経口補水液の代わりにポカリを薄めるのは熱中症対策にならない理由

  • 2019年7月9日
  • 雑学
  • 185View

熱中症対策として水分を取るためにポカリを飲んでみると、意外と甘くて飲めないという方もいますよね。

また、経口補水液は美味しくないので、代わりにポカリを薄めて飲みたいという方もいるでしょう。

ですがそれは全く熱中症対策になりません。

なぜポカリを薄めたものではだめなのでしょうか。

ポカリと経口補水液の違い

簡単に言えばポカリは簡単な水分補給、経口補水液は脱水症状や過度の発汗時に摂取するものです。

ポカリの場合

たとえばあなたがジムに行って健康的に汗を流すとします。

このような時は「病的に失われた水分」ではないので、ポカリを飲んで水分補給をしましょう。
また、熱中症対策としてあらかじめ飲んでおくのも良いでしょう。

ポカリは水分を補うことと同時に、美味しく飲めるように糖分が多く含まれている事が特徴。
しかし糖分は熱中症対策にはならないため、あくまでも美味しく飲む用。

ここが経口補水液との分れ道。

 

経口補水液の場合

熱中症は、脱水症状の一種。
熱中症により脱水症状が起きている場合は経口補水液が良いとされています。

脱水症とは、水分と塩分からなる体液が不足した状態のことを指します

出典:日本コカ・コーラ株式会社

また、大量の汗をかいてしまうと流れ出てしまう「ナトリウム」や「カリウム」という成分があります。
これらは電解質と言い、不足してしまう状態がまさに脱水症状。

脱水症状が起きている場合は塩分と水分、そして電解質が足りていない状態。

経口補水液の場合はポカリのように余分な糖分を含んでおらず、その分、塩分と電解質のバランスが丁度よく配合されている水分なので脱水症状には経口補水液がおすすめと言えるのです。

また、脱水症状が気付かないうちになっている場合もあります。
いわゆるかくれ脱水症状というもの。

これは室内でも車内でもかかってしまいます。

ですから暑い時期には経口補水液を持ち歩くか、こまめにポカリスエットを飲むのが良いでしょう。

もちろん明らかに熱中症になった場合はポカリスエットではなく、経口補水液を飲む必要があります。

ポイント

  • 運動などの発汗は水分のみ失われる。
  • 脱水症状などによる発汗は電解質など様々なものが失われる。

 

 

脱水症状なら経口補水液

上記で説明したように、ポカリスエットは主に水分補給をしながら美味しく飲める清涼飲料水。

その点経口補水液は、熱中症や脱水症状により失われた電解質や水分そして塩分を素早く補給できるので、熱中症対策になるのです。

ポカリスエットは水分や、少量含まれている塩分を補給できたとしても電解質を大きく補うことはできません。

つまりポカリスエットは熱中症になる前に「あらかじめ」取っておく必要があるもの。
経口補水液は「予防」、「脱水症状」どちらにも対応することができるもの。

大は小を兼ねるといいますが、経口補水液はまさにそれ。

脱水症状になってしまった場合は電解質と塩分のバランスが細かく調整されている経口補水液でないとダメなのです。

 

マラソンランナーはポカリを薄めて飲んでいる!?

pokari1 経口補水液の代わりにポカリを薄めるのは熱中症対策にならない理由

マラソンランナーは、給水所でポカリを飲んでいるという話をよく聞きますよね。

そこでよく耳にするのがマラソンランナーはポカリスエットを薄めて給水しているということ。

もちろんこれは事実です。

ですがこれは、熱中症対策をしているわけではありません。
マラソンランナーは事前に熱中症対策をしています。

ですから、給水所ではポカリスエットを薄めたものを飲み、給水を目的にしてこまめに水分補給をしているのです。

ちなみにマラソンランナーは出発前と出発後に経口補水液を飲んでいますよ。
ですからマラソンランナーは熱中症対策としてポカリスエットを飲んでいるのでは無く、水分補給としてポカリスエット飲んでいるのです。

 

こまめな水分補給ならポカリを薄めてもいい?

水分補給目的ならNG

さて、ココまでの説明で「脱水症状にはポカリスエットではいけない」という事をお分りいただけたでしょうか。

ですが事前の水分補給であればポカリスエットは美味しく飲めるのでオススメ。

しかしポカリスエットを飲んだことがある人ならわかると思いますが、非常に甘くできていますよね。

ですから、薄めて飲みたいという方もいるのではないでしょうか。

それにマラソンランナーもポカリを薄めて飲んでいるくらいだから、こまめな水分補給程度なら薄めてもいいと思ってしまうかもしれません。

ですが、ポカリを水分補給対策として薄めるのはあまりオススメできません。

というのもポカリは「水分補給」に関して緻密に考えられているからです。
緻密に考えられているからこそ、そこに水をたして薄めてしまったら、迅速な水分吸収ができなくなってしまいます。

 

ポカリを薄めてもいい場合もある

では、マラソンランナーはなぜポカリを薄めて飲んでいるのでしょう。

それは事前に経口補水液などを飲んで脱水症状対策をしているからです。

もちろんあなたが脱水症状対策に経口補水液を事前に飲んでいたり、他の対策をしている場合にポカリを薄めて飲むのは大丈夫ですよ。
また、ジュースとして飲む場合は薄めても問題ありません。

つまり…!!

  • 美味しく飲みたいだけなら薄めるのはOK 。
  • 迅速な水分補給という目的があるのに薄めるのはNG 。

 

 

初めから経口補水液を用意しておこう

脱水症状対策や熱中症対策にポカリスエットと考えるのであれば、経口補水液を初めから用意しておくのが一番簡単。

また、どうしても経口補水液の味がダメという方もいるでしょう。

そういう時はあらかじめ発汗対策として塩タブレットなど飲んでおくと、汗が流れ出にくくなります。

もちろん美味しく飲むためだけにポカリスエットを薄めるだけならOK。
あくまでも水分補給対策としてポカリを薄めるのは良くないという事です。

ですから熱中症対策をするなら経口補水液は必須ということになりますね。

経口補水液さえ持ち歩いておけば、たとえ熱中症で倒れてしまっても、すぐに処置する事ができます。

子供の部活に、「水筒にポカリを薄めたものを持って行け!」などと間違っても言わないようにしてくださいね。

まとめ

  • おいしく飲むなら薄めてOK
  • こまめな水分補給は薄めちゃダメ
  • 経口補水液なら脱水にも安心
  • 熱中症対策なら塩タブレットも検討を