フライパンのマーブルコート加工とダイヤモンドコートの違い

食品がくっつきにくく少ない油で料理ができて汚れも楽に洗える「テフロン加工」、「フッ素加工のフライパン」はコーティング済みのフライパンとしては一般的ですが、傷に弱くコーティングが剥がれやすいというデメリットがあります。

使い方次第では数ヶ月で寿命を迎えてしまいます。

そこで同じフッ素加工でも、より耐久性を持たせたものがマーブルコートとダイヤモンドコートになります。

普通のフッ素コーティングと何が違うのか、マーブルコートやダイヤモンドコートの違いやその特徴などをこれからみていくことにしましょう。

目次

マーブルコート加工

マーブルコートの特徴

フッ素樹脂に大理石粒子を織り交ぜてコーティングしたフッ素樹脂加工の一つで、フッ素樹脂加工よりも表面が硬くなることで耐久性が高くなっています。

フッ素加工の利点である「焦げ付きにくい」「食材がこびりつきにくい」「汚れを落としやすい」「手入れが楽」などの要素は、そのままマーブルコートにも置き換えられてその耐久性がプラスされます。

フッ素加工でもコーティングの層を増やすことで耐久性は向上していくように、マーブル加工の場合も多層であるほど耐久性が上がります。

フッ素コートでは推奨されない金属ヘラに対応しているのもマーブルコートの特徴と言えるでしょう。

メーカーによっては耐摩耗性試験「〜万回クリア」などの表記がありますので、クリア回数を目安の一つにするのもアリかもしれません。

購入の際はコーティングの層の厚みにも注目して少しでも長く使えるものを選びたいですね。

マーブルコートの欠点

マーブルコートのフライパンは耐久性は高くなっているとはいえフッ素コーティングの一つになり、共通の欠点として強火を連続して使い続けることには向いていません。

強火で連続使用したり空焚きをすればコーティングも剥がれやすくなってしまい、耐熱温度を超えると有害なガスを発生させる恐れがあります。

フッ素コート全般に言えるかもしれませんが、急な温度の上昇などの変化も避けたいところです。

調理後の熱を持ったまま、冷たい水で洗ったりするとコーティングを剥がしてしまう原因になる恐れがあります。

マーブルコートフライパンの寿命

調理中に食材がこびり付いたり焦げ付きが出やすくなってコーティングが剥がれてしまえば寿命と言えますが、短くすることも伸ばすことも使い方次第になるかもしれません。

テフロン加工やフッ素加工に比べるとその寿命は伸びているかもしれませんが、同じフッ素加工としての特徴を理解してやさしい使い方を心がけることが大切です。

どのフッ素加工のフライパンにも言えることですがコーティングの層の厚みの違いで耐久性も良くなり、それに伴って値段も上がります。

少しでも長く使うために

  • 強火で使わない….マーブルコートのフライパンは熱伝導が良いので中火で十分調理可能です。
  • 空焚きしない….フッ素加工では耐熱温度が260度を超えるとコーティングが剥がれ、有害なガスを発生させる恐れがあります
  • 金属ヘラ….金属ヘラ対応のものでも角の立ったものなどを当てて使うのは避けましょう。
  • 料理を入れっぱなしにしない….コーティングを長持ちさせるためにも調理したものはすぐに食器などに移しましょう。
  • 急激な温度変化を避ける….熱の冷めていないフライパンを急に冷たい水で洗うのはフッ素加工としての寿命を縮めます。
  • 汚れ落とし….食器用洗剤と柔らかめのスポンジで優しく洗います。

ダイヤモンドコート加工

ダイヤモンドコート加工の特徴

フッ素樹脂に人工ダイヤモンドの粒子を織り交ぜた、マーブルコート同様のフッ素加工の一つになります。

こちらも通常のフッ素コートよりも硬質なダイヤモンド粒子を織り交ぜることで表面の耐摩耗性が高くなり、より耐久性が上がっています。

「傷に強い」「焦げにくい」「汚れを落としやすくお手入れが楽」などの特徴がフッ素コートの中でも高耐久だと言えます。

「傷に強い」ことで金属ヘラに対応しており、少ない油でも「焦げにくい」「こびり付きにくい」などの特徴はフッ素加工の共通したメリットで、ダイヤモンドコートではその耐久性がさらに上がっています。

ダイヤモンドコートの欠点

高耐久なダイヤモンドコートもフッ素加工の一つであるのに違いはないので、強火の調理はコーティングのダメージを招くため向いていません。

強火や空焚きによって耐熱温度を超えるとコーティングが剥がれて、有害なガスを発生させる恐れがあります。

マーブルコートと同じように急激な温度変化にも弱いので、調理後の熱を持ったまま冷たい水で洗浄しないようにしましょう。

ダイヤモンドコートフライパンの寿命

フッ素加工、テフロン加工のフライパンが半年や1年の寿命だとすると、ダイヤモンドコートは2年から3年ほど持つようですが、使い方やコーティング層の厚みにも関係しています。

表面のコーティングが剥がれて調理中に焦げ付きやこびり付きが出始めたら、寿命と考えた方が良いでしょう。

長く使うための注意点

  • 強火で使わない….ダイヤモンドコートのフライパンもフッ素加工であるため中火以下の調理を心がけましょう。
  • 空焚きしない….フッ素加工では耐熱温度が260度を超えるとコーティングが剥がれ、有害なガスを発生させる恐れがあります。
  • ヘラの種類….金属ヘラに対応した硬い表面コートであっても、フライパンを長く使いたいのであれば樹脂製や木製のヘラなどの調理器具を選ぶと良いでしょう。
  • 料理を入れっぱなしにしない….コーティングを長持ちさせるためにも調理したものはすぐに食器などに移しましょう。
  • 急激な温度変化を避ける….熱の冷めないフライパンを急に冷たい水で洗うのはフッ素加工としての寿命を縮めます。
  • 汚れ落とし….食器用洗剤と柔らかめのスポンジで優しく洗います。

マーブル加工とダイヤモンドコートはどっちがおすすめ?

耐久性で比較

テフロン加工やフッ素加工の弱点を補うようにして登場したマーブルコートやダイヤモンドコートのフライパンは、表面コートの硬さから比較しても高耐久であることに大きな違いはありません。

コーティングの硬さからダイヤモンドコートの方に耐久性があるとも言えなくもないのですが、フッ素加工のフライパン(ダイヤモンドコートとマーブルコート含む)の耐久性はコーティングの層が重要になります。

コーティング層

コーティング層はメーカーそれぞれで工夫があり、3層で耐久性を持たせたものから8層構成など様々です。

表面コートの硬さの目安は、耐摩耗性試験というJIS規格試験「〜万回クリア」といった表記に注目。

マーブルコートとダイヤモンドコートのいずれの場合も、そのコーティングの厚みが耐久性の鍵を握っているので購入の際はコーティングの厚みと内容に注目して選んでください。

コスパで比較

フッ素加工全般に言えそうですが、値段の差はコーティング層の厚みの違いと言って良さそうです。

例えば26cmのフライパンでテフロン加工、フッ素加工、マーブルコート、ダイヤモンドコートという加工別に調べても加工の値段というよりはコーティング層の値段になっています。

Amazonの価格帯もフライパン単体であれば2000円から3000円前後が多く、安いものであれば1000円を切るダイヤモンドコートのフライパンなども存在します。

マーブルコート加工とダイヤモンドコートの違いまとめ

今回はフライパンのマーブルコートとダイヤモンドコートの違いなどについてお話しを進めてきましたが、いかがでしたでしょうか。

  • マーブルコート….フッ素樹脂に大理石粒子を織り交ぜたコーティング方法
  • ダイヤモンドコート….フッ素樹脂に人工ダイヤモンド粒子を織り交ぜたコーティング方法

それぞれコーティングの表面を硬くすることで耐久性が増して、より「焦げ付きにくい」「こびり付きにくい」「汚れが落ちやすく洗浄が楽」という特徴があります。

マーブルコートよりもダイヤモンドコートの方が表面が硬く耐久性も優位に思えますが、フッ素加工のフライパンはコーティングの層の厚みが耐久性の鍵になっています。

少しでも長く使えるフライパンを選ぶ際はマーブルコート、ダイヤモンドコートいずれの場合でもコーティング層に注目してみましょう。

筆者はコチラのマーブルコートフライパンを購入しました。

決め手は購入価格。

筆者が購入したマーブルコートフライパン

しかも、安くてくっつかなくて最高のフライパンでとても満足しています!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる