脱酸素剤は100均のダイソーやセリアにある?売っている場所は?

脱酸素剤は100均のダイソーやセリアにある?売っている場所は?

「パウンドケーキを作ったので、食品の劣化を防ぎたい」「衣類の防虫対策をしたい」そんな時に役立つのが、脱酸素剤。

脱酸素剤は、通販で買うことは出来ます。しかし、パウンドケーキ等お菓子を作った時は、すぐにでも脱酸素剤が欲しいです。脱酸素剤を探そうにもどの店を探していいのか?見当がつきません。

では、脱酸素剤はセリアやダイソー等の100均に売っているのか?また、100均以外の店でも購入が可能か?脱酸素剤の販売場所について紹介します。

目次

脱酸素剤とシリカゲルの違い

脱酸素剤と乾燥剤の一種であるシリカゲル。この2つは、外見は似ているように見えます。しかし、パッケージ内の食品に対する役割や食品を保存する以外の方法が異なる物です。

異なる点を見ていきます。

食品を保存する際の役割が違う

脱酸素剤とシリカゲルは、食品を保存する物です。どちらも食品の品質が落ちるのを防ぐ物ですが、パッケージ内の吸収する食品が違います。

酸化を防ぐ食品に使用する脱酸素剤

脱酸素剤は、その名の通りパッケージ内に残った酸素を吸収してくれる役割を果たしてくれます。

酸素に触れた食品が酸化状態になって品質が落ちてしまいます。そこで、パッケージ内を無酸素状態にして、食品を酸化させないようにするのが脱酸素剤です。

主な食品は、「パウンドケーキ」「フィナンシエ」「マドレーヌ」と言った食感がしっとりとした食品を脱酸素剤で保存します。

湿気から守る食品に使用するシリカゲル

シリカゲルは、パッケージ内の水分を吸収するのが役割です。

湿気が原因で品質が落ちるお菓子を保存します。外に置いたままにすると、湿気により食品が劣化するからです。

主な食品は、「煎餅」「クッキー」「海苔」等、食べた時にサクサクと感じる食品をパッケージにシリカゲルと一緒に保存します。

食品以外での使用法

脱酸素剤とシリカゲルの違いは、食品の保存以外の使用法でも違いがあります。

酸素を吸収するため、害虫から衣類等を守る脱酸素剤に対して、水分の吸収に役立つシリカゲルは、脱臭剤としての効果です。

防虫効果で美術品や衣類を守る脱酸素剤

美術品や衣類を対策しないで保存すると、ダニやカビによって美術品が劣化したり衣類が傷んだりします。

脱酸素剤は、酸素を吸収してダニ等の害虫を死滅させる効果や、酸化を防いで細菌やカビの繁殖を抑えます。

そのため、脱酸素剤と一緒に保存することによって、美術品の劣化や衣類を痛めることを防ぎます。

脱臭剤として役立つシリカゲル

旅行のスーツケースや運動後のバッグは、衣類の臭いが気になります。特に汗の付いた衣類は、汗と密閉空間が原因で菌が発生しやすい状況にしているのです。

そこで、シリカゲルをスーツケースやバッグに入れておくことで、汗による湿気を防ぎます。

シリカゲルを入れておくことで、衣類の悪臭が気にならなくなり、安心して移動することが可能です。

脱酸素剤は100均に売っているか

脱酸素剤は、お菓子の保存や防虫等生活に必要な物です。そうなれば、手軽に身近な店で買いたいと考えます。手軽で身近な見せといえば、まず思い浮かぶのが100均です。

脱酸素剤は、100均で売っているのか?について紹介します。

ダイソー

脱酸素剤は、ダイソーでは売っていません。オンラインショップでも扱っていないため、ダイソーでは買えないと考えたほうが良いです。

ダイソーにはないとの口コミを見つけました。ダイソーで脱酸素剤を買うことが出来る可能性は低いので、他の店舗を探しましょう。

セリア

お弁当のコーナーに置いてあることがあります。しかし、小型や中型の店舗は、置いてあることは少ないです。逆に大型の店舗は置いてあることがあります。

ただし、確実とはいえないため、電話をかけて確認をするのが良い方法です。

ミーツ

布団圧縮袋のコーナーにダニ退治用の脱酸素剤が置いてあることがあります。しかし、店舗の大きさや地域によっては置いていないため、電話をかけて確認をするのが良いです。

上記の通り、脱酸素剤は100均で手に入る可能性は低いです。

なぜなら、100均は売れやすい商品を仕入れて販売しています。

脱酸素剤は、効果や便利さを知る人が少なく、100均で販売しても売れ残るからです。

100均で脱酸素剤を手に入れることが出来る可能性は低いですが、売っていることもあるので在庫があれば買うことも出来ます。

先ほども書きましたが、店舗に電話確認が必要です。

では、脱酸素剤を100均よりも購入できる可能性が高い店舗はどの場所なのか?実際に脱酸素剤を購入できる店舗を紹介します。

脱酸素剤を購入できる場所

脱酸素剤は、100均で購入できる可能性は低いです。では、どの店舗で購入が可能なのか?実店舗は、ドラッグストアやホームセンターが手に入れられる可能性があります。

ドラッグストア

「マツモトキヨシ」や「ウエルシア」等の薬の販売店で食品用の脱酸素剤を購入することが出来ます。しかし、在庫が少ないことが多く、取り寄せになる可能性が高いです。

また、少量での購入は難しくまとめ買いをしなければいけません。

例えば、1個や2個といった購入方法は難しく、50個や100個といった個数でしたら購入は可能です。

ホームセンター

「コーナン」や「コメリ」等のホームセンターで脱酸素剤を購入することが可能です。

100均や薬屋よりは売っている可能性は高いですが、確実に売っているとは限りません。

お弁当のコーナーで食品用の脱酸素剤が、布団のコーナーでダニ退治用の脱酸素剤が売っています。

ただ、ほとんどの場合は、ダニ退治用の脱酸素剤のみの販売です。食品用が欲しい場合は、事前に電話で確認をしましょう。

先ほども書きましたが、ホームセンターだからといって確実に手に入りません。

脱酸素剤を買いに行くだけにホームセンターに行くのは時間の無駄のため、何かを買うついでに行ってみましょう。

薬屋やホームセンターは、100均よりは脱酸素剤を手に入れやすいです。しかし、大型店舗や地域によって手に入れやすさが違います。

もし、確実に手に入れたい場合は、下記に紹介する通販を利用しましょう。

通販

「楽天」「Amazon」「Yahooショッピング」等といった通販は、脱酸素剤を確実に購入できます。

脱酸素剤を多く使用するならば、通販を利用すると良いです。

だたし、50個や100個といった決まった数しか購入は出来ません。

値段や送料に若干の差があるため、比較をして購入をしましょう。

脱酸素剤の値段の相場はいくらか?

脱酸素剤は、値段はどのくらいか?を見てみます。通販で売られている脱酸素剤は、50個で1,000円程度の値段で、100個で1,500円程度です。

1個当たり150円~200円位の値段となっています。

脱酸素剤を代用できるものはあるか

脱酸素剤は、なくなるごとに店舗へ買いに行くのは面倒です。

もし、家にあるもので代用できるものがあれば使いたいと考えます。

家にある物は、カイロを使用すると良いです。

カイロ

カイロは脱酸素剤の代用が出来ます。ただ、食品を保存するための物ではなく、ダニ退治を目的とする時のみです。

なぜなら、カイロは使用と同時に熱を発生させます。パウンドケーキ等常温で保存をしたい食品なのに、カイロの熱で温度が上昇してしまっては、保存の意味がありません。

脱酸素剤も使用時は熱を発生させますが、カイロよりは温度が低いです。

脱酸素剤を売っている場所まとめ

脱酸素剤は、商品の仕入れ後にすぐに売れるような短期的な販売は難しいため、店舗で売っている可能性が低いです(全くないのではなく、脱酸素剤が販売されている可能性は若干あり)。そのため、基本は通販で買うようにしましょう。ただ、ドラッグストアやホームセンターといった店舗では、電話で問い合わせをすれば在庫がある場合もあるので確認は重要です。

また、店舗でも取り寄せの対応の可能が店舗もあるため、諦めずに電話で確認はしましょう。

脱酸素剤を代用したいならば、食品用は難しいです。しかし、ダニ退治用であれば、カイロで代用が可能ですので、カイロが自宅にあれば使用しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる