プチプチで梱包するときの向きは?正しい包み方を覚えよう

自分でヤフオクやメルカリに出品する事が増えてきた昨今。
多くの方がプチプチで梱包して商品を発送しているのではないでしょうか。

その時にプチプチに向きってあるのと思ったことありませんか?

「でこぼこしている方が外側」なのか、「平らな方が外側」なのか。

本記事ではプチプチで梱包する時の向きそして正しい包み方を解説しています。

プチプチに向きはない!ただし使い分けはある!

結論から言えばプチプチに向きはありません。

でこぼこしている方が外側でも平らの方が外側でも緩衝材としての役割はきっちり果たすことができるのでご安心ください。

ただし、発送する側の親切心により裏表を使い分けるということはあります。

たとえば、デコボコしている方を内側にする時は、凹凸が引っかからない商品を包む時が好ましいです。
でこぼこしているのが内側の場合は、大きな商品をくるむ時など。

また、 DVD を梱包する際は平らな方を内側にしておくと、サっと取りやすいです。

このように、受け取る側が不便に感じないようにプチプチの向きを考えて梱包してあげると良いですね。

ヤフオクやアマゾン、メルカリで出品した際は「評価」というものが存在します。
この評価制度は出品者の信頼度を推し量るものなので非常に重要です。

ですがときに理不尽な評価を受け取ることもあります。

たとえば「デコボコしているのが内側であったため取り出しにくかった」という評価がつくことも考えられます。

プチプチの向きで良い評価を受け取ることはありません。
しかし、プチプチの向きで悪い評価を受けることは十分に考えられるので気をつけましょう。

緩衝材としての効果

裏表どちらでも同じクッション効果を発揮する!

 

 

プチプチ豆知識

正式名称

プチプチというのは実は正式名称ではありません。

正式名称は気泡緩衝材と言います。

プチプチと呼ばれるその名前は商品の名前。

「プチプチ」は川上産業が商標登録しているもの。
メーカーによって気泡緩衝材の呼び方は違います。

様々な気泡緩衝材の呼び方

  • 酒井化学工業…「エアーキャップ」「ミナパック」
  • ジェイエスピー…キャプロン
  • もりや産業…エコロガード
  • 和泉…エアセルマット
  • 北海道サンプラス…サンマット

このように様々な呼び方があります。

 

プチプチの構造

プチプチには2層構造のものと3層構造のものが存在します。

一般的なのは二層構造のプチプチ。
これは、でこぼこしている面と平らな面が存在しているプチプチです。

3層構造の場合は、どちらの面もタイヤになっており、その間にエアーが入っているというプチプチです。

3層構造の方がクッション性が高いのですが、その分価格も上がるので梱包するものによって使い分けましょう。

高価な物を発送するのであれば悪い評価がつかないように3層構造のプチプチがおすすめ。

 

 

プチプチを購入できる場所

 

putiputi3 プチプチで梱包するときの向きは?正しい包み方を覚えよう

プチプチはホームセンターで購入する事ができます。

また、プチプチの大きさや幅、長さによって値段も変わってきます。
プチプチは陳列サイズは大きい割に、お店的には利益の薄い商品。

ですから自分が思っているよりも少し割高で、意外と値段がかかってしまうこのプチプチ。
商品を発送するだけでも送料がかかるのに、少し困ってしまいますよね。

そんなときはロールの長いタイプをかっておけば、少しだけお得に購入する事ができます。

お店では陳列サイズが大きいので少し割高に設定されていますが、通販で購入するとさらにお得に購入する事ができますよ。

 

 

プチプチのオススメ保存方法

何を隠そう、筆者はメルカリやアマゾンで商品を販売していた経験があります。

ですからプチプチをかなりたくさん購入していました。
現在は販売を中止しているため、倉庫にプチプチがたくさん眠っていますが…。。

以前使用していた時は、通販で大量購入したプチプチは倉庫に保管していましたが、使用する時はプチプチを引っ張り出してこなければなりません。

頻繁に使うプチプチですから、出したり閉まったりは非常に面倒くさいもの。

そこで筆者が考えたプチプチのオススメの保存方法を紹介しますので、プチプチのヘビーユーザーの方はぜひ参考にしてください。

まずはロールタイプのプチプチを用意します。
そして、突っ張り棒を真ん中に通し、壁につるしておくだけです。

このようにすると、トイレットペーパーのようにクルクルとプチプチを取り出すことができるので、ヘビーユーザーの方におすすめの使い方と保存方法です。

 

綺麗に包む方法は平らな面を内側にするべし!

平らな面が外側の場合は、デコボコしている側面が内側に来るということ。
この向きにで梱包する場合は、商品がひっかかりにくいものであるという事が条件です。

たとえば、破れやすい紙類(ポスターなど)を梱包する場合デコボコしている面が内側にしていると、ポスターを取り出す際に凸凹に引っかかってポスターが破れてしまうかもしれません。

また、デコボコしている面が内側の場合は、 CDのパッケージやガラスなどを梱包した場合、プチプチの凸凹の形が商品についてしまう可能性も考えられます。

たとえ中古品で汚れなどを詳しく記載してあっても購入者は綺麗なものが届くと思っている方がいます。
プチプチの凸凹の汚れがついていた場合、悪い評価がついてしまう可能性があるので注意が必要です。

ですから、クッション性は裏表どちらも同じ効果を発揮する事ができますが、メリットデメリットを考えると平らな面が内側に来ている方が無難な梱包方法といえます。
プチプチで梱包する際はツルツルの面(平らな面)を内側にするように梱包しましょう。

さきほど理不尽な評価を受け取ることがあると言ったのは、筆者自身も理不尽な評価を受けた経験があるからこそ。

ですから私は平らな面が内側になるのを徹底していました。

現在ではメルカリやヤフオクなどで個人でも簡単に出品する事ができるようになりました。

しっかりとプチプチを使って良い評価をどんどん貯めていきましょう!