サンオイル(日焼けオイル)の効果と顔や肌への塗り方を解説

サンオイル(日焼けオイル)の効果と顔や肌への塗り方を解説

この記事ではサンオイル(日焼けオイル)の効果と顔や肌への上手な塗り方、サンオイルを使ってきれいに肌を焼く方法やおすすめのサンオイルを解説しています。

また、肌を焼かずに肌を黒くする裏技も解説しています。

目次

サンオイル(日焼けオイル)の効果

キレイに肌を焼ける

夏のビーチなどでキレイに日焼けをしたいと思った時に、思い浮かぶアイテムといえばサンオイルではないでしょうか。

サンオイルは日焼けによって起こる肌の炎症や、紫外線によるダメージを最小限に抑えながらキレイに肌を焼いてくれます。

紫外線を防ぐ

紫外線(UV)は太陽光に含まれており、人間の健康や環境に影響されるものを紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波(UVC)に分けることがあります。そのうちオゾン層を通過して地表に到達するのがUVAとUVBになり、UVCは地球の大気にほとんど吸収されて到達はしません。

サンオイルにはサンバーンという皮膚を赤くして、ヒリヒリ痛む日焼け状態を作ってしまうUVBを防ぐ効果があります。

無駄な日焼けを防いでくれるサンオイル

肌をキレイに焼くことができるので日焼け促進の効果があるものと思われるかもしれませんが、サンオイルにはUVBを防ぎ肌への負担を抑えることで無駄な日焼けを止めてくれているものもあります。

したがって、きれいに肌を焼くためにサンオイルは必須と言えるでしょう。

日焼けの種類

日焼けには大きく分けて2種類あります。

  • サンバーン….紫外線B波(UVB)を浴びた皮膚を赤くしてヒリヒリと痛みを伴う火傷した状態で、ひどい場合は水ぶくれや発熱などを起こす。
  • サンタン….紫外線A波(UVA)を浴びた日焼けによって生成されたメラニンが肌を黒くする状態で、シミやシワの原因にもなる。

サンオイル(日焼けオイル)の正しい塗り方

サンオイルの種類

サンオイルには形状タイプに種類がありますので特徴を理解して自分に合ったものを選んでください。

ミスト•スプレータイプ

ミスト•スプレータイプはサラッとした付け心地で背中など一人で塗りにくい部分にも使いやすいですが、ムラになりやすいことと乾燥して落ちやすいので小まめにチェックして塗りなおしましょう。

ローションタイプ

クリームやローションタイプは広がりもよく汗に強く落ちにくいといった特徴があります。

ベタつきが気になるのであればオイルフリーを選んだり、海やプールなどで水に入ることが多ければ耐水性のあるウォータープルーフを選ぶと良いでしょう。

クリームタイプ

汗に強く持続性があるだけでなくしっとりとした質感が特徴で、保湿効果も期待できるので乾燥肌などが気になるのであればクリームタイプが有効です。

ジェルタイプ

少量で全体に広がりやすく水分を含んだ爽快感があり付け心地が良いという評価があります。

塗り伸ばしてから乾燥までに時間がかかるのですが、乾いてしまえばベタつきは抑えられます。

ムラを作らない

サンオイルを塗るときにはキレイに日焼けする方法の始めとして、焼きたい部分へオイルをムラなく均一に到達するようにしていきます。

塗り残しや塗り忘れた部分があるとキレイに日焼けができないだけでなく、そこだけ肌への負担が極端になってしまうかもしれませんので注意してください。

顔に塗る時は額、頬、鼻、顎、耳や首まわりといった各ポイントにオイルをつけた後に円を描くように広げていき、まんべんなくオイルが行き渡ったか確認してください。

手や足にも先の部分まで行き渡るようマッサージの要領でオイルを広げていきます。

手の届きづらい背中は塗り忘れやムラを作らないためにも、手伝ってもらうほうが安心かもしれません。

定期的に塗り直す

海やプールで体を濡らした後は、オイルが落ちてしまったりするので塗り直しも必要です。

また、汗や乾燥などでもオイルが落ちることもあるので2~3時間前後でチェックしてください。

キレイに日焼けする方法

1日で焼こうとしない

いくらサンオイルを塗ったからといって1日で焼こうとするのは、肌へのダメージも重くなってしまいますので日焼けは段階を踏んでいくようにしましょう。

肌が元々白い人や日焼けしにくい肌などに1日で日焼けしようとしても赤くなって肌がヒリヒリするだけでなく、水ぶくれや発熱などの症状に発展してしまう可能性も考えられます。

日焼け止めクリームや日焼け止め効果の高いサンオイルなどで下地を作って、徐々に肌を焼いていきましょう。

時間を決める

日焼けを段階的に行うのは日数だけでなく、時間も決めて行うのが良いでしょう。

太陽光は午前10時〜午後2時までがとても強い日差しと言われていますので、できるだけ時間帯をずらし日焼け時間も1日あたり3時間を目安に日陰に入ったりしながら調整してください。

クールダウン

日焼けの後は体の熱や赤くなっている部分をクールダウンさせるため、冷水のシャワーや冷水で濡らしたタオル、または氷を入れたビニール袋を当てたりしながら冷やしていきます。

保湿ケア

クールダウンできたら肌をいたわるためにも保湿してあげましょう。

乳液やクリームを使って保湿するときに気をつけたいのは、日焼けによって肌が刺激に弱くなっている可能性があるので敏感肌に使える低刺激性を選んでください。

日焼け後のケアは沈着したメラニン色素の生まれ変わりを促すことになり、シミやそばかすの原因も防ぐことになるのでとても大切な作業です。

人気のサンオイル5選

コパトーン トロピカルサンドフリー ハワイ(SPF2)

サラッとした塗り心地でベタつかない、ほんのりココナッツの香りがするオイルタイプです。

付け心地もよく、少ない量でも伸びがあって持続性もあるとのレビューが見られます。

ココナッツの香りは好き嫌いが出そうです。

ブラックコング ゴールデンタニングオイル(SPF0)

こちらは上級者向けのより濃く日焼けしたい人のためのオイルといって良さそうで、肌の弱い人は日焼けの段階を踏んでから選ぶようにしてください。

ある程度日焼けの下地ができた人でも、使用後の肌のケアは必須というレビューがありました。

コパトーン タンニング ウォーター(SPF4)

Amazon’s Choiceにも選ばれているコパトーン タニング ウォーターはスプレータイプのオイルフリーでUVBを抑える効果も高いので肌の白い人や、日焼けの下地段階として使っても良いでしょう。

肌に優しく焼け具合もマイルドといった評価もありますが、日焼けは夏限定というような場合にも向いているかもしれませんね。

オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル

肌への負担も少なく程よい小麦色になるようで、こちらはバナナ果エキスが配合されており匂いの好みは分かれそうですね。

キレイに日焼けできるようですがオイル感が強くベタつきもあるようなので、塗る時はしっかりと伸ばすことを意識する必要がありそうですね。

カリフォルニアタン レイジ

ローションジェルタイプで濃いめに日焼けするので、段階を踏んで日焼けした肌をさらに濃くしたいという場合に向いています。

肌に合わないこともあるようなので肌の弱い人や、日焼けを始めたばかりの人は避けた方が良さそうです。

日焼けのデメリット

紫外線の強い季節などに長く外で過ごしたり、サンオイルを塗らずに日焼けしようとすることは肌へのダメージだけでなく皮膚がんなどの恐れがあることも忘れないでおきましょう。

肌を黒くするクリームとは?

セルフタンニングという方法

日焼けはしたいけど時間をかけることが難しかったり、強い紫外線が気になったりした時にセルフタンニングというやり方で肌を黒くすることができます。

日焼けでキレイに黒くしたい場合は時間をかけて段階を踏む必要がありますが、セルフタンニングではローションやクリームを塗るだけで肌を黒くするという仕組みになります。

その仕組みは、セルフタンニングに含まれる天然成分が肌の角質と反応を起こすことで黒くなるのですが、日焼けのように黒くなった期間は長くなく放置したままだと1週間から2週間ほどで元の肌に戻ります。

日焼けの必要がないため紫外線に当たることがないので、炎症やシミ、シワを心配することなく自宅で肌を黒くすることができてしまいます。

ブロンズターナー

ブロンズターナーはローションタイプのセルフタンニングで広がりもよく、サラッとした心地よさもあるそうです。

持続効果は1週間ほどで、効果が切れると色ムラが出始めるということなので、肌の色を継続するには塗り直しが必要ですね。

使用前に入浴は済ませておくのがポイントになります。

ECHO TAN(エコタン)インヴィジブルクリーム

クリームタイプは細かい部分も塗りやすく広げやすいのがメリットで、乾燥肌タイプにもおすすめできます。

こちらも色ムラがあるようですが、継続して塗ることでキレイな状態が保てるというレヴューがあります。

まとめ

キレイに日焼けした肌は健康的に見えますが、紫外線などの肌への影響も考えておくことが大切ですね。

日焼けするためには1日で完結しようとせずに、じっくりと段階を重ねて肌の負担をなるべく減らすようにしましょう。

サンオイルを使用するときはSPFやPA表示などを確認しながら、自分の肌の状態に合わせて選んでください。

日焼けした後の保湿ケアなどもしっかり行いながら、キレイな日焼け肌を目指せると良いですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる