\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

一人暮らしで自炊時間がない、続かない時のコツ?自炊は無理なのか?

一人暮らしで自炊は無理なのか?

一人暮らしで、「自炊時間がない!」「自炊が面倒くさい!」と思っている人は多いのではないでしょうか?しかし、工夫をすれば一人暮らしで自炊はできます。今回は、一人暮らしで時間がなくても自炊する方法や、自炊が続かない時のコツを説明していきます。

目次

一人暮らしで自炊時間がない時はどうする?

「自炊をする時間がない!」という人はどうしたらいいのでしょうか?

一人暮らしで自炊時間がとれない場合の対処方法についてまとめました。

自炊時間がない時はコンビニ弁当を買う

自炊する時間がないときは、コンビニ弁当を買うのが定番といえるでしょう。

コンビニ弁当を買う主な理由は以下の通り。

  • 近くのコンビニですぐ買うことができる
  • さまざまな種類の商品がある
  • とにかく美味しい

美味しい弁当が手軽に食べられるため、自炊時間がない人にとっての第一選択になるでしょう。

ただし、コンビニ弁当には脂質や糖質が多く含まれており、毎日食べていると栄養バランスが崩れてしまうため要注意

自炊時間がない時は冷凍食品を買う

自炊時間がないときに、冷凍食品を買うのも一つの方法です。

冷凍食品は、すべてを電子レンジで作ることができるため、食べるまでにほどんど時間がかかりません。

すべてを冷凍食品でつくった晩ごはんの例

ニチレイ 本格炒め炒飯(298円):電子レンジで3分50秒

味の素 やわらか若鶏から揚げ(354円):電子レンジで2分10秒

ニチレイ 洋風野菜ミックス(213円):電子レンジで3分00秒

例で紹介した冷凍食品すべてをレンジでチンしてかかる時間は、だいたい9分ほど。

10分もかからずに晩ごはんが完成してしまいますので、かなり手軽に食べることができます。

ただし、1食にかかる値段は1000円近くかかってしまいそうなので、経済的負担を考慮する必要がありそうです。

自炊時間がない時は外食をする

ご飯を作る時間がないときは、外食してみても良いかもしれません。

現代の日本では、そこらじゅうに飲食店が立ち並んでいますので、時間をかけずに食べたいものが食べられます。

ただし、外食をすることでのデメリットも存在します。

外食のデメリット

  • カロリーが高すぎて太ってしまう
  • 食べすぎると脂質・糖質が過剰になり不健康になる
  • 格安ファーストフード店であっても1食の値段が1,000円前後と高い

外食は手軽で美味しい食事をとることができますが、デメリットも存在します。

自身の健康管理や、経済的負担を考えて外食するようにしましょう。

自炊時間がない時はデリバリーサービスを利用する

自炊に時間をかけられないときは、デリバリーサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

フードデリバリーサービスを展開する業者をまとまてみました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)

アプリで商品を注文すると、ウーバーイーツの配達員が注文したものを取りに行き、自宅まで届けてくれるというサービス。

今まで出前ができなかったお店でも、ウーバーイーツを利用すると注文できてしまうのが最大のメリットです。

menu(メニュー)

menuは、加盟店舗数が業界No.1の約53,000店を誇るフードデリバリーサービスになります。

24時間デリバリーを利用できる(地域限定)ことや、口コミの情報を見られることなどが特徴です。

出前館

出前館は、ジャンルに問わずさまざまな料理を注文することができます。

また、ネットスーパーの宅配も行っているため、スーパーに売っているような食材を買うことができます。

Wolt(ウォルト)

woltもアプリで注文ができるデリバリーサービスです。

サポート体制が充実しているのが特徴で、配送トラブルが起こると1分以内に対処できる体制が構築されています。

飲食店や配送員に対して独自の審査基準があり、質の高いサービスを受けることができるのが特徴。

近年では、フードデリバリーサービスの需要は高まっており、出前をとるには便利な世の中になっています。

自炊時間がない人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ただし、デリバリーも基本的にカロリーの高いものばかりなので、食べすぎると太ってしまいます

また、配送料などのコストも別途かかってくるため、経済的負担も考えて利用するようにしましょう。

自炊時間がない時は冷凍宅配弁当を利用する

自炊時間がなくても健康的なご飯が食べられる

自炊するヒマがない人にオススメの一つが、冷凍宅配弁当です。

冷凍宅配弁当のメリットは、健康的な弁当が自宅に届き、いつでも食べられること。

もともと宅配弁当は、スーパーに買い物に行けない高齢者に向けたサービスであったため、健康志向のメニューが組まれているのが特徴です。

自炊時間がない一人暮らし層への需要が高まっている

最近では、一人暮らしで自炊ができないという人にも、冷凍宅配弁当の需要が高まっています。

また、冷凍で届くため、冷凍保存しておけばいつでも食べられるのもメリットといえるでしょう。

主な冷凍宅配弁当サービス

  • nosh(ナッシュ)
  • まごころケア食
  • ワタミの宅食

「自炊はできないけど、健康的なご飯が食べたい!」という人は、冷凍宅配弁当を利用してみてください。

冷凍宅配弁当のデメリット

便利で健康的なご飯が食べられる冷凍宅配弁当ですが、デメリットも存在します

食事の内容や量が決められない

配達される弁当の内容はあらかじめ決まっていることが多いのが冷凍宅配弁当。

「量が少ない!」「味がうすい!」と思うこともあるかもしれません。

入会費や送料などの負担がかかる

宅配弁当の金額のほかに、入会費や送料がかかってしまう場合があります。

「思ったより出費がかかった!」とならないように、金銭面の負担を確認する必要があります。

自炊時間がない時は家事代行サービスを利用する

忙しくて自炊や家のことができないという人は、家事代行サービスに頼っても良いかもしれません。

家事代行サービスとはいったいどんなことをやってくれるのでしょうか?

主なサービス内容を以下にまとめてみました。

  • 部屋の片づけ
  • 掃除
  • 食器洗い
  • お風呂掃除
  • トイレ掃除
  • 洗濯
  • 料理の作り置き
  • 買い物

家事代行サービスは、家の掃除や片付けなどに加え、食材の買い出しや料理の作り置きまでやってくれるのです。

まさに至れり尽くせりなのですが、料金が1時間あたり大体2500円~4500円程度と高額です。

金銭的に余裕がある場合は、一度試してみても良いかもしれません。

自炊時間がないときの方法まとめ

自炊時間がないとデメリットが多い

ここまで、自炊時間がないときの代わりになる方法について説明してきました。

どれも手軽にご飯が食べられるというメリットがある反面、栄養面や経済面のデメリットが大きいです。

  • 栄養面に問題がある
    • コンビニ弁当
    • 外食
    • デリバリー
  • 経済的な負担がある
    • コンビニ弁当
    • 冷凍食品
    • 外食
    • デリバリー
    • 冷凍宅配弁当
    • 家事代行サービス

時間がなくても自炊したほうがいい

時間がとれない一人暮らしの人でも、自炊はしたほうがいいと言えます。

なぜなら、自炊をすることで栄養不足を改善したり、経済的な負担を減らすことができるからです。

外食やコンビニ弁当は栄養が偏りますし、デリバリーや家事代行サービスなどは高額なものばかり。

一人暮らしで時間がなくても、なるべく自炊はしたほうがいいでしょう。

時間がなくても自炊したい時はどうする?

自炊する時間があまりとれなくても、工夫次第では自炊をすることができます。

時間がなくても自炊をする方法を紹介しますので、一つずつみていきましょう。

時短レシピ動画で自炊する

時短レシピを活用することで、自炊の時間が短縮されます。

最近では、SNSやYouTubeで、さまざまな時短レシピが投稿されています。

YouTubeは動画を観ながら調理を進められるため、レシピ本に比べて圧倒的に分かりやすく、スムーズに作ることができます。

料理系ユーチューバーも数多くいるため、お気に入りのユーチューバーをチャンネル登録しておくと良いかもしれませんね。

作り置きで自炊時間を節約する

平日に自炊する時間がなく、休日は比較的時間に余裕があるという条件であれば、作り置きがオススメ。

休日の時間があるときに、1週間分のご飯を作り置きしておくことで、平日に自炊をする必要がなくなります。

ただし作り置きをすると、1週間の食事内容が完全に決まってしまい、その日に食べたいものを、食べられなくなってしまう可能性があるため注意が必要。

白米を冷凍保存して自炊時間を短縮する

白米をあらかじめ多く炊いて、1人前ずつ冷凍保存することによって、自炊時間を短縮できます。

米を砥ぐ+炊飯器にかける=約1時間

米を研いでから白米ができあがるまでには、約1時間かかってしまいます。

冷凍した白米であれば、レンジでチンするだけなので、大幅な時間短縮ができてしまうのです。

朝ご飯は決まったもので自炊する

筆者の体験談なのですが、毎朝おなじものを機械的に作ることによって、自炊時間が極限まで短縮されました。

なぜなら、毎朝まったく同じものを作るので、調理の動きがルーティーン化され、なにも考えなくても自然とカラダが動くようになったからです。

その結果、調理にムダな動きがなくなり、自炊時間の短縮につながりました。

筆者のルーティーン化された毎朝の朝食

  • 主食
    • 白米
    • 納豆
  • 汁物
    • 味噌汁
  • おかず
    • ウインナー炒め
    • 焼き鮭
    • 卵焼き

このルーティーン化された朝食を作るのに要する時間は、だいたい5~10分程度です。

朝のバタバタした時間帯でも、決められたご飯を作ることで自炊時間を短縮することができます。

一人暮らしで自炊が続かない理由

一人暮らしで自炊を始めてみたものの、長く続かないという人がとても多いです。

なぜ自炊が続けていくことができないのでしょうか?

自炊が続かない理由は、自炊するのが面倒くさいからです。

https://twitter.com/ruhika42923366/status/1196007961732108289

このことから、一人暮らしで自炊を続けていくためには、自炊はカンタンじゃないと続かないということが分かります。

一人暮らしの自炊が続かない時のコツ

自炊はカンタンじゃないと続かないという説明をしましたが、具体的にはどのような方法があるのでしょうか?

自炊が続かない時のコツをあげていきます。

自炊が続かない時は包丁を使わない

調理の工程でもっとも面倒くさいのは、「包丁で食材を切る」こと。

なぜなら、切る作業は時間と手間がかかるし、洗い物が増えるからです。

切る作業を省くために、野菜はあらかじめカットされたものを買ってください。

その他の食材も、切らずに直接フライパンに入れればOKなものを選びましょう。

自炊が続かない時は初心者向けレシピをみる

むずかしいレシピに忠実になりすぎて、食材や調味料をあれこれ買いそろえようとすると大変です。

初心者でもカンタンにできるレシピは数多く存在しており、そのほとんどはシンプルで分かりやすい内容です。

最初にむずかしいレシピを選ぶと混乱してしまい、自炊を続けることができなくなってしまうため注意が必要。

自炊が続かない時はメインだけ作る

「今日のご飯は何を作ろうかな?」と考えるときに、メインとなるおかずだけを考えて、あとは作り置きを添えることで、自炊の面倒くささが軽減されます。

毎日料理を何品目もつくるのは大変ですし、時間がいくらあっても足りません。

メインのおかずだけを作り、副菜などは、あらかじめ作っておいた常備菜を添えればOK。

時間の短縮にもなりますし、あれこれ作らないといけないという面倒くささからも解放されます。

自炊が続かない時は料理動画をマネする

YouTubeなどの料理動画は、調理のやり方をそのまま真似るだけでOK。

料理動画は作り方のイメージが湧きやすく、料理がグっとカンタンになります。

筆者の経験上、レシピ本を使っていては、自炊は長続きしません。

レシピ本は活字ばかりで調理のイメージが湧きづらく、読むのが面倒くさくなってしまいます。

レシピ本を使うのであれば、調理の工程が少なく、端的に説明されているものを選びましょう。

YouTubeなどでの料理動画をそのまま真似ることで、カンタンに料理を作ることができるので、ぜひ試してみてください。

自炊時間がない時の時短レシピ3選

時間がないときには、手軽に作れる時短レシピを活用すると良いでしょう。

筆者がオススメするレシピ3選を紹介します。

バタピーライス

炊飯器にピーマンとバター、調味料を入れて炊くだけで完成する時短レシピです。

オススメの理由は以下の通り。

  • 包丁を使わなくてOK
  • 食材や調味料が少ないのでカンタン
  • 炊飯器のスイッチを押すだけなので面倒くさくない
  • ピーマンで野菜の栄養が摂れる

包丁を使わずに、食材を炊飯器に放り込むだけなので、とても簡単です。

炊飯器が炊けるのを待っているあいだに、掃除や洗濯などを済ませることもできそうです。

袋麺坦々油そば

こちらは袋麺を使ったアレンジ時短レシピです。

オススメの理由はこちら。

  • 袋麺を使うという手軽さ
  • 好みの具材で良いので、あれこれ買い出しに行かなくてもいい
  • 麺を茹でるだけなので、ほとんど時間がかからない

袋麺を茹でて具材をのせるだけなので、数分あれば完成します。

とにかく時間がないという人にはオススメです。

うま辛冷しゃぶ

電子レンジをつかった時短レシピになります。

オススメの理由をあげていきます。

  • レンジでチンするだけでラクチン
  • タレは調味料を混ぜ合わせるだけ
  • 包丁や火を使わずにメインのおかずが作れる

電子レンジしか使っていないのに、メインのおかずを作れてしまうのは驚きです。

タレの作りかたもカンタンなので、ほとんど手間をかけずに完成します。

自炊時間がない時に気を付けたいこと

自炊時間がない時は栄養バランスに気を付ける

自炊の時間がとれないときは、栄養バランスが乱れがちです。

コンビニ弁当や外食などが増えると、野菜を摂る量が圧倒的に不足してしまいます。

脂質・糖質が過剰になり、野菜を摂らないことでビタミン・ミネラル不足に陥ってしまうでしょう。

カラダの健康を維持するためにも、自炊の時間がとれないときでも、積極的に野菜を摂取するようにしてください

自炊時間がない時は経済的負担を考慮する

自炊時間をとることができず、コンビニ弁当や外食ばかりになってしまうと、経済的な負担が大きくなってしまいます。

  • コンビニ
    • 約1,000円
  • ファーストフード
    • 約800円~1,500円
  • レストラン
    • 約1,000円~2,000円

コンビニや外食などを利用すると、どうしても金額が大きくなってしまいます。

自炊時間がない人は、経済的な負担を考慮する必要がありそうです。

まとめ

一人暮らしで自炊時間がないときの方法

  • コンビニ弁当を買う
  • 冷凍食品を買う
  • 外食する
  • デリバリーサービスを利用する
  • 冷凍宅配弁当を利用する
  • 家事代行サービスを利用する

時間がなくても自炊はできる

  • YouTubeで時短レシピを観る
  • 作り置きで1週間分作る
  • 白米を冷凍保存する
  • 朝ご飯は毎日決まったものを作る

一人暮らしで自炊を続けていくための方法

  • 包丁を使わない
  • 初心者向けのレシピを活用する
  • メインのおかず以外は作り置きを添える
  • 料理動画のマネをする
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次