オータムとフォールの違いや語源、使い方、別の言い方は?

オータムとフォールの違いや語源、使い方、別の言い方は?

この記事ではオータムとフォールの違いや語源、使い方、を解説。

秋を意味するオータムとフォールですがじつはまだ別の言い方もあるのです。

目次

一般的に秋はfall(フォール)

秋という単語を英語に変換すると【fall(フォール)】が使用されるのが一般的です。

中学生のときなどにも秋は【fall(フォール)】と習った方も多いと思います。

しかし普段生活をしていて【autumn(オータム)】という単語を耳にする機会も多いと思います。

例えばショッピングモールやネット通販などで秋に開催されるAUTUMN SALE(オータムセール)

秋のセールとは分かるけど秋って【fall(フォール)】じゃないの?【fall(フォール)】と【autumn(オータム)】の違いってなんだろう?と疑問を抱いている人は少なくないはず。

今回はそんな【fall(フォール)】と【autumn(オータム)】の違いを紹介します。

fall(フォール)の語源

【fall(フォール)】というのはもともとアメリカ英語です。

ちなみに【autumn(オータム)】はイギリス英語です。

【fall(フォール)】という単語はもともとは16世紀に使われ始めた「fall of the leaf」という”落ち葉”を意味する言葉から生まれたそうです。

「fall of the leaf」はもともとイギリスの詩人が使い始めた言葉、少しお洒落な雰囲気がします。

イギリス人がアメリカに移住して、アメリカ人が気に入ってよく使うようになったようです。

アメリカ英語なのに発祥はアメリカではなく、もともとはイギリスからきた言葉なんてとても不思議な感じがしますよね。

それ以前はアメリカでも【autumn(オータム)】が主に使われていました。

【autumn(オータム)】の語源はラテン語です。

autumnusと言う言葉からきているようですね。

そんな【fall(フォール)】ですが1600年代から1755年のまでは辞書にさえのることはなかったと言われています。

1800年代中頃には正式にアメリカ英語として広まりました。

100年以上”秋”という言葉として認知されなかった【fall(フォール)】がなぜアメリカで一般的に使われるようになったのか、辞書にのるようになったのかははっきりとはわかっていません。

それからイギリスでは【fall(フォール)】はアメリカ人がよく使っているから…なんて理由で【autumn(オータム)】のほうを使うようになっていきました。

autumn(オータム)はどのように使われる?

一般的には秋は【fall(フォール)】を使いますが、もちろん【autumn(オータム)】を使用しても意味も通じます。

ですが【fall(フォール)】よりも少し堅い印象をうけるようです。

日常に使われる会話の時などカジュアルな場面では【fall】を使います。

【autumn】はニュースなどのフォーマルな場面で使われることが多いです。

アメリカではそんな使い分けがされているんですね。

しかし先ほど説明したようにもともとアメリカで使われていたのは【autumn(オータム)】だったのでもともとあった言葉をわざわざ【fall(フォール)】に直したりはしていません。

例えば”秋風”という言葉なんかは今でも「autumn breeze」と表現されることの方が多いようです。

「fall breeze」だと思ってた!と言う方も当然意味は通じますし、間違っているわけではないので安心して下さい。

秋は「Harvest(ハーベスト)」もあった

【fall(フォール)】と【autumn(オータム)】が”秋”として認知されていますが、それよりももっと前に使われていたのはそ【harvest(ハーベスト)】とされています。

【harvest(ハーベスト)】はもともとアングロサクソン語の「haefest」が語源とされています。

「収穫をする時期」という意味から秋として使われていました。

そのままの意味で収穫と収穫の時期としても使われていたので、わかりにくい・まぎらわしいということでどんどん使われなくなり、衰退していったそうです。

1800年代にはほとんど使うことはなくなったとのこと。

なぜか言葉が衰退してしまうと聞くと少しさみしいような悲しいような気がしてしまいますね。

日本で使うならフォールかオータムどっち?

日本で使うのならば【fall(フォール)】と【autumn(オータム)】どちらでも問題はありません。

話す相手がアメリカ英語かイギリス英語なのかでどちらが伝わりやすいかは変わってきます。

話す相手に合わせてよりわかりやすい表現をしていただくのが一番いいと思います。

しかし、日本にいる限り学校でのテストがあります。

そんなときは【fall(フォール)】を使うことをおすすめします。

なぜなら日本の教育では基本的にアメリカ英語を採用し、教えているからです。

【autumn(オータム)】を使っても間違いにはならないと思いますが【fall(フォール)】を使う方が先生の印象はいいと思います。

オータムとフォールの違いまとめ

秋を示す言葉【fall(フォール)】【autumn(オータム)】の違いについて紹介致しました。

【fall(フォール)】【autumn(オータム)】ともにほとんど意味は一緒ですが、その言葉を使うようになった歴史は全然違っていました。

その歴史は知れば知るほど面白いものでした。

今回紹介した以上に調べていけば、もっと面白い興味深い歴史があると思います。

もし今回の記事でもっと調べてみたい!と思った方はどんどん調べてみて下さい。

調べていくうちに今まで英語の勉強が苦手だった方が英語が好きになり、得意科目になることもあるかもしれません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる