春雨の食べ過ぎは吐き気、胃もたれ、消化不良の原因?

春雨の食べ過ぎは吐き気、胃もたれ、消化不良の原因?

消化によさそうな春雨ですが食べ過ぎは体調不良の原因になるのでしょうか。

この記事では春雨の食べ過ぎによる吐き気の原因や胃もたれの原因について、春雨の消化不良について解説しています。

目次

春雨やマロニーは消化に良い?悪い?

春雨はダイエットにもよく使われる食べ物ですよね。

水やお湯で戻した後の春雨は、他のうどんなどの麺類と比較してカロリーや糖質が低いのです。

春雨サラダや麻婆春雨、春雨スープなど様々なアレンジがきく食材なので、ダイエット以外にも料理に使われる方が多いと思います。

ダイエット食材=腹持ちがいい食べ物=春雨は消化はあまり良くないというイメージを持たれがちです。

しかし本来春雨は消化に良い食べ物なのです。

病院などでも消化に良い食べ物としての一例に挙げられるほど。

まず消化に良い食べ物の定義はご存知ですか?

①食物繊維や脂質が少ない②やわらかい③温かい

他にもありますが基本的な条件として①〜③に当てはまらなければいけません。

春雨はどうなのでしょうか?

春雨は食物繊維や脂肪分が少ないのです。

脂肪分に関しては数値が0に近いと言っても過言ではありませんので①の条件は満たしています。

次にやわらかさですが、春雨は調理前は硬い状態ですが、水に戻すことによってとても柔らかい状態になりますので②の条件も満たします。

最後の③の条件ですが、これは調理方法によっても変わってきますが、スープなどでしたら条件を満たすことが出来ます。

したがって、春雨は基本的に消化に良い食べ物であると言えるでしょう。

春雨の種類

春雨は、中国が原産で、おおよそ1000年も前から作られている歴史ある食べ物です。

中国では”粉絲”(フェンスー)と呼ばれています。

元々日本では「唐麺」という名前で呼ばれていました。

「春雨」と呼ばれるようになったのは、昭和のはじめに国内製造を始めた頃だと言われています。

春雨には原産地である中国産、日本産、韓国産の3種類あります。

デンプンの種類が違っているのですが、実はデンプンが違うことによって向いている料理も違うのです。

緑豆春雨

基本的に原産地で作られている春雨です。

緑豆春雨は市場で一番見かける春雨ではないでしょうか。

その名前の通り、えんどう豆や緑豆のでんぷんから作られている春雨になります。

緑豆春雨の特徴は、熱に強く煮崩れしにくいこと。

それに加えて、他の春雨よりも弾力があり、コシも強いです。

その特徴を生かし、鍋や炒め物、スープなどの調理に向いています。

国産春雨

国産春雨は、さつまいもやじゃがいものでんぷんから作られています。

緑豆春雨よりも熱に弱く、伸びやすい特徴があります。

しかし逆に熱に弱いからこそ火が通りやすく、味がしっかりと染み込みます。

春雨をささっと茹で味付けが出来る、春雨サラダや酢の物などの調理におすすめです。

韓国春雨

韓国春雨は、さつまいものでんぷんから作られています。

さつまいものデンプンは同じ芋類でもじゃがいものでんぷんよりもコシがあり、粘りがあります。

そして、もちもちとした食感が特徴です。

韓国春雨は、炒め物などの調理に使われることが多いです。

韓国では、この韓国春雨を牛肉やたけのこ、野菜と炒めた甘辛い味付けのチャプチェという料理が有名です。

春雨の食べ過ぎで起きる症状

消化に良いと言われている春雨ですが、食べ過ぎなどの原因で、思わぬ症状を引き起こしてしまうことがあります。

「気持ち悪い…」と思ったり、その他の症状がでた場合の対処としては、無理をせずに病院を受診することをおすすめします。

もし病院にいけない場合でも、我慢せずにあなたの症状にあった薬を服用することで症状を和らげることが出来ます。

胃もたれ

私たち人間は食べ物を食べるとそれが胃に送られます。

胃である程度食べ物を消化し、その後腸に送ります。

いくら消化の良い食べ物と言われている春雨であっても食べ過ぎてしまうと、胃が胃酸を大量に出して消化をしようと頑張ります。

頑張りすぎるあまり、胃酸を出し過ぎてしまうと逆に私達は気持ち悪くなる等の不快感を感じてしまいます。

春雨を食べている間や、食べた後に「胃が重い」と感じるのが胃もたれの症状なのです。

胃痛・吐き気

上記で説明したように、食べ物の食べ過ぎによって胃酸が大量に出でしまった場合、不快感を感じてしまいます。

それは消化の良い春雨であっても起こりうることなのです。

「お腹がきりきり痛い…」という胃痛が起きてしまうこともあります。

また、不快感や胃痛の他にも、のどの方まで逆流してしまい、吐き気につながることがあります。

下痢

下痢の原因と言われている暴飲暴食。

食べ過ぎて下痢になってしまった経験はありますか?

消化に悪いとされている辛い食べ物や塩分が多い食べ物はもちろんのことアルコールを過剰に摂取した場合も下痢になることがあります。

逆に消化に良いとされている春雨でも下痢になってしまうこともあるのです。

それは沢山食べてしまった食べ物が、消化しきれずに残り、ガスが発生します。

そのガスが私たちの腸の粘膜を刺激を与えてしまい、それが原因で腸が異常な収縮をしてしまうので下痢になってしまうことがあるのです。

春雨で吐き気を伴う原因

春雨を食べて気持ちが悪くなる原因として考えられるのは、大まかに分けて2つです。

それは消化不良と春雨の原料にアレルギー症状が出てしまっている可能性です。

消化不良

「春雨って消化にいいんじゃないの?」と思われる人もいらっしゃいますよね。

春雨は基本的に消化に良い食べ物ですが、場合によって消化不良を引き起こします。

調理方法

まず考えられる消化不良の原因は春雨料理の作り方です。

春雨を調理する際に乾燥している春雨をお湯や水で戻します。

乾燥していると少量に感じる春雨ですが、戻すとかなりの量になりますよね。

しかし、この時に春雨をしっかり戻していない、戻し足りない状態だと消化不良を引き起こす原因になってしまいます。

なぜなら、戻したりない状態の春雨は、弾力もあり消化しにくいからです。

胃の中で上手く消化が出来ずに残ってしまう事により、吐き気を感じたり腹痛を起こしたりしてしまうのです。

デンプン

次に考えられる消化不良の原因は、春雨のデンプンです。

春雨はデンプンが入っている食べ物です。

このデンプンが原因となるケースもあります。

なぜならデンプンは、腸に入るとガスを発生させるからです。

ガスが発生すると、お腹が張った状態になりますよね。

お腹が張った状態になるとどうなるのでしょうか?

答えは、胃を圧迫してしまう。

それが原因で胃の働きが鈍ってしまうので、消化不良を引き起こしてしまう場合があります。

特に注意が必要なのは便秘の人や女性の月経の直前です。

便秘や月経前の場合はすでに腸にガスが発生している可能性が高いので、それにプラスして春雨のガスが発生してしまうと、消化不良を引き起こしやすい状態になります。

アレルギー

春雨は基本的にはアレルギー反応が出にくい食べ物と言われています。

しかし、じゃがいもやさつまいものデンプンか、緑豆のデンプンで作られています。

したがって、芋にアレルギーがある場合や豆にアレルギーがある場合は、アレルギー反応が出てしまう可能性があります。

胃もたれを起こさない春雨の調理法

春雨で胃もたれを起こさない為の調理方法を紹介します。

この時のポイントは3つ。

①柔らかくなるまで春雨をしっかり戻す

②温かいもの

③香辛料は控えめに

それぞれのポイントを詳しくお話ししていきますので、是非参考にして下さい。

春雨を戻す

消化不良を起こさないために大切なポイントは春雨をしっかりと戻すこと。

春雨がしっかりと戻っていないと消化不良の原因となります。

春雨の戻し方は簡単。
まずは春雨は熱湯に入れて戻しましょう。

春雨の種類にもよって時間は前後しますが、平均でおおよそ4・5分程度で柔らかくすることが出来ます。

春雨スープなどを作る場合は、戻した後に煮込むので少し早めにあげてしまっても問題ありません。

逆に春雨サラダなどを作る場合には、しっかりと春雨は戻すようにして下さい。

見た目ではわからない場合は茹でながら柔らかさを確認するために少しだけ味見してみるのもいいですよ。

もしそれでも春雨による消化不良が心配な場合は、やっぱり春雨スープなど煮込む調理方法にするのがおすすめです。

温かいものにする

消化に良い食べ物と言えば温かい食べ物です。

なぜなら、冷たい食べ物を食べてしまうと胃やその周りの血流を低下させてしまうからです。

血流が低下してしまうと胃の働きが低下してしまい、消化がしにくくなってしまうのです。

消化がしにくくなることによって消化不良を起こしやすい状態となってしまいます。

この症状は、食べ物だけでなく冷たい飲み物でも起こってしまう可能性があります。

冷たい飲み物を欲する夏場は、知らず知らずのうちに症状がでてしまうことが多いので特に注意してください。

春雨で消化不良を起こさせないためにはスープや鍋など温かい食べ物にすることをおすすめします。

香辛料を控える

料理に気軽に使用している香辛料。

香辛料は実はとても刺激が強いのです。

使う種類によってもことなりますが、香辛料は胃や腸を強く刺激してしまうことがあります。

その刺激によって消化不良を起こしてしまうことがあるのです。

だからこそ、春雨で消化不良を起こさずに食べるためには香辛料の使用は控えた方が良いでしょう。

香辛料を使わずとも春雨は美味しく調理することが出来ます。

春雨の吐き気や消化まとめ

今回は、春雨の食べ過ぎは吐き気、胃もたれ、消化不良の原因?について紹介致しました。

春雨は、ダイエットにおすすめされることが多い食べ物で有名ですよね。

そして病院などでも消化に良い食べ物として紹介されることもある優れた食品でもあります、

しかし、そんな優れた食品である春雨であっても食べ過ぎなどが原因で消化不良が起こってしまうことがあります。

消化不良によって吐き気や胃もたれなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。

けれども、食べ過ぎに注意したり、調理方法によって防ぐことが出来るのです。

どんなに注意していても消化不良などの症状が起こってしまうこともあると思います。

そんな時には絶対に無理せずに病院などに行って適切な処置を受けて下さいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる