精勤賞の意味や皆勤賞との違い!この制度が賛否両論な件

  • 2019年7月18日
  • 雑学
  • 691View

高校卒業した娘が本日「精勤賞」もらってきました!

でもいったい精勤賞って何?
皆勤賞ならわかるのですが…。

あまりなじみのない精勤賞の意味について解説しています

精勤賞の意味

精勤賞についてまずはざっくりと。

精勤という意味は、一生懸命自分の仕事に励むことを指します。
精勤賞とは属する組織により多少ルールは違いますが、つまり頑張って出席・出社した人に与えられる賞です。

3年間学校に通い、休んだ回数が1回や2回であれば精勤賞をもらえる可能性があります。
精勤賞は通っている学校や会社に確認しないとわからないので、出席の規定数は一概に決められてはいません。

ですから、自分の子供が学校から精勤賞もらったという事は、「それだけ頑張って学校に通っていた」という事なのでしっかりと褒めてあげましょう。

 

精勤賞と皆勤賞は違う

精勤賞は頑張った人に与えられる賞です。
明確な基準は自分が属している組織のルールを確認しないと分かりません。

その点、皆勤賞は全国共通のルールで無遅刻無欠席した人に与えられる賞です。
しかし皆勤賞も1年単位なのか、学校で言えば3年単位なのかそれぞれのルールがあるので、皆勤賞を狙うのであれば確認しなければなりません。

どちらかというと精勤賞よりも皆勤賞の方が難易度が高いと言えるでしょう。

しかしこの難易度の違いが、優劣が決まってしまうということで、現在では少しルールが変わりつつあるのです。

 

学校で皆勤賞はなくなりつつある?

近年の学校の傾向の話。

昔は生徒に優劣がつくのが当たり前でした。
たとえば運動会の50メートル走で言えば「1234」と順位がつくのが当たり前でした。

しかしながら、これは足の遅い子と速い子に明確な優劣が現れてしまうため、学校によっては手をつないで一緒にゴールなんていう事もある時代になってきています。

順位がついてしまうと「足が遅いのは悪いこと」というネガティブなイメージがついてしまうことや「親の口出し」という問題も背景にあるようです。

このようなマイナスイメージをなるべくなくしていくという傾向があるため、皆勤賞を廃止する学校もどんどん増えてきているようです。

seikinshou1 精勤賞の意味や皆勤賞との違い!この制度が賛否両論な件

 

その他にも、たとえば1日でも学校休んでしまったら皆勤賞は取れません。

すると皆勤賞をねらっていた子は1日休んだからと言って、そのことを後ろめたく感じて引きずってしまったら、成長に悪影響が出てしまうこともあります。

もちろんたった一日休んだだけなのはとても凄いこと。
しかし基準がある賞だからこそ、一度でも失敗するとネガティブなイメージもついてしまうという問題は避けられません。

ですからもう少しぼんやりとした「精勤賞」というもの取り入れているところが増えてきているのです。

また、皆勤賞を狙うあまり、風邪をひいているのにもかかわらずに出席するなんていう、全員にとって悪循環を招いてしまう可能性もあります。

seikinshou1 精勤賞の意味や皆勤賞との違い!この制度が賛否両論な件

 

 

会社で有給をとった場合

「休みを思うように取れない」、「残業が多すぎる」などといったブラック企業が存在するこの世の中。

たとえば、有給でも皆勤手当や精勤手当などは認めないという会社も出て来るかもしれません。

しかしそれは、認められる行為なのでしょうか。

結論から言えば、有給を取ったとしても本来もらえる賃金を減額してはならないという法律が存在します。
ですから、本来は給料には影響しないのです。

あなたが勤めている会社に皆勤手当や精勤手当があった場合、有給を取ると皆勤手当や精勤手当は出さないと言われた場合、減額されると同じことなのでそれは完全に法律違反です。

これを言われたら抗議する余地はあるでしょう。
しかし、それが会社で認められるかどうかは・・・・。

あまり無茶苦茶なことをいう人はいないと思いますが、たとえば会社を辞める時、引き継ぎ作業がありますよね。
今まで使っていなかった有給を全て使い、引き継ぎ作業をせずに出社せずに辞めていくということも法律的には可能なのです。
これで通常通りの賃金をもらうことができます。

退職しない社員が有給を使う場合、事業の運営を妨げる場合は「時季変更権」といって時期をずらすことが可能。
しかし退職していく社員には「時季変更権」を執行する事ができないので、このような無茶苦茶が通用してしまうんです。

参照:年次有給休暇(Q&A)

 

 

精勤賞についての口コミ

遅刻をしても精勤賞はもらえた。

 

 

無茶はやめて欲しいという意見

 

 

さすがに早い!

 

賛否両論の精勤賞・皆勤賞

名誉な証であるだけに達成できなかった場合には、悪影響をおよぼしてしまう可能性もあります。

本来は頑張ったらそれだけで褒められるべきであるのに、何だか悲しいですね。
さらに、風邪をひいてでも学校にいってしまうなんていう問題も発生しかねないので、賛否両論はしょうがない気もします。

ムリをして風邪が健康な皆さんにうつってしまっては、名誉な賞もただの悪影響にしかなりませんから。
また、ムリをした本人も悪化させてしまう可能性もありますしね。

しかし、精勤賞をもらえたという事実はとても名誉なこと。

これからもその調子で頑張ってくださいね!