加湿器に塩は入れる?必要な場合と理由、その仕組み

加湿器に塩は入れる?必要な場合と理由、その仕組み

加湿器に塩は故障の原因に

加湿器に塩を入れると良いということを聞いたことはありませんか?塩を入れると何かしらの効果がありそうに感じますが、普通の加湿器に塩を入れてはいけません。

加湿器に塩を入れたとしても、蒸気に塩の成分は含まれず、タンク内に残るだけなので何の意味も効果もありません。それどころか、加湿器を壊してしまう可能性のほうが大きくなってしまいます。

水に塩を入れて使用した場合、タンクやフィルターに結晶が残ってしまいます。その結晶が内部で詰まってしまい、故障の原因となってしまうのです。
また、塩の結晶がタンク内に残るので、掃除の手間も増えます。

塩を入れるといいと聞いたからと安易に加湿器に塩を入れることは絶対に止めましょう。

では加湿器に塩を入れるといいと言われる理由はいったい何なのでしょうか。

目次

加湿器に塩を入れるのは嘘?

電極式加湿器には必要

なぜ、加湿器に塩を入れたほうが良いという話があるかというと、昔の加湿器では塩を入れていたようです。必要なくなった今でもそのまま伝わっているのでしょう。

普通の加湿器に塩を入れる行為は絶対にしてはいけませんが、塩を入れなければならない加湿器もあります。
特に海外製の加湿器の一部は、食塩水を入れないと蒸気がでません。

なぜかというと、海外の一部の加湿器は電極棒を使って水に電流を流して蒸気を発生させるので、普通の水ではカルシウムやマグネシウムといった不純物が足りず、上手く電流を流すことができません。

上手く電流を流すために、塩を入れる必要があります。この方法で蒸気を発生させる加湿器を電極式と言います。

電極式の加湿器の仕組み

電極式の仕組みは、電極棒を水に浸して通電させます。その通電によって水中の不純物が運動を行い、その運動エネルギーが熱に変換されます。その熱を利用して水を加熱し、蒸気を発生させます。
不純物がない純水だと通電させることができないので、使用することができません。カルシウムやマグネシウムといった不純物が含まれている水を使うと良いでしょう。

加湿器に塩が必要な機種はある

日本にあるほとんどの加湿器は電熱式で塩を必要としません。

実際に加湿器に塩が必要な機種は、Vicks(ヴィックス)のスチーム式加湿器です。

Vicks(ヴィックス)といえば、ヴェポラップといった塗る風邪薬やのど飴のイメージがあります。ですが、世界最大の加湿器メーカーのKaz(カズ)とコラボして加湿器を作っています。

この加湿器はヒーターで水を温めるのではなく、電流を流して水を温めて蒸気を発生させる仕組みになっています。

機能性はもちろん、海外製品ならではの個性的なデザインが人気です。値段も安く、シンプルな作りで掃除もしやすいところも人気の一つです。

吹き出し口にガードがついていたり、過電流防止装置がプラグについていたりと安全面でも考慮されているので、小さいお子さんがいる家でも安心して使用することができます。

Vicksのスチーム式加湿器に塩を入れなければならない理由

塩を必要とする加湿器があることが分かりました。でもなぜ、塩を入れる必要があるのでしょうか?加湿器に塩を入れる理由を見ていきましょう。

電流の流れを良くするため

Vicks(ヴィックス)の加湿器は、水に浸った電極棒(炭素棒)に、電流を流すことでお湯を沸騰させて蒸気を発生させます。水に塩を入れることで、電気の流れを良くする働きがあります。
塩を入れないと、電気の流れが上手くいかず、蒸気がでないので、塩を入れる必要があります。

水の不純物の不足分を補う

Vicks(ヴィックス)の加湿器は電極式なので、水の中で通電させる必要があります。不純物が少ないと、上手く通電させることができず、スチームを出すことができません。スチームを出すためには水に不純物が多く含まれている必要があります。

日本の水道水は一般的に軟水だといわれています。軟水だとカルシウムやマグネシウムといった不純物が足りません。塩を入れることで、その足りない不純物を補います。

スチームの量を調節する

水に塩を入れると、電気の流れが良くなるので、スチームを出しやすくすることができます。なので、加湿器に入れる塩の量を調節することで、スチームの量を調節することができます。
Vicks(ヴィックス)の加湿器にはスチームの量を調節するボタンといったものがないので、塩の量でスチームを調節しなければいけません。
塩を入れすぎるとかなりの量のスチームが出てしまうので、少量ずつ入れて調節しましょう。

塩の入れすぎには注意が必要

電極式のVicks(ヴィックス)の加湿器には通電のために塩が必要ですが、塩の入れすぎには注意してください。

蒸気をたくさん出したいからと塩を多く入れてしまうと、電源プラグやコードが熱くなってしまうことがあります。また、過電流防止装置が働き、自動的に運転を停止します。

まずは、ひとつまみ程度の塩を入れてから様子を見て、スチームが足りないようならもうひとつまみ追加するというように少量ずつ試しましょう。
ただし、塩を入れてすぐにスチームの量が変わるわけではないので、30分から1時間程度は様子を見てください。

Vicks(ヴィックス)の加湿器を使用している方の口コミを見ると、やはり塩の量に苦戦しているようです。

単純な作りで、私は大好き☆水の減りは早いです。 祖父へのプレゼントに購入。

塩加減を間違えて、大変な事になった様ですが笑。

Amazon.co.jp

シンプルでいいのですが塩を入れすぎると熱くなり、故障かと思うくらい電源がすぐ切れてしまいました。適度の塩で快適にできますが塩の量で蒸気を加減するのが慣れるまで難しいです。

Amazon.co.jp

慣れるまでは、やはり塩のさじ加減は難しいようです。

食塩水でスチームの量を調整するシンプルな加湿器なだけに、塩を入れる量には気を配りましょう。

加湿器に塩のまとめ

加湿器は今や冬の乾燥する時期にはかかせないものです。

加湿器を使用する際に、塩を入れると良いと聞いたからと安易に塩を入れてはいけません。

普通の加湿器に塩を入れてしまうと、タンクの内部やフィルターに詰まったり、タンク内部に結晶が残ってしまいます。
塩の結晶が詰まることで故障したり、塩の結晶を取り除くために掃除の手間が増えたりと良い事はありません。

塩を入れる必要のある加湿器は電極式のVicks(ヴィックス)の加湿器になります。

電極棒で通電させることで、その熱で水を蒸発させてスチームを出します。通電させるためには水に不純物が必要で、通電しやすくするために塩が必要なのです。

塩の量でスチームの量を調整しますが、塩を入れすぎると過電流を起こしてしまい、熱くなってしまいます。
過電流防止装置で運転は停止しますが、危ないので塩入れすぎには注意しましょう。

加湿器を使う際には正しい知識を持って、正しい使い方をしましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる