青竹踏みに代用できる物と作り方!代わりになるものはこんなに

青竹踏みは足の裏の様々なツボを刺激して、健康状態が向上する健康グッズです。

今すぐ始めたいけれども、本物の竹を使った青竹踏みがどこで売っているのかわからない、買うと高額だから始めにくいという人に、自宅にあるもので代用できるものをご紹介します。

自宅にあるもので代用品が見つかったら、気持ちいいと感じるくらいの強さで、1日2回、2分程度踏み込みましょう。

目次

ラップの芯で青竹踏みの代用をする方法

適度な硬さがあるラップの芯は、そのまま足踏みに使ったり、座ってコロコロと転がしながら足の裏を刺激するのにちょうど良い代用品です。

ラップの芯そのままでは安定しない、小さく感じるという人は、タオルと輪ゴムを用意してください。

ラップの芯にタオルを巻いて輪ゴムで固定すると、好みの大きさにカスタマイズできます。

ゴルフボールで青竹踏みの代用をする方法

ゴルフボールは転がりやすいので、始める前にタオルやマットの上にゴルフボールを置きます。

フローリングの上でゴルフボールを転がすと滑りやすいので、必ずタオルやマットを用意しましょう。

ゴルフボールを足裏全体でコロコロと転がしながらツボを刺激します。

立ったままでゴルフボールを転がすと痛い人は、イスに座って足裏全体で転がしてみてください。

テニスボールで青竹踏みの代用をする方法

前章のゴルフボールに比べて、テニスボールは滑りにくく、柔軟性がありますが、青竹踏みの代用に使う時は、やはりタオルの上やマットを敷いてから転がすと安心ですよ。

テニスボールを足の裏全体で転がすようにツボを刺激してみてください。

立ったままではやりずらい人は、イスに座ったまま、テニスボールを転がして足の裏のツボを刺激しましょう。

クロスレンチで青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用にクロスレンチを使う人もいます。

タオルやマットレスの上にクロスレンチを置いてから乗るようにしましょう。

青竹に比べると、クロスレンチは細いので、立ったまま踏み込むと痛みを感じやすい可能性があります。

クロスレンチを青竹踏みの代用に使う時は、イスに座ってから踏み込むようにすると、ツボへの刺激を調整できます。

鉄アレイで青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に鉄アレイを毎回使っている人もいます。

鉄アレイのおもりになっている丸いところに足裏を載せて踏み込みます。

鉄アレイは重さがあって安定していますが、万が一のことを考えて、タオルやマットレスの上で踏み込むようにして下さい。

塩ビパイプで青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に、ホームセンターで販売されている塩ビパイプを使っている人もいます。

青竹踏みのようにかまぼこ型ではなく、円柱のまま売られているので、使う時は足の裏全体でコロコロと転がすように使います。

滑りやすいフローリングの上ではなく、絨毯の上や、タオル、マットレスをの上で塩ビパイプを転がすように注意してください。

塩ビパイプを立ったまま青竹踏みの代用に使う時は、壁に片手をついた状態で行うと安定します。

立ったままでうまくできない時は、イスに座ってコロコロと足の裏全体を使って転がすようにすると良いですよ。

塩ビパイプはストレッチポールの代用にもなります。

物干し竿で青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に物干し竿を使う人もいます。

短い物干し竿をタオルやマットレスの上に設置したら、青竹踏みのように足裏全体を使って満遍なく踏み込んでいきましょう。

青竹踏みに比べると物干し竿は細いので、立ったまま踏み込むと人によっては刺激が強いことがあります。

その場合は、イスに座って物干し竿を踏み込むと良いですよ。

スチール製の缶詰で青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用にスチール製の缶詰を使う人もいます。

スチール製の缶詰は円柱型なので、フローリングの上で転がすと滑りやすいです。

必ず、タオルやマットレスの上で転がすようにしましょう。

立ったままスチール製の缶詰の上に乗ると不安定なので、壁に片手をついたまま行うことをおすすめします。

立ったままだとうまくできない場合は、イスに座ったまま、足裏全体でコロコロ転がすように使ってみてください。

雑誌で青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に、丸めた雑誌を使っている人もいます。

丸めた雑誌を輪ゴムでしっかりと止めて、青竹踏みの代用に使います。

高さが足りない、または足元が安定しない時は、丸めた雑誌を一度輪ゴムで止めた後、その上からタオルを巻いて更に輪ゴムで止めて使ってみてください。

丁度いい高さや安定した状態になりましたら、足裏全体で踏み込みましょう。

立ったままやるときは壁に片手をついたまま踏み込むと足元が安定してやりやすくなります。

栄養ドリンクやオロナミンCの空瓶で青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に栄養ドリンクやオロナミンCの空瓶を使う人もいます。

栄養ドリンクやオロナミンCの空瓶を足裏全体でコロコロと転がすようにツボを刺激します。

フローリングの上で栄養ドリンクやオロナミンCの空瓶を転がすと滑りやすいので、タオルやマットレスを敷いてから行うようにしてください。

立って転がす時は、壁に片手をついて行うとバランスがとりやすいです。

割れやすい瓶ではありませんが、体重が平均よりも重い人は、イスに座って栄養ドリンクやオロナミンCの空瓶を転がすと安全に転がすことができます。

危ないからと靴下を履いて栄養ドリンクやオロナミンCの空瓶を転がすと効果がでないので、裸足で行うようにしましょう。

お酒の空瓶で青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に、お酒の空瓶を使う人もいます。

中身を飲んだ直後では、足元がふらついて危ないので、お酒の空瓶は素面の時に足の裏全体で転がすようにしましょう。

お酒の空瓶を青竹踏みの代用に使う時は、滑りやすいので、タオルやマットレスを敷いてから行いましょう。

そして、足の裏を刺激するときは靴下を履かず、必ず素足で行ってください。

立って転がす時は、バランスがとりにくいので、壁に片手をついて行うようにしましょう。

イスに座って転がすと、足の裏全体を使ってツボを刺激しやすいですよ。

ストレッチボールで青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用にストレッチボールを使う人もいます。

イスに座って、足の裏全体でコロコロと転がすようにツボを刺激します。

立って転がす場合は、壁に片手をついて片足だけでコロコロと転がすようにツボを刺激します。

ストレッチボール自体滑りにくい素材のものが多いので、フローリングでもそのまま気軽に行えます。

ペットボトルの蓋で青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用にペットボトルの蓋を足の裏全体で踏み込んでツボを刺激する人もいます。

ペットボトルの蓋を青竹踏みの代用に使う時は、絨毯の上か、タオル、バスマットを敷いてから行いましょう。

やり方は、転がすのではなく、足踏みをするように足の裏全体を使って踏み込むように使ってください。

刺激が強い時は、ペットボトルの蓋の上にもタオルをかぶせると、痛くないですよ。

空の500mlペットボトルで青竹踏みの代用をする方法

青竹踏みの代用に、空の500mlペットボトルを使う人もいます。

使うペットボトルはある程度硬さが必要です。

炭酸飲料が入っていた500mlペットボトルが最適です。

500mlペットボトルの中身が無い状態で、蓋をしっかりと閉めて使います。

しかし、今までご紹介した代用品の中では、弱い素材なので、お使いになるときは、イスに座って、足の裏全体を使ってコロコロと転がすようにツボを刺激します。

決して立って行わないようにしてください。

靴下を履いて足裏を刺激すると効果がでない可能性がありますので、イスに座って、裸足で転がすようにしましょう。

青竹踏みはどこで買える?

青竹踏みを売っている場所をご紹介します。

amazonや楽天などの大手通販サイト

パソコンやスマホをお持ちの人であれば、多くの人が一度は利用したことのあるamazonや楽天。

検索窓に「青竹踏み」と入力するだけで、かなりの商品がヒットします。

2,000円くらいする本格的な青竹踏みから、600円くらいで販売されているプラスチック製の青竹踏みもあります。

ツボを刺激しやすい突起がいくつも付いた青竹踏みなども販売されています。

パソコンやスマホをお持ちの人は、amazonや楽天であればご自分の希望に合った商品を選びやすいのではないでしょうか。

大型ホームセンター

大型ホームセンターの健康グッズ売り場で販売されていることが多いです。

店内が広いので、売り場がわかりづらいときは、店員さんに「青竹踏み」の売り場がどこか確認すると探しやすいですよ。

大型スーパー

大型スーパーでも健康グッズ売り場で販売されていることが多いです。

店内が広いので、売り場がわかりづらいときは、店員さんにどのフロアで「青竹踏み」が売られているか確認すると探しやすいですよ。

100均

100均でも美容や健康グッズ売り場で販売されていることが多いです。

どちらかというと、小さめの店舗より、大型店舗の方で販売されていることが多いので、買いに行くときは大型店舗に行ってみてください。

100均では、本格的に竹を使った商品はなく、プラスチック版で突起付きの青竹踏みのみ販売されています。

正しい青竹踏みのやり方

動画で紹介されていたように、足元を安定させるため、絨毯の上やタオル、マットレスの上で青竹踏みを行いましょう。

踏み方も、土踏まずだけ重点的に行うのではなく、足の裏全体、つま先からかかとまで満遍なく踏み込むようにすると効果的です。

動画では踏み込む時間を5分で紹介していますが、初めは2分程度で行うようにします。

慣れてきたら5分くらい行いましょう。

踏み込む時間が長ければ良いものではないので、2分から5分程度で留めてください。

あまり長く踏み込むと偏平足になる可能性があるので注意しましょう。

青竹踏みの健康効果とは?

青竹踏みはやってみるととても気持ちが良いものです。

では、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

青竹踏みの健康効果をご紹介します。

血行促進で冷え性の改善

足の裏には様々な効果が期待できるツボがあります。

その中でも、血行を促進するツボが刺激されると、足先だけではなく、全身がポカポカと暖かくなります。

普段から体が冷たい、手足の先だけが冷たいという冷え性さんに青竹踏みはおすすめです。

この他、寒い冬、手足の冷えた体で冷たい布団に入るとなかなか眠れませんよね。

そんな時は、お風呂上りや寝る直前に、青竹踏みをしましょう。

全身が温まって寝つきが良くなります。

むくみの改善

女性に多いむくみ。

立ち仕事などで夕方になると痛みを伴ってふくらはぎがパンパンにはれるという人も少なくはないでしょう。

むくみは、体内の老廃物や水分と塩分が下半身に溜まってきているサインです。

むくみの改善にはリンパの流れを良くする必要があります。

そんな時、気軽にできるのが青竹踏みです。

足裏全体を使ったマッサージ効果は血流の流れと一緒にリンパの流れも改善してくれます。

職場の休憩時間に2分、青竹踏みをして足裏のツボを刺激してみましょう。

デスクワークの人は、机の下に青竹踏みを置いて、座りながら足裏のツボを刺激してみるのもおすすめです。

疲労回復

歩行をすると筋肉と血管の伸縮運動がおこり、足の血行が良くなることから「足は第二の心臓」と言われています。

朝すっきりと目覚めない、全身がだるいという人は、寝起きに青竹踏みを行いましょう。

全身の血行が良くなり、胃腸の調子や眼精疲労も改善したりします。

何より、全身に元気がみなぎってきます。

朝起きるのがつらい人は、朝一に2分程度青竹踏みをする習慣をつけてみましょう。

青竹踏みの代用品まとめ

この記事では青竹踏みの代用品とその作り方について解説しました。

身近にあるもので足裏全体を刺激して、手軽に健康効果を手に入れることができます。

代用品の中には滑りやすい素材のものが多いので、必ず、絨毯の上やタオル、マットレスの上で踏み込むようにしましょう。

青竹踏みを行う時間も、1日2回、2分程度を目安に行いましょう。

長くても5分程度に留めてください。

あまり長くやりすぎると偏平足になる恐れがありますのでご注意くださいね。

代用品ではなく、ちゃんとした青竹踏みを買いたい人は、大手通販サイトのamazonや楽天、大型ホームセンターや大型スーパー、100均で購入ができます。

青竹踏みをして、冷え性、むくみの改善、疲労回復に役立ててください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる