  • ブルーベリー
  • ビルベリー
  • オレンジの皮
  • アジサイ

などもリトマス試験紙の代用品を作るときの原材料として使用する事ができます。

なぜ全ての果物や野菜ではつくれず、これらの原材料に指定されるのでしょうか。

それはアントシアニンという成分によるもの。
アントシアニンでなければならない理由は pH に反応しやすいということが挙げられるからです。

リトマス試験紙は市販されていない?

上記ではリトマス試験紙の代用品の作り方を説明しました。

ただし、面倒くさい方はリトマス試験紙を直接購入した方が良いです。

実は、リトマス試験紙は市販されています。

主に薬局で鳥扱われていますが、ニッチな商品ですので取り扱っていない薬局がほとんど。
電話で確認してから足を運ぶと良いでしょう。

確実にリトマス試験紙を手に入れる方法

ネット通販で買うことです。

特にアマゾンが発送する商品であれば、翌日にはリトマス試験紙を配送してくれるので非常に助かります。

リトマス試験紙の代用品を作るのが面倒くさいという方は、ネット通販や薬局でリトマス試験紙を検索してみてください。

1000円もあればお釣りがくる程度で購入する事ができます。

リトマス試験紙代用品のメリット

リトマス試験紙は赤から青に、青から赤にという変化をします。
色の変化はこの2パターン。

しかしリトマス試験紙の代用品の場合は、少し違うと説明しました。

酸性はピンク、赤色に変化。アルカリ性は緑、黄色に変化すると説明しましたね。

これは、厳密に言えば色が違うのでは無く、色の変化を細かく示してくれるという事。

実はリトマス試験紙そのものよりもリトマス試験紙の代用品の方が細かくテストする事できるのです。

リトマス試験紙は言ってしまえばざっくりとしか判定する事ができません。

ですがこれは一般的なリトマス試験紙の話で蟻、しっかりと細かく色を判定する事ができるリトマス試験紙もあります。

細かく phを調べたいのであればそのようなリトマス試験紙を使ってみてはどうでしょうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!